赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッレグリ:「私にとってACミランでの最後のクリスマスだ」

アッレグリ:「私にとってACミランでの最後のクリスマスだ」

記事タイトルの通り、アッレグリ監督が今シーズン終了後の退団を認める

訳した記事が長めなので、内容は続きを読む、で。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミランとインテル、マンチェスター・シティのジェコ獲得を争う?

ACミランインテル、マンチェスター・シティのジェコ獲得を争う?

http://www.football-italia.net/43248/milan-duo-fight-dzeko

今朝イタリアメディが報じたところによると、エディン・ジェコがACミランインテルの移籍市場におけるターゲットになっているようだ。

トゥットスポルトは、サン・シーロを本拠地とする両チームがボスニア代表のジェコ獲得を狙っているが、ヴァレンシアやボルシア・ドルトムントとも獲得競争をすることになる、と報じている。

マンチェスター・シティのジェコは、今シーズン、自らがサブとして扱われていると感じており、来年夏のワールドカップに向けて、先発として出場できるチームへの移籍を望んでいると思われる。

セリエAの両チーム、ミランインテルが、ストライカーのジェコに対してオファーを出す可能性があり、また、その得点力に対して移籍金を支払う意志があるようだ。

トゥットスポルトでは、アドリアーノ・ガッリアーニがジェコの側近と仕事上の良い関係を築いており、一方で、インテルの新オーナーであるエリック・トヒルは、1月に目玉となる選手を獲得するため、金に糸目をつけないだろうと報じられている。


ミランが以前にも目をつけていたジェコ。2008-09シーズン、ヴォルフスブルクが優勝した直後、ミランへの移籍が決まりかけていたものの、結局残留。2011年の1月にマンチェスター・シティへ移籍しました。イングランド移籍後は、若干得点力が影を潜めた感じもありますが、しっかりした足元の技術、シュートの巧さなど、観ていて楽しい選手であることに変わりはありません。今シーズンは確かにアグエロ、ネグレドが大活躍で、先発がわずかに7試合と出場機会が減っていますミランとしては、ベルルスコーニがバロテッリを見限ってマーケットに出そうとしているなどという話もあり、それが事実であるならば、間違いなく補強が必要なので、良い補強になるとは思います。ただ、チームの現状、使えそうな予算の問題を考えると、獲得競争を制するのは難しいかな、と。頼れそうなのは、ジェコ自身がミラニスタだという話くらいで、プロ選手がそれを理由に移籍先を決めるとは思えませんしねえ…。

インテルにとっては、パラシオの負担を軽くするために、本職のセンターフォワードを獲得する必要があります。その点で、ジェコはほぼ満点の存在といっていいでしょう。予算は十分にありそうだし、実現の可能性はそれなりにありそうです。しかし、トヒル新オーナーにとっての最優先のターゲットは、パリ・サンジェルマンのラベッシだという話もあります。カヴァーニの加入により出場機会の減っているラベッシにとっても、アルゼンチン人選手が多く、環境としてはプレーしやすそうなインテルへの移籍は決して悪い選択肢ではなく、状況によってはこちらが決まる可能性もありそうです。ただ、ラベッシってセンターフォワードじゃないよなあ…。タイプ的にはパラシオとモロかぶりな気もするので、攻撃陣の層を厚くするために、ラベッシ+ジェコなんてことも考えているかもしれません。予算は潤沢にあるんでしょうし。全て想像の世界ですが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

エル・シャーラウィ、右足中足骨の手術を受け、10週間の欠場に

エル・シャーラウィ、右足中足骨の手術を受け、10週間の欠場に

http://www.football-italia.net/43211/el-shaarawy-out-10-weeks

今日、ステファン・エル・シャーラウィが右足の手術を受け、ACミランは、彼が10週間欠場することになるだろうと発表した。

今シーズン、ケガによりほとんど試合に出場していないエル・シャーラウィにとって、これはかなりの痛手となる。

エル・シャーラウィは、右足中足骨の損傷により、2ヶ月間欠場しており、そのケガが彼の回復を妨げていた。

専門家は、右足の第四中足骨を固定し、圧迫により損傷している箇所への圧力を軽減するために、ポルトガルで手術を行うよう忠告していた。

手術の執刀を行ったのはNiek Van Dijk医師で、10週程度での復帰を予想している。

これにより、エル・シャーラウィは、3月半ばまで復帰できないことになり、2014年のブラジルワールドカップに臨むイタリア代表メンバーに選出される可能性は極めて低くなった。

