FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

アッビアーティ:「苦しかった!」

アッビアーティ:「苦しかった!」

http://www.football-italia.net/42722/abbiati-milan-suffered

クリスティアン・アッビアーティは、アヤックス戦で『苦しんだこと』を告白したが、決勝トーナメント一回戦ではアトレティコ・マドリーとの対戦を望んでいるようだ。

0-0のドローに終わったアヤックス戦後、アッビアーティは、Sky Sport Italiaに対してこのように語っている。
「僕たちが苦しんだかどうか? 少しね! 僕のチームメイトは良いプレーをした。アヤックスのように組織的なチームを相手にプレーするのは簡単じゃないからね。」

リッカルド・モントリーヴォが前半22分に退場になったが、グループリーグ突破を決めるのに必要な勝点を何とか確保した。

「序盤にクリスティアン・ポウルセンがポストに当てたのは幸運だったけど、それ以上に、チーム全体が素晴らしいパフォーマンスをみせられた。チャンピオンズリーグに残りたいという気持ちがいかに強いものかを示すことができたよ。」

ハーフタイム前、アッビアーティは、何度か筋肉を痛め、ピッチを去らねばならない可能性があった。

「刺すような痛みを感じ、深刻なダメージがあるかもしれないと心配もした。それでも、交代せざるをえなくなるまでは、残ろうと考えたんだ。」

ACミランは、決勝トーナメントに残った唯一のイタリアのクラブであり、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、バイエルン・ミュンヘン、チェルシー、ボルシア・ドルトムント、アトレティコ・マドリーのいずれか、という厳しい相手と対戦することになる。

「アトレティコ・マドリーがいいかな。かつてプレーしていたこともあるし、あのスタジアムに戻るのは良いね。理由はそれだけだ。このドローに楽なチームなんてないからね!」


アッビアーティのお言葉。痛めてたんですね、気づきませんでした。ピッチに残ってくれて、本当に良かったです。アメリアがケガをしており、ガブリエルはチャンピオンズリーグには登録されていないので、アッビアーティがダメだと、第4GKのコッポラが出場するしかなかったわけで。アッビアーティは今シーズンがラストだという雰囲気がありますが、どうなるんだろうなあ。いつかは世代交代が必要だけど、ガブリエルに任せるのはまだ早い気もするし、アメリアは下手をすると1月にでも出ていきそうな感じだし。いずれにせよ、アッビアーティが引退するのであれば、コーチとしてミランに残ってくれたらいいなあ、と思います。以前のインタビューでコーチになりたいという願望も語ってたし。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミランvsアヤックスの試合前、ミラノ市内で複数の騒動が起こる 3名が重傷?

ミランvsアヤックスの試合前、ミラノ市内で複数の騒動が起こる 3名が重傷?

http://www.football-italia.net/42711/stabbings-milan-ajax-brawls

ACミランアヤックスの試合前、1日を通じて観衆による騒動が起こり、6人が刺されるという事件が起こったと複数メディアが報じている。

チャンピオンズリーグの同試合は、イギリス時間の19:45からサン・シーロで行われたが、問題はファンがスタジアム入りする、かなり前に始まっていた。

アヤックスのサポーターが、市の中心部で騒動を起こし、そのうちの100名ほどが、物を投げ、通行人を襲撃したとして、警察により静止を受けた。

彼らは、Piazzale Loretoで行われていた、農民による穏健な抗議活動を待ち伏せした。その活動により、数日前から道路が塞がれていたからだ。

20名前後のアヤックスファンがバスを飛び出し、穏健な活動を行っている人々を襲撃した。

また、アヤックスのフーリガンの一団が、 Piazza Fedeleにあるミランポイントショップに押し入ろうとし、窓を叩いたり、瓶を投げたりした。

イタリア人とアヤックスサポーター計6名が刺される騒動がサン・シーロの外で起こったが、市の中心部で起こった騒動に対する「復讐」として行われたと報じられている。

刺された6名のうち、3名は重症だとみられ、残りの3名については、病院での治療は必要なかったようだ。


スタジアムの外が恐ろしいことに…。わざわざお金をかけてオランダからやって来て、こんな暴れ方をするなんて、何が楽しいんでしょうか。ただただ、騒ぎたい人たちなんだろうなあ…。それに、「刺される」って…。イタリア、おっかない。負傷した人々が無事であることを祈っています。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス レビュー

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

CL_2013-14_AC_Milan_vs_Ajax_pre.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、1月の本田圭佑加入を正式に発表

