赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACミラン、パトの再獲得を検討?

ACミランパトの再獲得を検討?

http://www.football-italia.net/34608/milan-recall-pato

ジャンパオロ・パッツィーニのケガにより、この夏、5ヶ月前にコリンチャンスに移籍したばかりのアレシャンドレ・パトがACミランに復帰する可能性があると、複数のメディアが報じている。

パッツィーニは、今週、ヒザの手術を行い、4~6ヶ月の欠場となる。

それにより、ミランはストライカー不足に陥ることから、コリエレ・デッロ・スポルトでは、全く新しい選手を獲得するのではなく、パトを復帰させるのではないかと報じている。

ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、コリンチャンスへの移籍が一時的なものであり、2年以内に彼がサン・シーロに復帰するだろうと明言していた。

イタリア代表でもあるパッツィーニが、コンディションを取り戻すには少なくとも6ヶ月程度かかるという状況により、その予定が早められる可能性がある。

パトは、来るワールドカップに向けてコンディションを取り戻すという目的と、故郷への郷愁ゆえにブラジルへの移籍を要求した。

23歳のパトはまだ、ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の娘であるバルバラ・ベルルスコーニと交際している。

その他の選択肢としては、元ミランのフォワードである、アレッサンドロ・マトリとマルコ・ボリエッロが考えられる。マトリはユヴェントスに、ボリエッロはジェノアに所属している。


いきなりパトの復帰話。さすがにないだろうと思いますが、ベルルスコーニの考えることは分からないので、可能性がゼロとも言えないかもしれません。最近のパトは、コッパ・リベルタドーレスなどで、それなりに試合に出場してゴールもあげているようです。コンディションもかなり戻ってきたのでしょうか。久しぶりに観てみたいですが、しばらくはブラジルでプレーする方がいい気がします。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ガッリアーニ:「ラミレスは必要ない」

ガッリアーニ:「ラミレスは必要ない」

http://www.football-italia.net/29261/milan-no-ramirez-yes-saponara

アドリアーノ・ガッリアーニはガストン・ラミレスの移籍について否定し、リッカルド・サポナラについての件を認め、さらにアレシャンドレ・パトミランの本部を突然訪問した際には別れのあいさつをした。

Via TuratiにあるACミランの本部にとって、忙しい一日となった。コリンチャンスへの移籍を前に、今日の午後パトが首脳陣にお別れのあいさつをするために40分ほど滞在したからだ。

また、ガッリアーニ副会長は、新規獲得に関する仕事で忙しく過ごし、最新の噂についてもコメントしている。

彼はSky Sport Italiaに対してこのように語っている。
「ラミレスは必要ない。今のままで十分だ。誰かがチームを離れるのであれば、考えることもあるが、ファンにすぐにお届けできるような『プレゼント』はないよ。」

ミランが、この夏ボローニャを離れてプレミアリーグに移籍した、ラミレスに関してサウサンプトンにアプローチしたとの報道があった。

ガッリアーニは、イタリアU-21代表のクリエイティブなミッドフィールダーであるサポナラに関する共同所有の件に対しては、より前向きな発言をしている。

「サポナラは確かに、若手に焦点を絞るというミランが採っているポリシーに合致する選手だ。」

21歳のサポナラは現在、エンポリとパルマが共同所有しているが、ロッソネリは、その所有権の半分を買い取るため、エンポリに400万ユーロを支払うことになりそうだ。

サポナラは今シーズン、セリエBで8ゴールをあげており、ユヴェントス、インテル、リヴァプールも興味を示しているとの噂があった。

エンポリのスポーツ・ディレクターであるMarcello CarliはCalciomercato.itに対してこのように語っている。
「それは事実だ。サポナラの所有権についての話をミランとしている。」

「多くのクラブが彼を追いかけていたが、ミランは早い段階で準備ができていた。サポナラは、今シーズン終了までうちに残留することになる。それが交渉においての決定的な要素だった。」


最後のエンポリのスポーツ・ディレクターの話によると、もう決定っぽいですね。今シーズンはロビーニョも結局残留の方向ですし、来季からで十分だと思います。おそらく夏のマーケットで、ロビーニョはほぼ間違いなく移籍するでしょうし、ちょうどいいんじゃないでしょうか。

ラミレスに関しては、きっぱりと否定。一安心です。

パトがついにイタリアを離れるんですね。ミランに来た時にはこんなに早くお別れになるなんて思わなかった…。さみしいです、本当に。せっかくですから、ブラジルでの完全復活を期待しています。そしていつかはもう一度ミランで…。かなわぬ夢だとは思いますが。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

パトのコリンチャンス移籍が決定 パトのコメントも

パトのコリンチャンス移籍が決定 パトのコメントも

http://www.football-italia.net/29028/official-pato-joins-corinthians

アレシャンドレ・パトが、移籍金1500万ユーロで、ACミランからコリンチャンスへの移籍を正式に完了させ、後はメディカルチェックを残すのみとなっている。

ストライカーのパトは、今月ブラジルに帰国したいという要望を明らかにしており、今晩、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長との交渉が終結した。