今日、イタリア代表のチェザーレ・プランデッリ監督は、4月の時点でのコンディションに関するテストを基準に選考を行うと発表している。


エル・シャーラウィ、長期欠場が決定。特にああいうプレースタイルの選手は足を傷めがちなので、そうならないようなコンディションを作らないと、復帰してもすぐにケガをするという繰り返しになる可能性が高くなります。まだまだ若いので、ワールドカップ出場のチャンスは今後もきっとあるはず。焦らずに治療に専念して欲しいです。

なお、このエル・シャーラウィの長期欠場について、どこかのスポーツ紙が「本田に追い風?」なんていう記事を出しているようですが、正直意味が分かりません。選手にとってポジションは自分の力で勝ち取るものだろうし、チームの戦力ダウンを追い風なんて表現するのは何とも品のない感じがします。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

カペッロ、セードルフのACミラン監督就任に否定的な見解を示す

カペッロ、セードルフのACミラン監督就任に否定的な見解を示す

http://www.football-italia.net/43174/capello-milan-seedorf-option

ファビオ・カペッロは、クラレンス・セードルフが、ACミランにおけるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてふさわしい存在だとは考えていない。

オランダ人のセードルフは、まだボタフォゴで現役としてプレーしているが、アッレグリ監督が今シーズン終了後に退団するとみられていることから、ミランの監督の座に就くと噂されている。

ロシア代表のカペッロは、ガゼッタ・デッロ・スポルトに対して、このように語っている。
「クラレンスは能力が高く、私は彼と良い関係を築いている。」

「1年前、彼がUAEやロシアへの移籍を考えていた時に、私が、ブラジルに行ってプレーするように言ったのを覚えている。」

「この経験が彼にとって非常に役立つのは間違いないが、ミランの監督という責任をすぐに担うのは別問題だ。」

67歳のカペッロは、その輝かしいキャリアの中において、ミランを二度にわたって率いた経験があり、ミランの監督の座について熟知している。

一方、セードルフは、ミランのミッドフィールダーとして10年を過ごし、2012年の夏、契約終了とともに、ブラジルへ移籍した。


カペッロはセードルフの監督就任に対して否定的な見解を示す。長年監督をやってきた人間として当然の反応かなと思います。セードルフが本気で指導者としての道を歩もうと考えているのであれば、彼自身が断るべきだと思うのですが、現時点ではどうなっているのかもさっぱり分かりません。もっとふさわしい人がいると思うんだけどなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、1月の移籍市場でニューカッスル・ユナイテッドのGK、クルル獲得を検討?

ACミラン、1月の移籍市場でニューカッスル・ユナイテッドのGK、クルル獲得を検討?

http://forzaitalianfootball.com/2013/12/ac-milan-target-newcastle-united-goalkeeper/

ACミランは、1月の移籍市場で、ニューカッスル・ユナイテッドのゴールキーパー、ティム・クルルを獲得することを検討しているようだ。

ミランは25歳のオランダ人選手であるクルルについて、若さと経験のバランスがとれた、クラブの中期的な将来にとって、完璧な候補であると考えている。

サン紙によると、ミランは、チャンピオンズリーグに出場可能なクルルに、1月の移籍市場でオファーを出すよう目星をつけているという。

クルルは、ここ2,3シーズン、ニューカッスルの大黒柱であり、最もパフォーマンスの良い選手のひとりでもある。特に2011-12シーズンには、彼の活躍もあり、ニューカッスル・ユナイテッドは5位でシーズンをフィニッシュしている。

クルルとニューカッスルとの契約は、2017年までとなっている。


GKについて、クルルという新たな候補が登場。もし出来ることなら、ガブリエルにそのままアッビアーティの後を任せたかったんでしょうが、それは無理だと判断したのでしょう。チャンピオンズリーグについては、そのガブリエルも登録されておらず、アッビアーティがダメで、アメリアも欠場という状況だと、最近全く出場のないコッポラ、もしくはガブリエルよりも若いプリマヴェーラのGKしかいなくなります。その点で、補強は必要なんでしょうが、クルルの最近のパフォーマンスと、現在のニューカッスルの6位という順位、残りの契約期間の長さなどを考えると、結構お金がかかりそうな気がします。本当に実現の可能性はあるんでしょうか。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

トリノ、ダンブロジオとのトレードで、ACミランのノチェリーノ獲得を狙う?

