FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

フェルナンド・トーレス、ACミランでのメディカルチェックのためミラノ入り

フェルナンド・トーレス、ACミランでのメディカルチェックのためミラノ入り

http://www.football-italia.net/55110/milan-welcome-torres-van-ginkel-decides

フェルナンド・トーレスが、ミラノでメディカルチェックを受けることになっている一方、チェルシーのマルコ・ファン・ヒンケルは、今日の正午までにACミラン加入に関しての決断をすることになる。

チェルシーが2年レンタルでの放出に合意したことを受け、トーレスは、イタリア時間12時(イギリス時間11時)に空港に到着し、メディカルチェックを受ける予定となっている。

スペイン代表のストライカーであるトーレスは、ミランから400万ユーロ+ボーナスを受け取り、それに加えてチェルシーからシーズン200万ユーロを受け取ることになるようだ。また、レンタルはフリーで行われる模様だ。

さらに、ミランでの3シーズン目に関するオプションも付いているようだ。

一方、ほぼ同時に、ミランは、オファーに対するファン・ヒンケル自身の回答を待っている状態だ。

チェルシーは、彼をレンタルで放出する準備をしており、チャンピオンズリーグのメンバーから除外しているが、オランダ人のファン・ヒンケルは、移籍を承諾していない。

イタリア時間の正午までに決断をすることになっており、回答がノーだった場合、ミランは他の選手を探すことになる。


トーレスに関しては、メディカルチェックを待つのみ。コンディション的な問題はないだろうから、ほぼ間違いなく決まるでしょう。正式な発表待ちですね。

年俸に関して、チェルシーからも200万ユーロを受け取るっていうのは初耳。ミランからの年俸も最初に報じられていたよりも多くなっているから、これならトーレスにとっても金銭的な問題はなさそう。でも、チェルシーから200万ユーロって本当なのかな? ミランにとって一方的においしすぎるような…。チームに置いといて、年俸の全額を払い続けるよりは良いってことか。

この記事について、他に報じられているところないかと思って、色々なサイトをみていたら、トーレスに関しての数字が目につきました。トーレスがリヴァプールからチェルシーに移籍した際の移籍金は、5000万ポンド(約86億円)でトーレスがチェルシーであげたゴールは合計45。つまり、1ゴールあたり約110万ポンド(2億円弱)ということに。しかも、年俸に関する話が事実なら、ミランに放出するために実質400万ユーロを支払うことになるわけだから、チェルシーにとっては高くついたなあ…。金持ちクラブはそんなこと気にしないのかな…。

ファン・ヒンケルについては、個人的には、獲得してもしなくてもどちらでもいいかなと思っています。若いというのはいいけど、何かを計算できるとは思えないし。だったら、ずっとミランにいてくれそうな若手を起用するほうがずっと良い。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、リヴァプールのスソ獲得に興味?

ACミランリヴァプールのスソ獲得に興味?

http://www.football-italia.net/55099/after-torres-milan-target-suso

ACミランは、チェルシーからのフェルナンド・トーレス獲得を決めたが、さらに、リヴァプールのミッドフィールダーであるスソ獲得を目指していると報じられている。

金曜、トーレスは個人条件に合意し、スタンフォード・ブリッジを本拠地とするチェルシーから2年のレンタルで移籍することが決まり、後はメディカルチェックを残すのみとなっている。

Sky Sport Italiaによると、ミランはまだ、プレミアリーグに所属する選手の獲得に動いているようだ。

最新の目標は、スソという愛称で知られているヘスス・フェルナンデス・サエスであり、彼のリヴァプールとの契約は2015年に終了する。

まだ20歳のスソは、右サイドのワイドな位置でのプレーを得意としており、ピッポ・インザーギ監督の考える3トップの一角として、起用される可能性がある。

スソは、スペインU-21代表として5試合に出場しており、昨シーズンは、アルメリアにレンタルされていた。


ここにきて新たに挙がってきた名前は、リヴァプールのスソ。どうしても『右サイドでプレーする左利きのアタッカー』が欲しいのか。昨シーズンは、リーガ・エスパニョーラのアルメリアにレンタルされており、リーグ戦33試合3ゴール9アシストという結果でした。何度か観たことはあるんですが、正直あまり強い印象は残っていません。それでも、スピードは豊富そうだから、良い条件で獲得できるなら、ひとつのオプションとしてはアリかなあ。若いし。

なお、チェルチについては、本人がトリノからの退団を希望しているということで、退団の方向性は定まったようです。ホームで行われるインテルとの開幕戦にも招集されない可能性が高そう。しかし、トリノ側がミランとの交渉については終結していると明言しており、ミラン移籍の可能性はほぼゼロ。今のところ、リードしているのは、アーセナルだそうです。アトレティコ・マドリーもまだ諦めてはいないようですが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

チェルシー、フェルナンド・トーレスを2年レンタルでACミランに移籍させることを認める

チェルシー、フェルナンド・トーレスを2年レンタルでACミラン移籍させることを認める

http://www.football-italia.net/55092/torres-milan-two-year-loan

チェルシーは、フェルナンド・トーレスが2年のレンタルでACミランに加入することを認めた。

ここ数日、スペイン代表のトーレスが、月曜の移籍期限終了前に、サン・シーロを本拠地とするミランへの移籍のために退団するとの憶測が強くなっていた。

ストライカーであるトーレスが、ピッポ・インザーギ率いるミランに加入するために、年俸の減額を受け入れたことから、話し合いは前向きに進んだとみられていた。

今日早くに、プレミアリーグのチェルシーがトーレスに対しての契約解除に伴う金銭の支払いを拒否したため、移籍は暗礁に乗り上げたと思われた。

しかし、妥協点が見出され、ジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーは、トーレスに関して、ミランと2年のレンタルで合意したことを明らかにした。