グリニッジ標準時の21:00に、コリンチャンスは契約の完了を発表し、パトがチームのユニフォームを着ている写真をリリースした。

「数日以内に、パトはメディカルテストを受け、4年契約にサインすることになる。コリンチャンスは、1500万ユーロでパトに関する権利の100%を獲得した。」

発表された内容によると、将来の売上に関して、コリンチャンスがその権利の60%を、パトが40%を獲得することになっている。


ついに正式に決まりました。決まってしまったからには、祖国で頑張って欲しいです。

コリンチャンスの公式サイトをみてみたら、確かにパトの新ユニフォーム姿が。だけど、見られるのは白黒の写真だけで、クリックしてみたら、ログインしないとカラーは見られないみたいな感じでした。

http://www.football-italia.net/29030/pato-goodbye-milan

パトの言葉の部分だけを抜粋して訳。

「会長から、ミランでの忘れがたい数年間、ともに仕事をした多くの人々まで、すべての人たちにあいさつをしたい。だが、何よりも伝えたいのは感謝の気持ちだ。」

「僕はブラジル、コリンチャンスに行って、安定してプレーする機会を得られるようになるだろう。だけど、ミランのことを忘れるのは簡単じゃないと思う。」

「僕は、このユニフォーム、クラブカラー、すべてのロッソネリのファンと強く結びついているし、これからも常にそうだ。何よりも今、僕の思いと最大の感謝の気持ちは彼らに向けられている。」


まだ23歳。キャリアはこれからです。完全復活を期待してます。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

パトのコリンチャンス移籍が秒読み段階に

パトのコリンチャンス移籍が秒読み段階に

http://www.football-italia.net/28963/pato-all-set-corinthians-move

アレシャンドレ・パトがイタリアのビッグクラブ、ACミランから、コリンチャンスへ移籍するまで、あとわずか1回の会談を残すのみとなったと、彼の代理人が認めている。

パトの代理人であるGilmar Velozは、ブラジルのメディアに対して、このように語っている。
「最大でも数日ですべてが整うと思う。」

ミランとコリンチャンスがパト移籍について合意するまであと一歩というところまできている。あと一歩、ブラジルのクラブとミランの副会長であるアドリアーノ・ガッリアーニとの会談を残すのみだ。」

「コリンチャンスは、ミランが要求したことのすべてに合意している。」

「完全移籍になるだろう。23歳の選手をレンタルする人はいないよ。パトには他にもオファーがあったが、彼はブラジルに戻りたいという決断をしたんだ。」

ブラジル代表のパト獲得に、南米のコリンチャンスは1500万ユーロを支払うことになるだろう。

ガッリアーニがブラジルに滞在しているのは、同じく1月のブラジルへの移籍を希望している、ストライカーのロビーニョの買い手を探すためでもある。


パトに関しては100%決まりのようです。こうなったからには、パトにはブラジルで復活して欲しいと思います。まだ23歳。焦らずゆっくりやっていって欲しいです。ブラジルで活躍し続けるもよし、復活してヨーロッパに帰ってくるもよし。ミランのライバルに移籍するのはちょっとアレだけど…。

ロビーニョについては、もう少し時間がかかりそうですね。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

パトの代理人:「我々はコリンチャンスを選んだ」

パトの代理人:「我々はコリンチャンスを選んだ」

http://www.football-italia.net/28925/pato-weve-chosen-corinthians

アレシャンドレ・パトの代理人は、ブラジルへの移籍が間近であることを宣言した。「我々はコリンチャンスを選んだ。ACミランは、別の場所での新たな経験を試すべき時が来たということを理解してくれた。」

ストライカーのパトは、クリスマスブレイクを終え、現在ミラネッロの練習場でトレーニングを行なっているが、再びロッソネリの一員としてプレーすることはないと予想される。

代理人であるGilmar Velozは、Lancenetでこのように語っている。
「ブラジルに帰ると決めた最初の時点から、パトと私はコリンチャンスを選んでいた。」

「すべてが上手くいけば、しばらく前から計画していたようになるだろう。我々は、アドリアーノ・ガッリアーニと話をし、彼は我々の述べる理由を理解してくれた。」

ミランは、パトにとって、別の場所での新たな経験を試すべき時が来たということを理解してくれた。コリンチャンスは、取引を成立させるために、できることをすべてやってくれている。」

「両クラブ間で解決すべき細かい部分がいくつか残っているが、それが何なのかについて、話をする立場にはない。」

コリンチャンスは、23歳のパトに対する1500万ユーロの取引に合意する一歩手前まできていると考えられている。


ギリギリの段階で詰める必要のある条項というと、移籍金の支払い方法とか、若手選手に対する交渉権を含めて欲しいとか、そんなとこでしょうか。パトの移籍はとにかく決まりなんですね…。悲しいけど、パトにはブラジルで活躍してもらって、またいずれヨーロッパでその姿を観られたらいいかな、と思います。

どうもロビーニョの方は、サントスからのオファーがミランロビーニョ本人の両方の要求と折り合いがついておらず、もう少し調整が必要な状況のようです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。