トリノ、ダンブロジオとのトレードで、ACミランのノチェリーノ獲得を狙う?

http://forzaitalianfootball.com/2013/12/torino-keen-on-ac-milan-midfielder/

トリノがACミランのミッドフィールダーであるアントニオ・ノチェリーノ獲得を検討していると報じられている。

トリノは、冬の移籍市場で、ミランに移籍するとみられるディフェンダーと引き換えに、28歳のノチェリーノを獲得しようとしている。

Sky Sport ItaliaのジャーナリストであるGianluca Di Marzioによると、トリノは、1月の移籍市場終了までにミランに加入する可能性が高まっているディフェンダーのダニーロ・ダンブロジオとノチェリーノの交換を狙っているとのことだ。

ベテランジャーナリストのDi Marzioによれば、ノチェリーノが、ダンブロジオのミラン移籍について、バランスをとる上でカギになる存在となる可能性がある。

ノチェリーノは、2011年、夏の移籍市場最終日に50万ユーロとされる移籍金でパレルモからミランに加入し、彼自身にとってのこれまでのキャリアハイである、セリエA10ゴールをあげるという、輝かしいシーズンをスタートさせた。

しかしながら、イタリア代表もあるノチェリーノの株は最近下がってきており、今シーズンは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督率いるチームにおいて、ごくわずかな出場のみにとどまっている。


トリノがノチェリーノ獲得に乗り出す。ノチェリーノ自身も、ミランでの出場機会の限界を感じているでしょうし、来年がワールドカップイヤーであることを考えると、移籍して出場機会を増やしたいという思いはあることでしょう。なお、トリノは、ノチェリーノではなく、エル・シャーラウィを狙っているという話もあります。彼もやはり出場機会を増やしたいでしょうから、レンタルであれば、絶対にありえないとは言えない話かな、という気もします。ただ、トリノとしては、現時点での戦力としてはノチェリーノの方が計算できそうだと考えるのではないでしょうか。もちろん、単なる予想にすぎませんが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】ドイツ・ビルト紙の記事「アリガトウ、オカザキサン!」の日本語訳

海外の反応】ドイツ・ビルト紙の記事「アリガトウ、オカザキサン!」の日本語訳

マインツ05の岡崎慎司が2ゴール1アシストの活躍をみせたことを受けて書かれた、ビルトの「Arigato, Okazaki-san!」という記事を目にしたので、ドイツ語は自信がないのですが、訳してみました。誤訳があれば、ご指摘ください。

http://www.bild.de/sport/fussball/mainz-05/arigato-okazaki-zan-33963052.bild.html

日本において、彼は以前からずっとスーパースターだ(73試合32ゴール)。土曜から、私たちは、日本人の考え方を理解できるようになった。自ら2ゴールを決め、1アシストをあげた。

ありがとう、岡崎さん!

この小さな日本人選手は、3-2で勝利したアウェーでのハンブルガーSV戦で、2ゴールを決め(今シーズンすでに3度目の1試合2ゴールだ!)、自らが考えていた以上の結果を残した。

「シーズン前、5ゴールをあげることができればいいと思っていたけど、その目標は達成したから、もっともっと点を取って行きたいよ!」

その爆発(シュトゥットガルトでは63試合10ゴールだったが、15試合ですでに8ゴールをあげている)の秘密について、岡崎自身はこう語っている。
「僕はクラシックなタイプのセンターフォワードで、監督のトゥヘルは僕をよく知ってくれている。これは重要だよ!」

シュトゥットガルトで、岡崎は主に左サイドでプレーしていた。トゥヘルは当初このポジションで彼を起用しようと考えていたことを認めている。
「私は、テストマッチなどで、前線での彼がいかに危険な存在であるかが分かった。彼はそのポジションで、自分への自信をつけることが必要で、それを手にすることができたのだろう。」


岡崎のファンであるトゥヘルは、こう続けている。
「彼のクオリティについて、我々はずっと確信していた。今の彼はコンディションが良く、自信を持っていて、なぜ我々が彼をぜひとも欲しいと考えていたのかを証明してくれているね!」