ACミラン、1月の本田圭佑加入を正式に発表

http://www.football-italia.net/42689/milan-confirm-honda-arrival

ACミランは、1月に本田圭佑が加入し、10番のユニフォームを着ることになると発表した。

アドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、CSKAモスクワの本田に関する質問を受け、Sky Sport Italia に対してこのように語った。
「そうだ、やっと話ができる。本田は正式にミランの選手となる。彼は10番のユニフォームを着ることになるだろう。」

ミッドフィールダーの本田は、来月のはじめにCSKAからフリートランスファーで移籍するが、彼がプレーするまでには多少の時間を要するかもしれない。

「彼は、1月3日からミランの選手となるが、6日(セリエAアタランタ戦)からすぐにプレーできるかどうかは分からない。その時点で準備ができていなければ、1月12日のサッスオーロ戦からぷれーすることになるだろう。」


ついにミランが本田の獲得を正式に発表。アヤックス戦後くらいかなと思っていたんですが、いきなり来ました。本当にミラン日本人選手が加入する日が来るとは…。隔世の感があります。来年行われる、折り返し後のミラノ・ダービーは日本人選手同士の対戦になる可能性もあるんですよね…。本当にすごいことだと思います。

なお、1月6日のアタランタ戦の段階で出場できるかどうか分からないというのは、EU外の選手であるがゆえに手続きが複雑だという側面があるようです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス プレビュー

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20131211_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 インテル vs パルマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 インテル vs パルマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131209_1.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ビルサ、太ももを痛め1ヶ月の欠場に

ビルサ、太ももを痛め1ヶ月の欠場に

http://www.football-italia.net/42638/birsa-suffers-thigh-injury

ACミランは、ヴァルテル・ビルサが太ももを痛めたことを発表し、報道によると、ビルサは1ヶ月欠場することになりそうだ。

27歳のビルサは、週末に行われドローに終わったリヴォルノ戦で負傷し、月曜、ミランは、スロヴェニア代表のビルサが右太ももの屈筋を痛めたことを発表した。

正式な診断については、数日後に発表されることになっているが、アタッカーのビルサは4週間欠場するだろうとみられている。

それが事実だとすれば、ビルサは、セリエAのローマ戦、インテル戦、チャンピオンズリーグのアヤックス戦を欠場することになる。


ビルサが負傷。前半でエル・シャーラウィと交代したのはケガだったのか。自分で歩いてたから大丈夫なのかと思ったんだけど、ゆっくり歩いていたのは、機嫌が悪かったからではなくて、痛めていたからだったんですね。ということは、アヤックス戦はエル・シャーラウィを先発にするか、もしくはバロテッリとカカのツートップで中盤を厚くするか、そのあたりはアッレグリ監督の手腕に期待。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131208_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン レビュー

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Livorno_vs_AC_Milan_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン プレビュー

セリエA 2013-14 リヴォルノ vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20131207_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル グループリーグ抽選会 結果

2014 FIFAワールドカップ ブラジル グループリーグ抽選会 結果

来年のブラジルワールドカップのグループリーグ抽選会が行われる。
もう意外とすぐにやってくるんだな、ということを実感。

今回は、FIFAランキングのイタズラによって、いわゆる強豪国がシードを外れるという現象が発生。『死の組』が生まれる可能性が高い状況で行われた組合せ抽選会の結果は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミランのガッリアーニCEO、1月に本田圭佑を獲得する予定であることを認める

ACミランのガッリアーニCEO、1月に本田圭佑を獲得する予定であることを認める

http://www.football-italia.net/42488/galliani-eyes-january-surprises

ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、1月の本田圭佑獲得を認め、フランチェスコ・ローディについては否定したが、「サプライズの可能性を否定はしなかった」。

移籍部門のトップであるガッリアーニは、今日、ミランチャンネルで話をし、命運を分ける一戦である、チャンピオンズリーグのアヤックス戦前に、チームを激励するため、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長がミラネッロのトレーニンググラウンドを訪問することを明らかにした。

「移籍市場は、流動的で動きのあるものなので、何が起こるかを予想することはほとんどできない。」

「今日の段階で言えるのは、確実に獲得することになる選手がひとりと、もうひとりおそらく獲得することになるであろう選手がひとりいるということだ。ただ、彼が今プレーしているロシアのクラブを尊重して、これ以上のことは言えない。」

該当するロシアのクラブとは、CSKAモスクワであり、日本代表のミッドフィールダーである本田圭佑の契約が今月末で切れることから、彼はすでにミランと条件面で合意している。

