赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロテッリ、自分のフェラーリにトイレットペーパーを巻きつけられる

バロテッリ、自分のフェラーリにトイレットペーパーを巻きつけられる

http://www.football-italia.net/38454/angry-fans-tp-balotellis-car

怒ったファンがバロテッリのフェラーリにトイレットペーパーを巻きつけるという、バロテッリにとっては不運なイタズラがあった。

ACミランとイタリア代表のストライカーであるバロテッリは、木曜の夜、ルガーノに到着し、LiberaTVによると、数名のファンからサインや写真を求められ、それを断ったという。

その晩、スーペルマリオは、駐車場に戻ってきて、自らの赤いフェラーリにトイレットペーパーが巻かれているのを発見した。


その様子と思われるのが、こちらの画像。

balotelli-car-tp490sg.jpg

どんな事情があったか知りませんが、バロテッリにだってプライベートはあるわけですし、サインを断られたからといってこういうことをするのは、絶対にダメです。それにしても、これだけのことをしておきながら、それを咎める人が周りにいなかったっていうのは不思議だなあ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バロテッリ、ローマ教皇と内謁

バロテッリ、ローマ教皇と内謁

http://www.football-italia.net/38343/what-pope-francis-told-balotelli

ヴァチカン関係者の情報によると、ローマ教皇フランシスコは、マリオ・バロテッリに対して、人種差別主義や良いお手本になることについて語ったようだ。

ストライカーのバロテッリは、火曜にイタリア代表とアルゼンチン代表が教皇と接見した時に、唯一内謁をした選手となった。

式典終了後、バロテッリは、個室に移動して教皇との個別会談を行った。

バロテッリは、ツイッターでこのように述べている。
「ローマ教皇フランシスコに感謝します。あの時の5分間に心より感謝します。」

彼はそのない越で語った内容について話すことを拒否しているが、その内容が明らかになってきた。

La Repubblica紙に掲載されたヴァチカン関係者の情報によると、彼らは、社会に存在する人種差別主義や、若者にとっての良きお手本となることについて議論したという。

ローマ教皇フランシスコはまた、フィールドの内外で、挑発に応じないよう促したとのことだ。


ローマ教皇と接見したんですね、イタリア代表とアルゼンチン代表バロテッリは結局試合には出場しなかったんですが、ローマ教皇との内謁は実現したようです。彼は、色々と問題行動もありますが、何だかんだで真面目なところのある人なので、この内謁は素直に嬉しかったんじゃないかと思います。チャンピオンズリーグ・プレーオフに向けてテンションを上げて欲しいところなので、良かったな、と。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バロテッリ、検査の結果、問題は発見されず

バロテッリ、検査の結果、問題は発見されず

http://www.football-italia.net/38157/balotelli-given-green-light

マリオ・バロテッリのふくらはぎの筋肉に対するケガについて検査を行った結果、ACミランは、大きく安堵のため息をついた。

今朝、ミランはアメリカツアーからイタリアに帰国し、ストライカーのバロテッリはすぐにメディカルチェックを受けることになった。

1月にマンチェスター・シティから加入したバロテッリは、2-0で勝利したLAギャラクシー戦でケガをし、クラブのドクターを心配させていた。

しかし、ミランはフォワードのバロテッリについて、問題がないことを発表しており、よって、バロテッリは代表戦およびチャンピオンズリーグの試合に出場することが可能になる。

イタリアは水曜にアルゼンチンと対戦し、一方ミランは今月末にチャンピオンズリーグの予選でPSVアイントホーフェンと対戦することになっている。

しかし、イタリア代表のチェザーレ・プランデッリ監督は、念のため、バロテッリをメンバーから除外するのではないか、とも噂されている。


心配だったバロテッリのケガですが、特に問題なかった模様。とりあえず一安心。チャンピオンズリーグ・プレーオフの対戦相手も決まり、いよいよ本格的にシーズンを迎える状態に近づきつつあります。プランデッリ監督も気を遣ってくれる可能性があるようで、じっくりコンディションを上げていって欲しいと思います。アメリカでの試合ではまだ少し重そうだったので。

バロテッリの検査に関する公式サイトの発表は以下の様な内容。
日本語版にはまだ出ていなかったので、一応訳しておきます。

OFFICIAL A.C. MILAN COMMUNICATION ON MARIO BALOTELLI

MILAN - A.C. Milan report that the tests carried out Mario Balotelli's calf this morning produced no negative results.