素晴らしいが、彼がブンデスリーガでの79試合目であげた2-1とするニコライ・ミュラーのゴールへのアシストは、彼にとって初めてのアシストだった! 岡崎はチームに奉仕する。慎司はこう述べている。
「ニコライに任せれば大丈夫だと確信していた。」

これが彼の最後のアシストになることはきっとないだろう…


岡崎については、マインツ移籍で本当に良い状況になっているな、と思います。インテルで長友がマッツァーリ監督に出会ったのと同様、相性の良い指導者との出会いというのは、選手にとって本当に重要なんだな、とあらためて感じます。岡崎は、日本代表では主に右サイドで起用されていますが、ダイアゴナルランで中央に飛び込んでいく動きを活かすようなパスをもっと積極的に狙っていってもいいのかもしれません。

なお、最初の方にある「73試合32ゴール」というのは日本代表での結果だと思うんですが、wikipediaをみると、72試合36ゴールとなっています。なぜだろう?

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、カリアリからナインゴランを獲得するため、金銭+クリスタンテの共同保有権をオファー

ACミラン、カリアリからナインゴランを獲得するため、金銭+クリスタンテの共同保有権をオファー

http://www.football-italia.net/43079/nainggolan-talks-after-cellino-outburst

マッシモ・チェッリーノが、ラジャ・ナインゴランは「間違いなく出て行く」と宣言したことを受け、ACミランは、ナインゴランの共同保有権獲得のためだけに、625万ユーロとブライアン・クリスタンテの保有権の半分をオファーしている。

カリアリのチェッリーノ会長は、1-1のドローに終わったナポリ戦後、スタディオ・サンテリーアの改修工事が続いており、5000人の観客しか収容できないことから、ジャーナリストに対して怒鳴った。

オーナーのチェッリーノは、このようにぶちまけた。
「ナインゴランは間違いなく出て行くことになるだろう。1月でなくても、明日にでも出て行ってくれて構わない。」

「6,7クラブが彼に興味を持っており、もう彼を引き留めることはできない。金の問題でもない。彼につけている評価額よりも低い額を提示されたとしても、彼は出て行くことになるだろう。もし、彼が出て行きたがらないとしても、私が彼を追い出すだろう。」

ここ数日、ミランがナインゴラン獲得に近づいていると報じられていたため、彼らにとってはその突破口が開いたことになる。

しかしながら、カリアリは700万ユーロに加え、10代のミッドフィールダーであるクリスタンテの共同保有権を要求しているのに対して、ミランは625万ユーロ以上を支払いたくないようだ。

わずかな差ではあるが、ユヴェントス、インテル、ローマ、フィオレンティーナ、マンチェスター・ユナイテッド、エヴァートン、マンチェスター・シティといったクラブがより高額なオファーを提示する余地が残っていることになる。

2014年ブラジルワールドカップでのベルギー代表メンバー入りを果たすため、ナインゴランにとって、ビッグクラブへの移籍はメリットがある。

過去、カリアリはナインゴランに対する数々のオファーを拒絶してきたが、チェッリーノは、1月に彼を引き留めることを諦めたようだ。


センターバックのアディル・ラミ、トップ下の本田圭佑に続き、守備的な中盤を補強しようと、ナインゴランの獲得に本格的に乗り出した模様。この記事が正しいとすれば、ミランの提示額とカリアリの要求額の差は、75万ユーロ=約1億円。この差を埋めて確実に決まるのであれば、払っちゃった方がいいと思うけどなあ。チェッリーノ会長は気まぐれな人なので、その気になっている時に決めてしまわないと、また一悶着起こりそうだし。

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによると、ミランとしては、カリアリに対して、クリスタンテの共同保有権を与え、レンタルすることで、育成を任せようという狙いもあるようです。また、ガゼッタの記事では、両チームにとってメリットになる取引であり、クリスマスブレイク終了後には決定するのではないか、と書かれていました。ムンタリは先日のダービーでの退場により、3試合の出場停止だし、ナインゴランはチャンピオンズリーグにも出場できるし、ミランにとっては良い補強になると思います。決まるかなあ?

