赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メクセス、今シーズンのチャンピオンズリーグベストゴール賞を獲得

メクセス、今シーズンのチャンピオンズリーグベストゴール賞を獲得

http://www.football-italia.net/34706/uefa-champions-league-awards-milan

フィリップ・メクセスが今シーズンのチャンピオンズリーグでのベストゴール賞を、クリスティアン・アッビアーティがベストセーブ賞を獲得した。

今日、UEFAは、今シーズンのチャンピオンズリーグに関する各部門賞を発表し、ACミランが大きく取り上げられた。

ディフェンダーのメクセスは、グループリーグのアンデルレヒト戦、ゴールまで20mの位置から胸トラップ後にオーバーヘッドキックで決めた素晴らしいシュートにより、ベストゴール賞を獲得した。

2011年3月以来、センターバックのメクセスにゴールがなかったことを考ると、特に印象的なものだった。

チームメイトのアッビアーティもまた、ベストセーブ賞に輝いた。UEFAは、2つのプレーで彼にこの賞を与えている。

その2つのプレーはどちらも、ミランがロシアでゼニト・サンクトペテルブルクを3-2で破った試合におけるもので、フッキとアレクサンドル・アニュコフに対するものだった。

その他には、バイエルン・ミュンヘンがベストチーム、ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップが最優秀監督となっている。また、待望の瞬間として、ディナモ・ザグレブのイヴァン・クルスタノヴィッチがチャンピオンズリーグ3シーズン目にしてようやくチーム初ゴールをあげた瞬間が挙げられている。


メクセスのあのオーバーヘッドは本当に印象的でした。結果論だけど、あれがなければ、あの試合には勝てなかったかもしれないし、グループリーグも突破できなかったかもしれないので。また、アッビアーティのゼニト戦のセーブも印象に残ってます。特にフッキに対するセーブはものすごかった。ゴール裏からの映像だと恐ろしいほどの反応でビックリしたのを覚えています。

UEFA公式にもこの賞に関する記事があるので、そのアドレスも載せておきます。

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1955914.html
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、アンデルレヒトのプラエト獲得を狙う?

ACミランアンデルレヒトのプラエト獲得を狙う?

http://forzaitalianfootball.com/2013/01/ac-milan-keeping-tabs-on-belgian-starlet/

ACミランは、アンデルレヒトの若き新星、デニス・プラエトをスカウティングしており、6月の獲得に向けて動く可能性がある。

18歳のプラエトは、その年齢にもかかわらず、ベルギーのアンデルレヒトのキープレーヤーであり、年俸80万ユーロと報じられている。

彼は、IBWMによって、2013年に向けた世界のフットボール界で最もエキサイティングな選手100人に選出されている。

マティアス・スアレスとルーカス・ビリアは、1月にクラブを離れると噂されており、アンデルレヒトは、プラエトを少なくとも夏までは手放さないだろう。しかし、ヨーロッパ中から数多くのクラブが彼の獲得を目指している。

ここ数ヶ月で、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、ニューカッスル、インテル、ユヴェントスがプラエトのスカウティングを行なっていると報じられており、ミランがローヴェン出身のプラエト獲得を望むならば、厳しい競争に直面することになる。


アンデルレヒトのプラエトの話。ちょっとしか観ていないけど、確かに面白そうな選手でした。移籍金次第かな。ただ、ミランの若手を育てて、トップチームの方に持ってくる方がいいような気がする。クリスタンテとか、期待感のある選手はいるわけだし、わざわざよそから獲得してこなくても。

なお、記事の中に出てくるIBWMが選出する『2013年に向けた世界のフットボール界で最もエキサイティングな選手100人』というのはこちらの記事です。日本からは酒井高徳が選ばれてます。酒井高徳はヨーロッパで結構高い評価を受けてるみたいですね。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

【選手評の訳を追記】UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 グループC アンデルレヒト vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

【選手評の訳を追記】UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 グループC アンデルレヒト vs ACミラン
ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳


今日のガゼッタ・デッロ・スポルトの表紙の一部。

gazzetta_snapshot_20121122_1.jpg

かっこいいなあ…。ちっちゃいけど、メクセスのオーバーヘッドの写真も。
メクセスのオーバーヘッドは2面に大きな写真で出ていますが。

評点&一部の選手評の訳は続きを読む、で。

※今、時間がないので、ひとまずエル・シャーラウィの選手評だけ訳。
夜9時くらいに他の選手のものを訳そうと思います。
一番下に追記しました。4選手分です。

続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ACミランのパト、1月の移籍を示唆?

ACミランパト、1月の移籍を示唆?

http://www.football-italia.net/27569/pato-makes-milan-quit-threat

アレシャンドレ・パトが、1月に移籍する可能性を示唆し、チームの雰囲気に水をさした。
「僕はプレーがしたい。代理人と何が出来るか考えてみる。」

ストライカーであるパトは、チャンピオンズリーグアンデルレヒト戦に先発するとみられていたが、途中出場となり、3-1で勝利したこの試合の3点目をあげた。

パトは、Mediaset Premiumでこのように語った。
「ゴールについては嬉しいよ。監督に今日は得点をあげられるだろうって話してたんだ。」

ミランもよくやってるし、ステファン・エル・シャーラウィもよくやってる。だけど、僕はプレーがしたい。代理人と何が出来るか考えてみる。」

パトはおよそ1年にわたって悩まされ続けていた筋肉のケガから復帰したばかりであり、ロッソネリにとっては大きなショックだ。

ブラジル代表の医療スタッフと活動している場合の方が回復が早かったということもあり、パトミランの医療スタッフを非難しているという話は以前から存在する。


今じゃなくても…と思わなくもないけど、パトとしては言わずにいられなかったんでしょうね。何度も書いてるけど、ミランにとってパトはホーム・グロウン扱いの出来るとても貴重な戦力。可能ならばミランに残って欲しいと思う。本人がどうしても、というならそれは仕方ないかもしれないけど…。それでもやっぱり、今のミランにパトと同じような潜在能力を持つ選手を獲得できるとも思えないので、何とかして残ってもらう努力はすべきだと思います。週末のユヴェントス戦は先発かなあ…。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 グループC アンデルレヒト vs ACミラン レビュー Goal.comによる選手評の一部翻訳も

UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 グループC
アンデルレヒト vs ACミラン レビュー Goal.comによる選手評の一部翻訳も


アンデルレヒトの大まかな紹介については、こちらの記事をご覧ください。
この試合のプレビュー記事はここに。その1その2

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

CL_Anderlecht_vs_AC_Milan_re_l.png

詳細は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。