「また、トレードもありうるし、現時点では私にも分からないサプライズを完全に否定することはできない。」

エムバイェ・ニアンと、ジェノアのフランチェスコ・ローディ、もしくはユライ・クツカを交換するとの話し合いが行われている。

ガッリアーニはこう続けている。
「ニアンの代理人と話をしなければならないが、彼は非常に若く、まだプリマヴェーラのユースチームでプレーすることもできるほどだ。」

「ローディに関しては、ディフェンスの前でプレーするミッドフィールダーで、そのポジションにはすでにナイジェル・デ・ヨングとリッカルド・モントリーヴォがいる。」

セリエAでは、順位を上げていくために、連勝することが必要だ。もしこれほどまでにケガ人が多くなければ、ミランはもっと上の順位につけていただろう。」


ミランのチーム内で色々と騒動があり、どうなることやらと思っていたのですが、一応、現時点では本田圭佑の獲得は既定路線となっている模様。本田には当然他のクラブからもオファーがあるでしょうから、確実にミランに来るとは断言できませんが、確率は高そうな気がします

ローディについては、セットプレーの精度が非常に高く、本田の獲得が難しいのであれば、ひとつの選択肢として十分にありだと思います。ムンタリのポジションでプレーさせればいいわけですし。クツカはスロヴァキア代表の26歳で、ポジション的には同じく守備的ミッドフィールダー。ガッリアーニの言葉からすると、彼の獲得も可能性は低いことになりますが、あの人の言葉を信じてもあまり意味が無いので、実際にマーケットが開くのを待とうと思います。個人的には本田圭佑が移籍してくるのであれば、ローディもクツカも要らないですけども

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バティストゥータ:「バロテッリは才能を浪費している」

バティストゥータ:「バロテッリは才能を浪費している」

http://www.football-italia.net/42485/batistuta-blasts-balotelli

ガブリエル・バティストゥータは、マリオ・バロテッリがその才能を浪費していることについて、「本当にイライラする」と不満を漏らした。

フィオレンティーナのレジェンドであるバティストゥータは、昨日プレスカンファレンスを行ったが、コリエレ・デッロ・スポルトは、オフレコで数名のジャーナリストと話を続けたと報じている。

バティストゥータはこのように語ったとされている。
「バロテッリについてどう思うかって? 僕は生まれつきのサッカー選手じゃない。」

「ハードワークをし、汗を流して、色んなものを犠牲にしなければ、僕は選手になれなかった。バロテッリは、他にもそういう選手はいるが、僕が欲しいと思っていたあらゆるものを持っている。しかし、彼らはそれを活かしていない。」

「そのことには本当にイライラする。」


バティストゥータのお言葉。確かにそういうところはあるかもしれません。バティは、あのレベルで活躍した選手としては珍しく、17歳になってようやく本格的なサッカー選手としてのキャリアを歩み始めた人なので、その分努力もしたことでしょう。とはいえ、その3年後にはリーベル・プレートに移籍しているので、彼が才能に恵まれなかったとはとても思えませんが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミランのシルヴェストレ、太もものケガにより最低2週間の欠場に

ACミランのシルヴェストレ、太もものケガにより最低2週間の欠場に

http://www.football-italia.net/42462/milan-lose-silvestre

マティアス・シルヴェストレが太ももの筋肉を痛め、最低2週間欠場することとなり、ACミランは、さらにケガに苦しめられることとなった。

ディフェンダーのシルヴェストレは、今日の練習に参加せず、検査の結果、左太ももの筋肉を負傷していることが判明した。

彼は10~15日後に追加検査を受けることになっているが、最低でも2,3週間は欠場することになるとみられる。

一方、マッティア・デ・シーリョが今日の全練習に参加しており、彼の復帰は近づいている。


またまたケガ人。サパタが出場停止から戻ってくるので、ボネーラとサパタのコンビで問題ないんですが、メクセスもまだ復帰の目処が立っておらず、センターバックとしてプレーできる控え選手がヴェルガラしかいないのはやっぱり不安。今週末がリヴォルノ戦で、来週のミッドウィークにはチャンピオンズリーグ、アヤックス戦。アヤックス戦に万全の態勢で臨むために、リヴォルノ戦では、サパタとボネーラのどちらか一方くらい休ませたいところなんですが、シルヴェストレがいないとなるとそれもできなくなりました。デ・シーリョの復帰が近づいているのは嬉しいニュースですね。無理はせずに、完全な状態にしてから戻ってきて欲しいとは思いますが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミランのブライダSD、退任を報じられるも、クラブは否定

ACミランのブライダSD、退任を報じられるも、クラブは否定

http://www.football-italia.net/42452/milans-braida-resigns

水曜、ACミランのスポーツ・ディレクターであるアリエド・ブライダが辞任したという報道が、イタリアのメディアで錯綜した。

水曜の朝、ミラン経営陣のひとりであるブライダがミランに辞表を提出したと、複数のメディアが報じた。

ブライダの現在の契約は、2014年6月に終了するが、Sky Sport Italiaの記者であるGianluca Di Marzioは、ブライダがすぐにミランを退団したいと要求したことを確認した。