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ニアン、1月からモンペリエにレンタルされることが決定

ニアン、1月からモンペリエにレンタルされることが決定

http://www.football-italia.net/43134/niang-montpellier

ACミランの若手選手、エムバイェ・ニアンは、今シーズンをフランスのモンペリエで終えることを認めた。

2012年にカーンからミランに加入した19歳のニアンは、1月にリーグ・アンで苦戦しているモンペリエにレンタルで移籍する。

ストライカーのニアンはこのようにコメントしている。
「モンペリエに加入することについては、とてもハッピーだ。マルセイユやリヨンからもオファーはあったけど、僕はモンペリエの役に立ちたいと思う。」

ニアンは、ミランで33試合に出場し、わずか1ゴールにとどまっている。

彼はこのように付け加えた。
ミランに加入したことについて、後悔は全くないよ。僕の野望は、もっと良い選手になってミランに帰ってくることだ。」


1月からニアンがモンペリエにレンタルされることが決定。この記事には書かれていませんが、6ヶ月のレンタルになるようです。現時点で、アッレグリ監督の構想には入っていないようなので、この方が彼にとって良い選択なんだと思います。個人的にはわりと期待している選手なんですが、結果を出していないのも事実ですし、成長して戻ってきて欲しいです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131223_1.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン レビュー

セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Inter_vs_AC_Milan_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン プレビュー

セリエA 2013-14 インテル vs ACミラン プレビュー

年内最後の試合がミラノ・ダービーという明らかに狙った日程。

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20131222_1.jpg

両チームをクリスマスツリーに見立てた、気合の入った紙面。けど正直見づらい。ので、見やすい方も。

gazzetta_snapshot_20131222_2.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セードルフ、来季からのACミラン監督就任にすでに合意?

セードルフ、来季からのACミラン監督就任にすでに合意?

http://www.football-italia.net/43034/seedorf-signs-milan-agreement

今晩、Sky Sport Italiaは、クラレンス・セードルフがACミランの次期監督になる予定であり、すでに仮契約にサインしていると報じた。

ミランでミッドフィールダーとしてプレーしたセードルフについては、今年の夏にマッシミリアーノ・アッレグリに代わって監督に就任するのではないか、との強い噂があったが、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、現監督の留任を選択した。

しかし、ミランの上層部は今シーズンの低迷ぶりに失望しており、来年の夏セードルフを招聘する予定だとみられている。

Skyは、元オランダ代表でもあるセードルフがすでに監督就任に同意しており、仮契約にサインしていると主張している。

アッレグリの立場は、ここしばらく不安定な状態であり、数ヶ月に渡って解任の可能性に関する噂がある。

アンドレ・ヴィラス・ボアスについても監督就任の噂がある。


またしても出てきました、セードルフという名前。プレーヤーとしてのセードルフは大好きだし、最近ブラジルでも元気にプレーしているようで何よりですが、監督としての実績はゼロ。この話を推し進めているのはベルルスコーニ会長のようですが、やはり彼が現場に直接口を出すとこういうことになるんですよねえ…。ただ、大成功する可能性だって完全に否定はできないわけで、やらせてみないと分からない部分もあります。それにしても、いきなりトップチームの監督っていうのはさすがに乱暴じゃないでしょうか

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、アッレグリ監督の後任としてヴィラス・ボアスにオファー?

ACミラン、アッレグリ監督の後任としてヴィラス・ボアスにオファー?

http://www.football-italia.net/43013/villas-boas-milan-link

The Timesは、今シーズン終了後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督に代わり、アンドレ・ヴィラス・ボアスを迎えることを検討していると報じている。

アッレグリは、ミランで4シーズン目を送っているが、現在の契約が6月に終了した後に、新たな契約をオファーされることはなさそうだ。

今月トッテナムから解任された、ヴィラス・ボアスがミランの仲介者とすでに接触しているのは明らかだが、彼は次の移籍先について考える時間を要求したようだ。

アッレグリは、今年の夏に解任されると考えられていたが、彼を慰留するよう、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長がオーナーのシルヴィオ・ベルルスコーニを説得した。

ミランはチャンピオンズリーグでベスト16に進んだが、セリエAでは非常に苦しんでいる。

ミランはチャンピオンズリーグ圏内まで勝点16という圧倒的な差をつけられ、10位に沈んでいる。

かつてのミランのスター選手であり、現在はプリマヴェーラで指揮をとっている、ピッポ・インザーギや、ボタフォゴのミッドフィールダー、クラレンス・セードルフにもACミラン監督就任の噂がある。


ヴィラス・ボアス…。あれだけの戦力を補強してもらって、あの成績なら解任もやむなしかな、と思うので、あまり良い評価はできません。若いっていうのは良いと思うんですけどね。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ゴール裏閉鎖処分に対するインテルの異議申立てが認められ、ミラノ・ダービーは通常通りに行われることに

