赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インザーギ:「ミランのためにならないようなことは絶対にしない」

インザーギ:「ミランのためにならないようなことは絶対にしない」

http://www.football-italia.net/45365/inzaghi-future-down-milan

フィリッポ・インザーギは、彼自身がいずれACミランのプリマヴェーラを離れることになるだろうが、現時点ではそのことを考えておらず、クラブがその決定権を持っていることを理解していると、語っている。

40歳のインザーギは、引退後、ミランのユースレベルの監督を務めており、昨日、プリマヴェーラをヴィアレッジョ国際ユース大会優勝へと導いた。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督解任後、その後任となるとの噂があり、また、先月にはサッスオーロの監督候補ともなったが、ミランはいずれの件についても進展を許さなかった。

まだ監督業を学んでいる段階であり、ミランが引き続き彼の将来についての決定権を握っているという。

インザーギは、この件に関して、今日付のガゼッタ・デッロ・スポルトに対して、再度このように答えている。
ミランは僕に話をして欲しくないと考えているし、終わったことだ。」

「何も無理はしていない。ミランは僕に全てを与えてくれている。クラブのためにならないようなことは絶対にしないよ。僕は、1年間アッリエーヴィを担当し、2年プリマヴェーラを担当するというプランを受け入れているんだ。」

「大きなプロジェクトに関しては、ミランの同意が得られれば、その時にはその件について考えることになるだろう。そうでなければ、今のプランを全うすることになる。ミランは僕のプロとしての成長についてもケアをしてくれている。確信を得ている時には、他のことは考えずにそれをやることにしているんだ。」

「僕は何も恐れてはいない。遅かれ早かれ、若い選手たちの元を去ることにはなるだろうが、今それを想像することはできない。冗談にもほどがあるだろう…。僕はヴィアレッジョでの優勝を決めたばかりなんだよ。」

「クラレンス[・セードルフ]はチームメイトだったし、友人でもある。ガッリアーニからの[昨日の祝福の]電話の1分後には、セードルフとタソッティからの電話があったよ。」

「僕たちの間には素晴らしい関係がある。クラレンスは偉大な存在であり、必要なのは時間だけだ。」

「ベンチでの僕のロールモデルは誰かって? 僕がケガをした時に、モウリーニョが電話をくれて、僕を勇気づけたのは忘れられない。予想もしていなかったからね。」

「だけど、僕にとっての最初のロールモデルは、アンチェロッティだ。彼は選手たちから愛されていた。」

インザーギは、現在のチームでの、昨日の成功についても語っている。

「僕にとっての喜びは、選手たちが幸せそうな様子をみること、特に彼らの成長をみることだ。最も満足しているのは、優勝カップについてではなく、チームが大人になったと感じたことだ。彼らは、その意欲と能力が素晴らしいものであることを示してくれた。」

「祝福のメッセージ? ガッリアーニ、ベルルスコーニ会長、バルバラ・ベルルスコーニからは電話をもらったよ。電話には150件メッセージが残されてたね。」


ヴィアレッジョ後のインザーギのコメント。非常に大人なコメントで、これを読む限り、しばらくは大丈夫なのかな、と思うけど、やっぱり心配は心配。セードルフ監督就任を最終的に決断したのは、ベルルスコーニなので、ピッポとベルルスコーニの関係が特に心配です。

ガッリアーニも「インザーギはどこへも行かない」というコメントをしています。しかし、「私がここにいる限りは」という言葉がついていたのがちょっと気になるところです。なお、ピッポとミランの契約は一応2016年までとなっています。それを盾にすれば、引き抜きをかけるクラブには移籍金も要求できますが、そういうことを繰り返しやると、クラブとの関係はこじれるばかり……。ミランに帰ってきてくれるなら、よそのクラブに行ってもいいけど、帰ってきてくれそうな気がしないんですよねえ……。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ヴィアレッジョ国際ユース大会に優勝 ピッポ初タイトルを獲得

ACミラン、ヴィアレッジョ国際ユース大会に優勝 ピッポ初タイトルを獲得

http://www.football-italia.net/45345/milan-win-viareggio

今日(2月17日)、ACミランは、ベルギーのアンデルレヒトを破ってトルネオ・ディ・ヴィアレッジョ優勝を決め、同大会で最も多くのタイトルを獲得したチームとなった。

Stadio dei Piniで行われた決勝は昨年と同じカードで、アンドレア・ペターニャ、ミカエル・ファブロ、アレッサンドロ・マスタッリのゴールにより、ミランのユースチームが3-1という結果で勝利をおさめた。

昨年の決勝で、ミランは同じ相手に敗れており、その復讐を果たしたことになり、また、フィリッポ・インザーギ監督にとっては、引退後、初のトロフィーを獲得することとなった。

ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、選手やコーチ陣の功績を称えた。

ガッリアーニはこのように語っている。
「信じられないほどの喜びを感じているよ。選手たち、ピッポ、そしてミランに関係する全ての人々について、本当にハッピーだと思っている。」

「監督にとっては、全てのものを与えてくれるチームだ。」

同大会でミランが優勝したのは9回目となる。


フィリッポ・インザーギ、監督としての初タイトルを獲得。ペターニャが活躍しているようで、嬉しいかぎり。

直接記事とは関係ないのですが、最新号のナンバーを読むと、ピッポはアッレグリ監督解任後、トップチームの指揮を執るのは自分だと強く思っていたらしく、セードルフに決まったことに対してかなり強い感情を持っている様子。また、その後サッスオーロから来た監督就任のオファーをチームが拒否したことに対しても同様で、「今は何も話したくない」として、すでに決まっていたナンバーからのインタビューを断ってしまったのだとか。ミランとの関係に影響はないと本人は語っていますが、ちょっと不安……。彼にはずっとミランで監督として成長して欲しいけど、やっぱりわがままなんですかねえ……。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

インザーギ、ACミランのプリマヴェーラ監督に昇格

インザーギ、ACミランのプリマヴェーラ監督に昇格

http://www.football-italia.net/35051/inzaghi-named-milan-primavera-boss

ピッポ・インザーギは、ACミランのプリマヴェーラの新監督に指名され、ミランで監督としての階段を着実にのぼっている。

昨年の夏に引退した元ストライカーのインザーギは、ミランのアッリエーヴィ・ナツィオナーリの監督職から昇格することになった。

ミランは、インザーギをユースチームの監督につけただけではなく、2016年までの契約延長も行なっている。

インザーギは、8月に40歳の誕生日を迎える。


インザーギ、プリマヴェーラの監督に昇格。これ自体は嬉しいニュースなんですが、フロントは、このまま来年のアッレグリ監督の契約切れとともに、彼をトップチームの監督にしようと画策しているんじゃないかと少し不安になります。インザーギを監督としてしっかり育てたいのであれば、そんなに拙速なやり方をすべきじゃないと思います。万一そこで失敗したら、ミランでもう一度監督職を、というのは非常に難しくなりますし。杞憂であればいいのですが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

インザーギ、監督としてのプランを語る

http://forzaitalianfootball.com/2012/12/ac-milan-allevi-boss-inzaghi-will-only-take-big-job-at-right-time/

ACミランのアッリエーヴィ・ナッツィオナーリ監督であるフィリッポ・インザーギは、クラブへの忠誠心を誓い、自分がそれに見合う存在になるまで、より大きな仕事に就くためクラブを離れることはないと語っている。

インザーギは、現在の立場について高い評価を得ているが、今は監督としての初年度が上手くいっていることに満足していると語っている。

彼はこのように語っている。
「もしステップアップのための大きなチャンスがあれば、ベストを尽くすだろう。しかし、物事は段階を追ってやっていくのが一番だ。高いレベルには、そうすべき時期に到達すればいいと思う。」

「僕はプレーヤーとしてもそうしてきた。セリエCでキャリアをスタートさせ、アタランタでセリエBとセリエAを経験し、その後、ユヴェントスとACミランという偉大なチームにたどり着いた。」

彼はこのように続けた。
「今、僕はよそに移ることは考えていないし、今の僕はとにかく自分のアイデアを追求することを考えているだけの監督だよ。」

ワールドカップ王者でもあるインザーギはまた、元チームメイトであるACミランのステファン・エル・シャーラウィに対して、最大限の賛辞を送っている。

「このように難しい時期にエル・シャーラウィにかかる期待が大きかった中で彼は素晴らしいパフォーマンスをしているわけだから、彼の爆発に喜んでるよ。」


インザーギの話。すっかり監督として落ち着いてきた感のあるピッポですが、まだまだその監督としてのキャリアは始まったばかり。ミランとしては大事に育てていきたいところです。プレーヤーとして育てていくのとは違って、時間的制約はほとんどないわけですから、ゆっくり成長していって欲しいです。アッリエーヴィの次はプリマヴェーラみたいな感じで徐々にファーストチームに近づいていけばいい。その過程でつまづくこともあるかもしれないけど、ぜひ最終的にはミランのファーストチームで指揮をとって欲しいと思います。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

アッレグリとインザーギ 騒動を否定

アッレグリ - インザーギ:「何も起こっていない。私たちの間に何の問題もない」

http://www.rossoneriblog.com/2012/09/21/allegri-inzaghi-nothing-happened-weve-no-problems/

この記事の全訳は、続きを読む、で。 続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。