しかし、ミランのツイッターアカウントで、ミランはブライダの辞任を拒否したと発表している。

ブライダは、カカやフランク・ライカールトなどをミランに連れてきている。しかし、近年は、選手の獲得について、これまでよりも距離を置いた役割を行っており、批判を受けている。


ガッリアーニに続いて、今度はブライダ。今シーズンは色んなことが起こるなあ…。ガッリアーニに比べると、ベルルスコーニとの関係も薄く、本気で辞任するとなれば、止めようがないような気もしますが、現時点では本人も辞任を否定している模様。とりあえず、今シーズン終了までは残留するでしょうが、契約切れと同時にミランを去る可能性は高くなったかな? サンプドリアがブライダを欲しがっているなんて話もありますし。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、マンチェスター・シティのマイカ・リチャーズ獲得に興味?

ACミランマンチェスター・シティのマイカ・リチャーズ獲得に興味?

http://www.football-italia.net/42429/galliani-richards-contact

今日の午後、マイカ・リチャーズにACミランが接触していると、イタリアの複数メディアが報じた。

Il Giornoが報じたところによると、マンチェスター・シティのディフェンダーであるリチャーズは、マヌエル・ペジェグリーニ監督の下でプレータイムが限られていることにイラ立ちを感じており、1月の移籍を強行しようとしているという。

フィオレンティーナやローマなど、イタリアの複数のクラブがサイドバックのリチャーズの獲得に関心を持っていると報じられているが、Il Giornoは、最初に接触するのはミランだと主張している。

リチャーズが、エティハド・スタジアムでチームメイトとしてプレーした、ナイジェル・デ・ヨングと友人関係にあることも、彼がマッシミリアーノ・アッレグリ率いるミランに加入するのではないか、という噂に拍車をかけている。


マンチェスター・シティからは、デ・ヨング、バロテッリを獲得しており、それなりに現実味のある話かな、と思います。アバーテにユヴェントスが接触しているという話もあり、状況によっては彼を手放す可能性もあるので、サイドバックの補強は必要なのかもしれませんが、それにしてもこんなめんどくさそうなところに手を出さなくても、という気がしなくもありません。プレイヤーとして優れた存在であることは間違いないけど、プレータイムが限られているのにはそれなりの理由があるのでしょうし。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131202_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン レビュー

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Catania_vs_AC_Milan_2013-14_re_2.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン プレビュー

セリエA 2013-14 カターニア vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20131201_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニを両方マネージャーとして置くことに

ACミラン、ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニを両方マネージャーとして置くことに

http://www.football-italia.net/42327/milan-will-have-two-general-managers

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、ACミランが「二世代のマネージャー、すなわち、アドリアーノ・ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニのふたり、を置くことになる」と発表した。

現在の副会長であり、ジェネラル・マネージャーでもあるガッリアーニとの4時間に渡る会談の結果、この解決策がとられることになった。

ガッリアーニは、ベルルスコーニ会長の娘であり、経営陣のひとりでもあるバルバラ・ベルルスコーニと衝突し、辞任すると脅しをかけていたが、今日、ベルルスコーニは、ガッリアーニの残留を宣言していた。

ベルルスコーニは、報道陣に向けた声明でこのように語っている。
「今日、我々は、クラブの組織について完全に合意した。」

「これからは、二世代のマネージャーを置くことになる。ひとりは、アドリアーノ・ガッリアーニで、彼はスポーツ部門を担当することになる。もうひとりがバルバラ・ベルルスコーニで、彼女はその他の部門を担当する。」

「私自身については、クラブとチームに対して、これまで以上に関与することを約束する。」

しかしながら、バルバラ・ベルルスコーニがすでにパオロ・マルディーニに対して、新たにテクニカル・マネージャーの職につけるため、接触をはかっており、マルディーニがこの陣容に入り込む余地は残されている。

Sky Sport Italiaによると、ガッリアーニは、今晩、バルバラ・ベルルスコーニに電話をかけ、「ミランの利益のために協力していこう」と述べ、第一歩を踏み出した。


結局、ガッリアーニは残留。ベルルスコーニとガッリアーニが直接話をすれば、まあ、こうなるんですよね。ガッリアーニは、『ベルルスコーニの言葉は神聖なものだ』なんていう表現まで使ってしまっていますし。終わってみれば、茶番っぽい…。今は大事な時期なので、選手がこういうゴタゴタに巻き込まれないようにして欲しいです。その点で、事態が収束したのは良かったのかな…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

前のページ