ゴール裏閉鎖処分に対するインテルの異議申立てが認められ、ミラノ・ダービーは通常通りに行われることに

http://www.football-italia.net/43031/inter-roma-win-curva-appeals

週末に行われるACミランとのダービーマッチで、インテルがファンをゴール裏に入れられることが確定した。

インテルは、ナポリに対する「差別的な」チャントを行うという違反行為により、サン・シーロのウルトラスが陣取る部分を閉鎖することになっていた。

しかし、異議申立てを受け、連邦裁判所は、その試合でインテルのファンをゴール裏に入れることを許可すると認めた。

ローマもまた、同様の件についての異議申立てに勝訴し、週末のカターニア戦でゴール裏にサポーターを入れることができるようになった。


結局、週末のミラノ・ダービーは通常通りに行われることに。イタリアらしいといえば、イタリアらしい決着。こういう件に関しては、実際にその行為を行ったファンを特定して、そのファンに責任をとらせればいいと思うんですが、難しいんでしょうねえ。現在なら、カメラを設置したりして、特定できる環境を作ることは必ずしも不可能ではないと思うんですけれども。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

デ・ヨング:「本田圭佑は本当に良い選手だ」

デ・ヨング:「本田圭佑は本当に良い選手だ」

http://www.football-italia.net/42997/de-jong-impressed-honda

ACミランのミッドフィールダー、ナイジェル・デ・ヨングは、新加入の本田圭佑を賞賛し、日本代表の本田がチームにとってプラスになると主張している。

先週、ミランはCSKAモスクワからプレーメーカーである本田をフリートランスファーで獲得することを発表した。

オランダ代表の壊し屋であるデ・ヨングは、1月に本田が加入すれば、彼がチームを向上させるだろうと主張している。

木曜、デ・ヨングは、Google Hangoutでこのように語っている。
「本田は本当に良い選手だ。」

「先月対戦した時に、彼は僕に良い印象を残した。」

「本田はボール扱いが上手い。彼は良い左足を持っていて、どんなポジションからでも得点を狙える。」


デ・ヨングの本田圭佑。正直、彼がそんなに本田を観ているとは思えないので、ほぼ、先日の日本代表vsオランダ代表の試合での印象だけで話をしているとは思いますが、それでもチーム内に良いイメージを持ってくれている選手がいるというのは良いことです。

ダンブロジオ獲得のため、交換要員として、ビルサorサポナーラをレンタルで放出するという話も出てきており、本田には結構大きな期待がかかっていそうです。ただ、サポナーラは残して欲しいなあ…。獲得したばかりの若い選手をレンタルとはいえ、放出するのはあまり感心しません。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

インテルに対するミラノ・ダービーでのゴール裏閉鎖処分が覆される?

インテルに対するミラノ・ダービーでのゴール裏閉鎖処分が覆される?

http://www.football-italia.net/43002/inters-curva-closure-overturned

今日の午後、インテルのゴール裏が、日曜に行われるミラノ・ダービーで開放されるだろうと報じられている。

今週末、インテルは、宿敵であるACミランと対戦するが、当初、その試合は熱烈なウルトラからの応援なしで行われる予定だった。

インテルは、ナポリのサポーターに対する「差別的な」チャントを行うという違反行為を行ったため、サン・シーロのその部分を閉鎖するよう命じられていた。

しかし、信頼できるMilanelloというツイッターアカウントが木曜にツイートしたところによると、インテルはその対戦にウルトラスを呼ぶことができるようになったという。

ツイートはこのようなものだ。
「ミラノ県は開放に同意したが、連邦裁判所による審問が13:30から行われる。」


ゴール裏閉鎖の裁定が覆される可能性浮上。イタリアなので、さもありなんといったところでしょうか。ゴール裏に人がいないのはやっぱり異様な光景でさみしいので、個人的には開放されても特に問題はありません。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

