赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミランチャンネル、フェルナンド・トーレスとチェルチのトレードに関する取引がまとまったことを発表

ミランチャンネル、フェルナンド・トーレスとチェルチのトレードに関する取引がまとまったことを発表

http://www.football-italia.net/60489/milan-channel-cerci-torres-agreed

アレッシオ・チェルチが、アトレティコ・マドリーに移籍するフェルナンド・トーレスとの交換でACミランに加入すると、ミランチャンネルが報じた。

クリスマスイブには、この取引が『進展した』段階にあるとされていたが、その後、チェルチがミランインテルでどちらを選ぶかに時間をかけたことにより進展が止まっていた。

今日の午後、ミランの公式TV局であるミランチャンネルは、チェルチが移籍を受け入れたと報じた。

「チェルチに関する話は、まだ正式に決まってはいないが、最終段階となっている。あと数ミリメートルというところまできている」と発表された。

それぞれ18ヶ月のレンタルで、チェルチがミランに加入し、トーレスが初めて所属したメジャークラブであるアトレティコ・マドリーに復帰するという、直接トレードとなる。

元トリノのウィンガーであるチェルチは、アトレティコ・マドリー加入からわずか6ヶ月しか経っていないが、その大半をベンチで過ごしており、退団を余儀なくされた。

トーレスはミランで1ゴールしかあげておらず、チェルシーからの2年のレンタル期間を早めに切り上げることとなった。

事実上、アトレティコ・マドリーは今後、ミランのチェルシーとのレンタル契約を引き受けることとなる。

チェルチは現在、モルディブで休暇中であるが、火曜にドバイで行われるレアル・マドリーとのフレンドリーマッチでミランデビューを果たす可能性がある。


フェルナンド・トーレスとチェルチのトレードが決定。意外とあっさりと。こちらの記事にはありませんが、フェルナンド・トーレスの年俸に関しては、ミランとアトレティコ・マドリーが折半するとのことです。

この後、新たな話が。チェルシーがフェルナンド・トーレスをミランに完全移籍させると発表。フェルナンド・トーレスは、2015年1月5日付けで、ミランに完全移籍することになりました。ミランもこの移籍を認めるコメントを発表しています。したがって、フェルナンド・トーレスはチェルシーからのレンタルではなく、ミランからのレンタルでアトレティコ・マドリーに加入するということになりそうです。まあ、実質的には何も変わりませんが。ちなみに、このトーレスのミランへの完全移籍について、金銭がどの程度動くのかは不明。一体どんな搦手を使ったんだか、ガッリアーニ。

フェルナンド・トーレスは、29日にドバイで行われる何かの表彰式に参加するため、その日まではミランに帯同せねばならないとのことで、現地入りは30日になる見込み。アトレティコ・マドリーは、年明けの1月3日にリーガのレバンテ戦を控えているのですが、さすがにそこには間に合わないかも。

チェルチについては、記事にある通り、現在はモルディブでバカンス中ですが、今日明日中にはスペインに帰り、必要な手続きを終えた後、ミラノ入りする予定。この記事では、30日にドバイで行われるレアル・マドリー戦でデビューする可能性もあるとされていますが、他の記事では、ミランラボでメディカルチェックを実施できるのが、年明けの1月2日以降だとされています。ミランデビューとは言っても、お披露目だけということになるんでしょうか。

一方で、チェルチにふられたインテルは、アーセナルのポドルスキとチェルシーのモハメド・サラーに目をつけているとのことです。今シーズン、ポドルスキはベンチを温める機会も多く、アーセナルとしては、来季ロイスを狙うという話もありますし、放出の可能性は十分にありそう。サラーは、今年の1月にバーゼルからチェルシーに移籍したものの、さほど出場機会はなし。ただ、まだ22歳なので、もし移籍が実現するとしても、こちらはレンタルになりそう。いずれにせよ、マンチーニ監督としては、サイドアタッカーが欲しいんですね。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ラミ:「右サイドバックでのプレーは初めてだった」

ラミ:「右サイドバックでのプレーは初めてだった」

http://www.football-italia.net/59061/rami-i-never-played-right-back

アディル・ラミは、ミラノ・ダービーで右サイドバックとしてのデビューを果たした。「整備工がプロになれるのなら…」

センターバックのラミは、イグナツィオ・アバーテ、ダニエレ・ボネーラ、アレックスが出場できなかったことを受け、昨晩、右サイドバックとしてプレーした。

1-1のドローに終わった試合後、ラミは、Sky Sport Italiaに対してこのように語っている。
「僕にとっては大変だったよ。右サイドバックでプレーするのは、僕のキャリアでも初めてのことだったからね。」

「勇気と魂を持ってプレーし、ミランのために全力を尽くしたかった。右サイドでプレーできる選手がいなかったから、チームの役に立てればと合わせたんだ。」

「僕は以前整備工だったし、誰も僕がプロサッカー選手になれるなんて思っていなかった。そう考えれば、センターバックである僕が右サイドバックでプレーできない理由なんてあるかい?」

「僕たちは自分たちのサッカーをしようとしたが、インテルは良いチームだし、彼らは僕たちのミスから唯一の得点を決めた。この試合に勝つチャンスはあった。」

「3位? すごく遠いけど、まだ時間はあるよ。」


ダービー後のラミの言葉。急造ではありますが、右サイドバックのラミはわりと悪くありませんでした。アバーテが復帰するまではラミでもいいかも。ボネーラだとスピードがなあ…。

いつも感じることですが、ラミの言葉からは本当にいいヤツ感とミランに対する強い気持ちが伝わってきます。彼の心意気に応えるためにも、どうにかチーム全体が調子を上げていって欲しいです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】本田圭佑、長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応本田圭佑長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20141124_1.jpg

本田、長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル レビュー

セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_AC_Milan_vs_Inter_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル プレビュー

セリエA 2014-15 第12節 ACミラン vs インテル プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20141123_1.jpg
見づらいかもしれませんが。

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。