FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

バロテッリ、リヴァプールへの移籍がさらに近づく

バロテッリ、リヴァプールへの移籍がさらに近づく

http://www.football-italia.net/54724/balotelli-agreement-medical-close

マリオ・バロテッリは、個人条件に合意していることが明らかであり、今日メディカルチェックのために旅立つとみられていることから、リヴァプールへの移籍がますます近づいている。

報道によると2000万ユーロ(約27億円)とされる移籍金で、ストライカーのバロテッリに関してACミランリヴァプールが合意したことに始まり、またその後、ミラネッロでバロテッリがチームメイトに別れを告げたことを受けて、代理人のミノ・ライオラは、昨日、個人条件について確定させるためにリヴァプール首脳陣と会談を行った。

最初の会談では合意に達せず、ライオラは、今日プレミアリーグのリヴァプール側ともう一度交渉を行うとみられており、合意が近づいているようだ。

すでに合意に達しており、バロテッリは、リヴァプールと5年契約を結び、リヴァプールは課税後の額で年に手取り600万ユーロ(約8億円)を支払うことになると予想されている。

ガゼッタ・デッロ・スポルトは、間もなく発表されるだろうが、フォワードのバロテッリが、アウェーで行われる、元所属クラブのマンチェスター・シティ戦に間に合うことはないだろうとみている。

また、イタリアでは、今日バロテッリがメディカルチェックを受けるためにリヴァプールに向けて出発すると報じられている。彼はイタリア時間の午後1時にプライベート機でリヴァプールに向けて出発するとみられる。

イギリスでは、リヴァプールが、契約に通常以上の数の素行に関する条項を契約に盛り込もうとしていると報じられている。


バロテッリの移籍はほぼ確実に。一応メディカルチェックが残ってはいるけど、まあ決まるでしょう。その後の報道では、すでにイギリスに向けて出発したようです。

元々今回の件は、おそらくライオラが仕掛けたのではないかと思います。バロテッリ自身のイタリアでのプレーに対するモチベーションが明らかに低下しているので、イングランドで引き取ってくれるクラブはないかと考え、自らリヴァプールに売り込んだんじゃないかと僕は思っています。そうでもなきゃこの時期にリヴァプールが動くことはさすがになかったんじゃないか、と。また、ミランもすぐに使える資金が欲しくなってその話に乗ったんじゃないか、と。完全なる想像の世界ですが。これが良い方向に転べば、フロントのファインプレーだけど、昨年のマトリみたいなこともありますし、この時期から激しく動き出すクセは一体何なんでしょうか…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バロテッリ、ミランのチームメイトに別れを告げたと報じられる

バロテッリ、ミランのチームメイトに別れを告げたと報じられる

http://www.football-italia.net/54674/balotelli-bids-farewell-milan

マリオ・バロテッリは、リヴァプールへの移籍をひかえ、ACミランのロッカーを片付け、チームメイトに別れを告げたと報じられている。

ミランは、プレミアリーグのリヴァプールと24歳のバロテッリの売却について交渉中であると認めている。

すでに移籍金2000万ユーロでの取引が合意に達しており、バロテッリの代理人が今日の午後、シーズン600万ユーロでの5年契約について交渉を行う準備をしていると報じられていて、また、バロテッリは、今日の練習前に、これが彼にとって、「ミラネッロでの最後の日」になるだろうと語ったとも報じられている。

今朝の練習後、バロテッリがドレッシングルームのロッカーを片付け、ミランのチームメイトに別れを告げたことは間違いないようだ。


ここへきて、バロテッリのリヴァプール移籍が急速に実現に向かっている模様。確かに今のミランに年俸600万ユーロは出せないし、2000万ユーロという移籍金は魅力的だと思うけど、この時期にバロテッリがいなくなって、その穴を埋められるかどうかはかなり微妙。本職のセンターフォワードはパッツィーニしか残らないわけだから、補強は絶対に必要。だけど、おそらく2000万ユーロのメインの使い道はピッポが熱望している『右サイドでプレーする左利きのアタッカー』になるだろうから、センターフォワードの補強にどれだけ使えるかは分からない。いいのかなあ、これで…。

今のところ、バロテッリの代役として名前が挙がっているのは、コロンビア代表&ポルトのジャクソン・マルティネス。ブラジルワールドカップの日本代表戦で2ゴールをあげた選手ですね。そりゃいい選手だと思うけど、正直バロテッリよりも高いような…。最初のシーズン400万ユーロほど支払ってレンタルし、その後の3シーズンくらいかけて2400万ユーロくらいを支払うことで完全移籍にするというレンタル+分割払いという方式を考えていると報じられていますが、そんなに虫のいいことが可能なのでしょうか。不安が募るばかりです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミラン、バロテッリを1430万ポンドでリヴァプールに売却?<

ミラン、バロテッリを1430万ポンドでリヴァプールに売却?

http://www.football-italia.net/53415/balotelli-liverpool-%C2%A314m

Sport Mediasetは、ACミランが、マリオ・バロテッリをわずか1430万ポンド[25億円弱]で売却するという交渉をリヴァプールと行っていると報じている。

リヴァプールがバロテッリに興味を持っているという噂は、インターナショナルチャンピオンズカップの試合前に、ブレンダン・ロジャース監督がプレスカンファレンスでバロテッリを賞賛したことで、激しく動き出した。

現在、イタリアメディアは、代理人であるミノ・ライオラがすでにプレミアリーグのリヴァプールと年俸交渉に入っていると報じている。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、バロテッリが『99.999%』残留する見込みだと語っていたが、このフレーズは、以前他の移籍が実現した際にも用いられていた。

Sport Mediasetによると、この夏、バロテッリの移籍金の額は、わずか1800万ユーロ(1430万ポンド)にまで急落しているという。

ミランはその資金を、トリノのウィンガーであり、ASモナコのターゲットにもなっている、アレッシオ・チェルチに再投資するという意図を持っているようだ。

バロテッリは、イタリアでの生活について、メディアの容赦なさという点で、マンチェスター・シティでの生活よりも大変だと考えている。

「マリオをイタリアに連れ帰ったのは失敗だった。」
代理人のライオラは、バロテッリの態度や能力が批判の的となった、ワールドカップでの敗退後、このように語っていた。


ミラン、バロテッリをリヴァプールに放出?という報道リヴァプールは、速い展開でキビキビとしたサッカーをやっていましたが、その中で、若干リッキー・ランバートが浮いている感じもしました。まだ、コンディションが万全ではないというのもあるとは思いますが。そんな中で、バロテッリを補強したいというのは理に適っている気もします。スアレスの移籍金は7500万ポンド=約130億円と言われているので、1430万ポンドくらいなら出せるんでしょうね。バロテッリ自身のイタリア生活に対するモチベーションが下がっているところも少し感じるので、可能性は限りなく低い話だと思いますが、ライオラ絡みでもありますし、どこかに実現しそうな雰囲気もある、イヤな報道です。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 プレシーズンマッチ リヴァプール vs ACミラン レビュー

2014 プレシーズンマッチ リヴァプール vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014_PSM_Liverpool_vs_AC_Milan_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】吉田麻也、センターバックとして先発フル出場 海外メディアによる選手評の訳も プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs リヴァプール レビュー

海外の反応吉田麻也、センターバックとして先発フル出場 海外メディアによる選手評の訳も
プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs リヴァプール レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Southampton_vs_Liverpool_re_2.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