アッビアーティ:「契約延長しなければ、今シーズン終了後に引退するだろう」

アッビアーティ:「契約延長しなければ、今シーズン終了後に引退するだろう」

http://www.football-italia.net/42995/abbiati-extend-or-quit

クリスティアン・アッビアーティは、ACミランと契約を更改しないのであれば、今シーズン終了後に引退するだろうと語っている。

36歳のアッビアーティは、今年の夏に1年の契約延長に合意したが、さらに1年の契約延長をオファーされるかどうかについては明らかになっていない。

GKのアッビアーティはこのように述べている。
「37歳の誕生日も近づいてるから、ケガをしやすくなるのは明らかだ。」

「それでも、クラブの意思には何だって従う。永遠に僕がファーストチョイスでなければならないなんて法律はないんだ。」

「しかし、ミランが辞めろというなら、僕は辞めると言うだろう。契約を延長しないのであれば、おそらく現役を引退するだろう。」

アッビアーティは、続けて、自らの代役となりうる選手についての質問を受けた。現在彼の控えGKを務めているガブリエルもしくはジェノアの若手GK、マッティア・ペリンのいずれかだ。

元イタリア代表のアッビアーティはこのように付け加えた。
「ガブリエルにはまだ成長が必要だ。彼はミスもあるが、それは活躍したいという気持ちのあらわれだ。」

ミランのゴールキーパーになるのは大変なことだが、例えば、僕の場合、ブーイングは耳に入らない。実際、それが僕に力を与えてくれる。」

「ペリン? 彼は良いプレーをしているが、まだ若いし、ミランには独特のプレッシャーがある。」

アッビアーティは1998年にミランとの契約をかわした。彼はユヴェントス、トリノ、アトレティコ・マドリーでもプレーしたが、2008年、ミランに復帰した。


今シーズンのプレーを観ていると、もう1シーズンくらいやれそうだとは思いますが、GKもいつかは世代交代をしなければなりません。ただ、現時点でガブリエル一人に任せるのが不安なのも事実。GKコーチも兼任くらいの感じで、もう一年選手契約をしてもいいんじゃないかな、と思います。昨シーズンも似たようなことを言っていた気がしますが。

もしアッビアーティがミランと契約延長しなければ、おそらく獲得に名乗りを上げるクラブはあるでしょう。年俸の問題はあるけど、昇格クラブなどにとっては、貴重な経験をもつベテランですし。そういうところとの契約を防ぐためにも、上述のような形態での契約はありかなと思います。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ガッリアーニ、ユース部門の強化を宣言

ガッリアーニ、ユース部門の強化を宣言

http://www.football-italia.net/42989/galliani-milan-future-youth

ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、ユースシステムを利用しないような余裕はないと強調した。

世界最高の選手を獲得するような資金力はもはやないため、ガッリアーニは、将来のスターを自前で育成する重要性をよく理解している。

ガッリアーニCEOはこのように語っている。
「クラブとしてはユース部門を発展させたいと考えており、また、ピッチの外でもそれを行いたいと考えている。」

「各チームにメンターがおり、学業の進捗状況についても監督している。ミランは常にユース部門を強化することを考えており、その進展に満足していると確証を持って言える。」

「ユース部門を、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長が就任した当時のようなものにしたいと考えている。」

「1986年には、アレッサンドロ・コスタクルタ、フィリッポ・ガッリ、パオロ・マルディーニ、フランコ・バレージ、マウロ・タソッティなどがおり、3度ヨーロッパの大会で優勝している。」

「我々はチームの補強もしていたが、ユース部門からも迎えることの出来る選手がいた。」

「現在、マッティア・デ・シーリョとアレッサンドロ・マトリの2名が我々のユース部門からトップに昇格している。彼らは成功を収めている。」

「アレッサンドロは、ピアチェンツァでデビューし、イタリアの複数のクラブを渡り歩いて、ミランに戻ってきた。マッティアは、クラブにとっても監督にとっても模範的な選手だ。ミランが彼にかけた資金はわずか1000ユーロだ。」

「残念ながら、海外には我々よりもはるかに潤沢な資金を使えるクラブがあるので、我々はユース部門を強化し続けなければならないんだ。これは我がクラブの使命だ。」

「我々がすぐにでも選手たちをファーストチームに昇格させねばならなくなる。それが私の求めるユース部門だ。」


今さら感が強い気もしますが、こういう発言をわざわざしなければならないって、よっぽど資金不足なんでしょうね。ただ、クリスタンテなんか、昇格させたわりには出番がないんですよねえ…。使いどころはあると思うんですが、アッレグリ監督の起用法だと基本的に先発メンバーをできるだけ固定して、交代も事前に決めた通りの交代しかないので、出番はどうしても限られてきます。試合勘の問題もあるので、実戦をできるだけ経験させないといけないんですけども。あと、ガッリアーニさん、現時点ではマトリは成功例じゃないと思います。少なくともミランに戻ってきてからのマトリについては特に。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次節のミラノ・ダービーは、サン・シーロのインテル側ゴール裏が閉鎖されることに

