赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラン、パリ・サンジェルマンのルーカス・モウラ獲得に興味?

ミランパリ・サンジェルマンのルーカス・モウラ獲得に興味?

http://www.football-italia.net/52170/milan-target-lucas-moura

ドメニコ・クリシートがACミランに移籍するとの噂が強まっているが、ミランが攻撃陣を補強しようとしているとの報道も出てきた。

ゼニト・サンクトペテルブルクのサイドバックであるクリシートは、サン・シーロへの移籍に関心があることを認めているが、コリエレ・デッロ・スポルトは、ピッポ・インザーギが攻撃のオプションを活性化させることも検討していると報じている。

同紙は、インザーギ新監督が特に関心を持っているのが、パリ・サンジェルマンのルーカス・モウラだと主張している。

ブラジルの若手選手であるルーカス・モウラは、2年前に昨シーズンのフランス・リーグ・アンの覇者、パリ・サンジェルマンに移籍したが、当初こそ有望とみられていたものの、次第に先発出場が困難となってきている。

そのような状況のため、プレーメーカーのルーカス・モウラは、パリ・サンジェルマンを離れる可能性があり、ミランはその動きを注視しているようだ。

完全移籍の場合、最低3000万ユーロを必要とするため、21歳のルーカス・モウラ獲得に際して、最も簡単な手段は、1年のレンタル移籍であるとみられている。


クリシートについては、アバーテとの交換トレードという噂が出ています。デ・シーリョが本来の主戦場である右サイドでプレーできるようになるので、それもいいかなあ、と思わなくはないけど、アバーテをロシアに送ることになるのはやっぱりちょっとはばかられるところも。もちろん、最終的には、本人次第なので、アバーテがOKを出さないかぎり、クリシートの移籍が実現することはないんですけどね。ミランは現金を出す気は全く無いようですので。

ルーカス・モウラについては、レンタル狙いという最近ありがちなパターン。今のパリ・サンジェルマンからミランが選手を買取るなんてことはできませんからねえ。ピッポとしては、メネズもそうですが、サイドでプレーできる選手の選択肢を増やしておきたいんでしょう。この他にもマンチェスター・ユナイテッドのナニにも関心を持っているという話が出ています。ナニに関しては、移籍金は700万ユーロくらいだそうです。ただ、ナニの場合、移籍金以上に350万ユーロという年俸がネックになっており、実現する可能性は低そうです。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミランとリヴァプール、パリ・サンジェルマンのCB、サコー獲得を争う

ACミランとリヴァプール、パリ・サンジェルマンのCB、サコー獲得を争う

http://www.football-italia.net/38957/liverpool-milan-fight-sakho

リヴァプールとACミランは、パリ・サンジェルマンのディフェンダー、ママドゥ・サコー獲得を争っていると、複数のメディアが報じている。

フランスのレキップ紙は、移籍期間終了前に最終ラインの補強をしようとしている、ACミランが、23歳のディフェンダーであるサコーに対して、移籍金1500万ユーロを用意していると考えている。

しかし、同紙は、プレミアリーグのリヴァプールにはマッシミリアーノ・アッレグリ率いるミランのオファーを上回る準備があり、フランス代表のサコーのために1600~1800万ユーロ程度のオファーを提示する可能性があるとも報じている。

一方、BeInSportでは、ブレンダン・ロジャース率いるリヴァプールが2300万ユーロにまで引き上げると報じている。

サコーは、チアゴ・シウヴァとマルキーニョスの加入により、パリ・サンジェルマンで控えに追いやられると考えている。


2300万ユーロっていうのは、ミランには手が出ない額。1600万ユーロでも、厳しそうなのに。チャンピオンズリーグ出場というのがミランにとってのアドバンテージですが、本人の説得はともかく、クラブについては移籍金の額で勝負するしかないですもんね。サコーなら補強としてはかなり良い感じだと思っていたんですが、難しいかなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、PSGのメネスにも興味?

ACミラン、PSGのメネスにも興味?

http://www.football-italia.net/36226/milan-look-menez

ACミランは、アデム・リャイッチの獲得が行き詰まった場合、パリ・サンジェルマンのプレーメーカーであるジェレミー・メネスの獲得に動く可能性がある。

フィオレンティーナのアタッカーであるリャイッチは、ロビーニョがサン・シーロを離れ、サントスへ移籍するとみられていることから、この夏、ミラン移籍市場における最大のターゲットとなっている。

しかし、コリエレ・デッロ・スポルトは、その取引が失敗に終わった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるミランが代替案としてフランス代表のメネスの獲得を目指すだろうとしている。

メネスは、2011年、ローマから昨シーズンのリーグ・アン王者であるパリ・サンジェルマン移籍したが、PSGの攻撃陣の潤沢さにより、移籍の可能性があるとみられる。

ローラン・ブラン率いるパリ・サンジェルマンは、1600万ユーロ程度でメネスを放出する可能性がある。


メネスは攻撃的なポジションなら、ほぼどこでも出来る選手で、ジダンの後継者とも目されていた26歳。素晴らしい選手だけど、移籍金1600万ユーロって…。そんな額が出せるなら、そもそもリャイッチ獲得できないはずがないし…。やっぱりこの時期のニュースはよく分かりません。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。