赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナコ、バロテッリ獲得のために3000万ユーロのオファーを用意?

モナコ、バロテッリ獲得のために3000万ユーロのオファーを用意?

http://www.football-italia.net/50476/monaco-offer-%E2%82%AC30m-balo

ACミランが、マリオ・バロテッリに対するモナコからの3000万ユーロのオファーに備えていると報じられている。

今日の午後、BeIn Sportsが明らかにしたところによると、ミランはイタリア代表のバロテッリに対する、フランスのモナコからの多額のオファーに備えているようだ。

金曜、トゥットスポルトは、ミランがバロテッリとラダメル・ファルカオとのトレードを望んでいる可能性があると報じていた。

しかし、アル・ジャジーラが所有するTV局であるBeIn Sportsは、コロンビアのストライカーであるファルカオがチャンピオンズリーグに出場できるクラブへの移籍を希望していることから、リーグ・アンのモナコには元マンチェスター・シティのバロテッリに対して多額を投じる用意があると報じている。

ファルカオは、リーグ・アン移籍後6ヶ月で十字靭帯を損傷し、ワールドカップ出場を断念するなど、モナコでは厳しい時期を経験している。

元アトレティコ・マドリーのファルカオは、フランスからの脱出を希望しているとみられるが、ミランではなく、チャンピオンズリーグ出場権を持つチームを希望しているようだ。

それでも、モナコのバロテッリに対する関心が途絶えたわけではなく、ワールドカップ後に彼を獲得するために、総力を尽くすそうとしているようだ。


モナコがバロテッリ獲得のために3000万ユーロを用意?というニュースミランとしてはこの金額なら放出も考えるかもなあ…。ただ、前にも書いたと思うけど、もしバロテッリを放出するなら、その分を補う必要があるわけで、結局はその移籍金を補強に回さなきゃならないし、当然お金を使ったからって確実にその穴を埋められるわけでもない。そう考えると、バロテッリを確保しておいた方が得という可能性も十分にあり。最終的には首脳陣の判断に任せるしか無いけど、大してあてにならないからなあ…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

モナコ、ACミランのボアテング獲得に動く?

モナコ、ACミランのボアテング獲得に動く?

http://www.football-italia.net/34738/monaco-make-boateng-bid

モナコの大盤振る舞いに、ACミランのミッドフィールダーである、ケヴィン・プリンス・ボアテングへの1500万ユーロが入るかもしれない。

来シーズン昇格するフランス・リーグ・アンのモナコは、すでにラダメル・ファルカオ、リカルド・カルヴァーリョ、ジョアン・モウチーニョ、ハメス・ロドリゲスを獲得しており、バルセロナのゴールキーパーであるヴィクトル・ヴァルデスとも交渉中だと報じられている。

Calciomercato.comによると、モナコの次のターゲットはガーナ代表のボアテングだという。

クラウディオ・ラニエリ率いるモナコは、セリエA、プレミアリーグ、ブンデスリーガでのプレー経験があるプリンスをリーグ・アンに招くため、1200万ユーロまでは出す意志があるようだ。

これは万能型のミッドフィールダーであるボアテングに対するミランの1500万ユーロという評価額をわずかに下回る額だ。

しかし、26歳のボアテングに興味を持っているのはモナコだけではなく、トッテナムとマンチェスター・シティも交渉を始めたいと考えている。


ファルカオ、モウチーニョ、ハメス・ロドリゲスに加え、カルヴァーリョまで獲得したモナコですが、今度はボアテングの獲得に興味。今の勢いだと実現してしまいそうですねえ…。全体的に年齢の若いミランの攻撃陣にとって非常に貴重な存在なので、ミランとしてはキープしておきたいところですが、今シーズンの起用法などで不満を抱いていたところもあるようなので、オファーの内容次第ではモナコ以外のクラブでも十分に移籍はありえそうな気がします。怖い……。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。