訳:マリオ・バロテッリに関する公式発表
ACミランは、今朝行われたマリオ・バロテッリのふくらはぎに関する検査の結果、悪い結果は得られなかったことを発表する。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

マリオ・バロテッリ、ケガにより、コンフェデのイタリア代表から離脱&帰国

マリオ・バロテッリ、ケガにより、コンフェデのイタリア代表から離脱&帰国

http://www.football-italia.net/35703/balotelli-leaves-confederations-cup

マリオ・バロテッリコンフェデレーションズカップは、ケガにより終了を迎えたが、チェザーレ・プランデッリ監督は、『ミランからのプレッシャーはなかった。』と主張している。

ストライカーのバロテッリは、左足太もものケガにより、木曜に行われるスペインとの準決勝に出場できないことが決まっていたが、今日行われた検査により、ケガの程度が当初見込まれていたよりも重傷であることが分かった。

治療を受けるために、スーペル・マリオはすぐにチームを離れ、イタリアに戻ることが、今晩発表された。

彼はミランのチームメイトであるイグナツィオ・アバーテに続くことになる。アバーテは、2-4で敗れたブラジル戦で肩を脱臼し、すでにチームを離れている。

プランデッリ監督はこのように説明している。
バロテッリはすごく残念がっていたが、回復に必要な時間が足りなかった。」

「とにかく、ミランから、私や協会に対して、彼をすぐにイタリアに戻すようにというプレッシャーはなかった。」

「マリオがいないので、我々としては、よりまとまって戦うようにしなければならないだろう。」

この結果、ボローニャのアルベルト・ジラルディーノがスペイン戦で先発する可能性が高く、また、プランデッリ監督は完全なシステムの変更をする可能性もある。

イタリア代表の医療チームのチーフであるエンリコ・カステラッチ(Enrico Castellacci)は、こう付け加えた。
「マリオは、コンフェデレーションズカップ決勝までに回復できない。」

「今後は、ミランのメディカルスタッフが彼のケアをすることになる。」


バロテッリコンフェデレーションズカップから離脱。残念ですが、ケガならばやむなし。重要なのは来年の本大会ですし、そのためには、来シーズン、ミランで良いプレーをしてもらわないといけません。しっかり今回のケガを治すことと、短いとは思いますが、夏のバカンスでのリフレッシュに専念して欲しいと思います。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バロテッリ:「申し訳ない…」

バロテッリ:「申し訳ない…」

http://www.football-italia.net/35094/balotelli-im-sorry

マリオ・バロテッリは、自らのレッドカードと怒りに満ちたリアクションについて、公に謝罪した。『学ばなければならない…まだまだだ。』

ストライカーのバロテッリは、0-0のドローに終わった昨晩のチェコ代表とのワールドカップ予選において、3分間で2度の警告を受け、退場になった。

フィールドから去る際に、彼はプレクシグラス製のベンチの覆いを何度も叩き、トンネルを蹴った。

彼は自らのツイッターアカウント、@FinallyMarioにこのように記している。
「おはよう」

「昨日の僕のリアクションは正しいものではなかった。謝罪したい…申し訳ない…チームに対して…学ばなければならない…まだまだだ」

彼はまた、昨晩ツイッターに集中し、SNSを通じて自らが受けた侮辱に対して対応した。

彼はこのように書いている。
「好きなことを書けばいい。でも、コンフェデレーションズカップでは別の国を応援したらいい。心の底から言わせてもらうよ。」

「そして、うちに帰って試合を注意深くみてみるといい、それだけだ。」

彼はまた、特定のユーザーに対して、このようなメッセージを返している。
「謙遜というのがどういうものかを僕はよく理解している。両親がマナーや敬意についてしっかり教えてくれたからね。だけど、君たちは僕のことを全く知らない。」

「僕はイタリア人で、イタリア代表チームに対する敬意を求めている。だけど、僕はスーパーマンじゃない。だから、僕にも多少の敬意を持って欲しい。」


反省するバロテッリバロテッリの出場停止は、次のワールドカップ予選に適用されると思うので、コンフェデレーションズカップには、出場可能なはずですが、プランデッリ監督はどう判断するでしょうか。まずは、初戦のメキシコ戦ですが、チーム全体のコンディションも含め、不安材料の多い状態で大会に臨むことになりそうです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。