赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルマのパレッタ、ミラン移籍に向けて、メディカルチェックを受ける

パルマのパレッタ、ミラン移籍に向けて、メディカルチェックを受ける

http://www.football-italia.net/62107/paletta-takes-milan-medical

ガブリエル・パレッタが、パルマからの移籍に向けて、今朝、ミランでのメディカルチェックを受けた。

イタリア代表のパレッタは、ミランへの移籍が間近となっており、現所属クラブであるパルマも、昨晩その売却を認めている。

パレッタは、3-1でミランが勝利した、昨晩の両チームの対戦において、ロベルト・ドナドーニ監督により、ベンチに置かれていた。

Tuttomercatowebは今朝、センターバックのパレッタがメディカルチェックを受けるためにミランの関連施設に現れた姿を掲載した。

その到着に際し、28歳のパレッタはこのように語っている。
ミランに来ることができて満足している。これから、メディカルチェックを受けるところだ。」


デストロ、ボッケッティ、アントネッリに続き、パレッタの獲得もほぼ決まりという状況に。しかし、これだけの行動力があるなら、せめてアントネッリあたりだけでも、昨年の夏におさえておければ、もっと楽だったような…。

それにしても、パレッタが昨日の試合に出てなかったのは、なぜかと思っていたら、こういうことだったのか。恐ろしい話です。やっぱり、なんだかんだで、ミランって選手にとっては魅力のあるクラブなんですかね。まあ、パルマは、現在6ヶ月間給料が支払われていないそうなので、それに比べれば、どこでもマシなのかもしれませんが。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20150202_1.jpg

本田の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ レビュー

セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_AC_Milan_vs_Parma_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ プレビュー

セリエA 2014-15 第21節 ACミラン vs パルマ プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20150201_1.jpg

前半戦の同カード、第2節のプレビューレビューガゼッタによる評価

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

パルマのビアビアニーに心臓疾患が発覚

パルマのビアビアニーに心臓疾患が発覚

http://www.football-italia.net/56080/biabiany-cardiac-problem-confirmed

パルマは、ジョナサン・ビアビアニーの心臓疾患が見つかった時に、彼のACミラン移籍が頓挫したことを認めた。

今日の午後、パルマのゼネラルマネジャーであるピエトロ・レオナルディ[Pietro Leonardi]はこのように発表した。
「私たちは直ちにビアビアニーのスポーツ活動を停止させた。」

「9月1日、これまでには一度も起こったことがなかった心臓の不整脈の症状が出た。7月10日に、彼はパルマでメディカルチェックを受けたが、その時には問題なかった。」

「彼のプライバシーの観点から、ここ数日、真実については伏せていた。健康について完全に安全だと確認できれば、その時には、ジョナサンはフィールドに戻ってくるだろう。」

水曜、Il Giornaleに心臓の不整脈に関する記事が出たことを受け、パルマは発表するという決断を下したようだ。

しかし、レオナルディは、ミランのメディカルスタッフがその問題についてパルマに警告したのは、あくまでも「交渉が決裂した後」であると主張している。

つまり、クリスティアン・ザッカルドが交換要員としてパルマに移籍することを拒絶したという、正式に発表された理由こそが、決定的な要素だったということになる。

パルマはまた、マッティア・カッサーニが腰の問題のために手術を受ける必要があり、「それによって2~4ヶ月ピッチを離れることになる」と発表した。

「しかし、ガブリエル・パレッタのケガについては、注意を要するものの、懸念は比較的小さい。回復までにさほど長い時間はかからないだろう。」


ビアビアニーに心臓疾患が発覚ミランでのメディカルチェックの段階で発見されたようですが、移籍が実現しなかった理由ではないとのこと。治癒できるものなのかどうか分かりませんが、26歳とまだ比較的若いですし、ぜひピッチに戻ってきて欲しいと思います。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。