チェルシーの公式ウェブサイトで、このような声明が発表されている。
チェルシー・フットボールクラブとミランは、フェルナンド・トーレスの、ミランへの2年レンタル契約に関する条件で合意しました。」

「今後、フェルナンドがACミランとの個人条件に合意し、メディカルチェックをパスすることにより、移籍が完了することとなります。」

30歳のトーレスは、明日の朝ミラノ入りし、ミランのメディカルチームと面会した後に、契約にサインすることとなる。


チェルシーがフェルナンド・トーレスのミラン移籍を容認。メディカルチェックが完了次第、正式に契約ということに。フェルナンド・トーレスとチェルシーの契約は、2016年までなんので、2年レンタルということは、レンタル終了時に自動的にフリーエージェントになるわけか。チェルシーとしては、どうせミランに金はないんだから、変に揉めるよりも、ここで妥結することで、恩を売っておこうという算段かなあ。そんなイヤらしい話ではなく、チェルシーの単純な好意かもしれないので、あまり穿った見方は良くないか。

トーレスとミランとの契約内容が今のところまだ分かりませんが、最初に報じられた額だとすれば、基本給300万ユーロでボーナス込で400万ユーロという金額。トーレスにとっては、チェルシーでの年俸のほぼ半分ということに。そこまでしても、環境を変え、何かを取り戻したいという意志がトーレスにあるのだとすれば、期待できるのかも。メディカルチェックがまだ終了していないので、正式に契約したわけではありませんが、楽しみになってきました。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、フェルナンド・トーレス獲得交渉を進めるが、事態は複雑に…

ACミラン、フェルナンド・トーレス獲得交渉を進めるが、事態は複雑に…

http://www.football-italia.net/55017/torres-seeks-chelsea-severance

ACミランは、フェルナンド・トーレスとの2年契約に合意し、今後はトーレスがチェルシーからの契約解除を勝ち取らねばならない状況になったと報じられている。

今日の午後、ストライカーであるトーレスの代理人、Antonio Sanzがミランとの会談を行い、MilanNews.itに対して、「会談は上手くいった。トーレスのミラン行きは、実現する可能性がある」と語った。

これまでは、買取オプション付きの1年契約だとみられていたが、その状況は変化したようだ。

Sky Sport Italiaやガゼッタ・デッロ・スポルトなど、複数のメディアによると、ミランはトーレスとの2年契約に合意したようだ。

今後トーレスは、チェルシーとの契約解除について交渉を行い、双方の合意の元に契約を終了させる必要がある。

スペイン代表のトーレスとチェルシーとの現在の契約は、2016年6月に終了する。

このことから、トーレスの代理人は、スタンフォード・ブリッジを本拠地とするチェルシーとの交渉のためにロンドンに戻ることになるだろう。


ミランがフェルナンド・トーレスとの2年契約に合意?という報道。トーレスとしては、チェルシーに留まるのが厳しいと判断したのかもしれません。

ところが、この報道が出た後、さらに状況に変化が。

まず、チェルシー移籍したばかりのディエゴ・コスタが練習中にハムストリングを負傷。大きなケガではないようですが、予想されている欠場期間は、最悪の場合6週間。最終的な検査の結果待ちという状況ですが、これにより、チェルシーは、ローマのデストロ獲得に本格的に乗り出したとも報じられています。ただ、チャンピオンズリーグにも出場するローマは、デストロ放出の意図がないことを明言しており、チェルシーのフェルナンド・トーレスに対する姿勢にも変化が生じる可能性があります。

また、スペインでは、フェルナンド・トーレスの古巣であるアトレティコ・マドリーがトーレスの獲得に関心を持っているとの報道も。アトレティコとしては、財政的なルール上の問題でまず放出してからでないとトーレスの獲得はできないようですが、本格的に動いたとすれば、トーレスの心が傾くのは間違いなさそうです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、フェルナンド・トーレスの獲得に向けて、交渉を続ける

ACミラン、フェルナンド・トーレスの獲得に向けて、交渉を続ける

http://www.football-italia.net/55010/milan-decisive-torres-talks

ACミランのディレクターであるアドリアーノ・ガッリアーニは現在、スペイン代表のフェルナンド・トーレスをイタリアに連れてくるために彼の代理人と交渉中である。

チェルシーとトーレスは、いずれもスタンフォード・ブリッジを本拠地とするチェルシーからのレンタル移籍に合意したと報じられているが、30歳のトーレスの年俸に関してミランとの交渉が行き詰まったままである。

ガゼッタ・デッロ・スポルトは、ガッリアーニが解決策を見出すためにトーレスの代理人と会談を続けていると報じている。

ミランは、トーレスに基本給として300万ユーロを提示しているが、トーレスは、560万ユーロを要求しているとみられる。


額が昨日の予想とぜんぜん違う…。この記事には基本給のことしか書かれていませんが、他の報道によると、ミランの提示額は、基本給300万ユーロでボーナス込みの400万ユーロとのこと。ボーナス込みでようやく昨シーズンの半分という額はさすがにトーレスも飲めないでしょう…。正直、トーレスの要求している560万ユーロという額は、昨シーズンの年俸、これまでの経歴、年齢などを考えれば、十分適正な額だと思います。

個人的には、トーレスはアタッカーとして素晴らしい選手だと思っています。ストライカーとしての魅力を感じたことがないというだけで。せめて2トップの一角として獲得するのなら、悪い話じゃないと思うんですが、今回の場合は3トップの真ん中ということなので、いまひとつピンとこないなと思ってしまいました。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