次節のミラノ・ダービーは、サン・シーロのインテル側ゴール裏が閉鎖されることに

http://www.football-italia.net/42938/inter-fans-banned-derby

規律委員会は、インテル、ローマ、ラツィオに対して、差別的なチャントを行ったとして、ゴール裏の観客席を閉鎖することを決め、ミラノ・ダービーにその閉鎖が適用される。

今シーズン中に、スタジアム全体を閉鎖するのではなく、スタジアムの一部の場所のみを閉鎖することができるようにルールが改定された。

今日、規律委員会は、インテル、ローマ、ラツィオに対して、5万ユーロの罰金に加え、ゴール裏の観客席を閉鎖することを発表した。ラツィオに対する裁定については、その執行が猶予される。

インテルの熱狂的なウルトラスが陣取り、スペクタクルな動きをみせる、Curva Nordが、来週のミラノ・ダービーでは空席になるため、インテルにとっては特に重要な裁定である。

インテルは、スタディオ・サン・パオロで行われ、2-4で敗れたナポリ戦での、ナポリに対する「差別的な」チャントについて処分を受けている。

インテルのファンは、繰り返し違反行為を行っていることから、インテルの2014年最初のホームゲームとなるキエーヴォ戦にもCurva Nordは閉鎖される。

また、14人の選手がセリエAの次節で1試合の出場停止処分を受けることになった。中でも注目は、リッキー・アルヴァレスとリッカルド・モントリーヴォがミラノ・ダービーを欠場することだ。


出場停止処分を受ける選手は以下の通り。

ロッセティーニ(カリアリ)、スポッリ(カターニア)、クアドラード(フィオレンティーナ)、アルヴァレス(インテル)、アンデルソン(ラツィオ)、ダンカン(リヴォルノ)、モントリーヴォ(ミラン)、カッサーノ(パルマ)、デ・ロッシ(ローマ)、ガッビアディーニ(サンプドリア)、マグナネッリ(サッスオーロ)、ファルネルド(トリノ)


ミラノ・ダービーは、ゴール裏にインテルサポーターがいない状態で行われることに。ちょっとさみしい。また、インテルのアルヴァレスとミランのモントリーヴォが出場停止。これもさみしい。ポーリに頑張ってもらおう。トップ下にはサポナーラを使ってみてもいいと思うんだけど、多分マトリを先発させるんだろうなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、トリノのサイドバック、ダンブロジオ獲得に近づく?

ACミラントリノのサイドバック、ダンブロジオ獲得に近づく?

http://www.football-italia.net/42939/milan-beat-roma-dambrosio

ACミラントリノのサイドバックであるダニーロ・ダンブロジオ獲得にかなり近づいていると報じられている。ダンブロジオは来年6月に契約切れとなる。

ダンブロジオが契約更改を拒否したことから、トリノはすでに、ダンブロジオを1月に売却する予定であることを認めている。

冬のマーケットで彼を獲得する候補としてはローマが最有力だとみられており、フィオレンティーナも彼に興味を示していたが、Sky Sport Italiaによると、ミランがその両チームをリードしているとのことだ。

同じく1月に加入することになっている本田圭佑と違い、ダンブロジオは、チャンピオンズリーグに出場することができる。

日本代表でもある本田は、12月31日に契約切れを迎え、フリートランスファーで、CSKAモスクワからミランに移籍することになっている。


ダンブロジオは25歳のサイドバックで、今シーズンは主に左サイドバックとして14試合に出場、2ゴールをあげています。ミラン戦でも先制ゴールを決めてますね。確かに今シーズンの不安定な守備を考えると補強は必要なんだろうと思います。センターバックについては、アディル・ラミの獲得がすでに決まっているので、サイドバックが必要なんですかね。ダンブロジオは右サイドバックもできるので、獲得できるものならば、良い補強になりそうです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 ACミラン vs ASローマ ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2013-14 ACミラン vs ASローマ ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131217_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 ナポリ vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 ナポリ vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131216_1.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 ACミラン vs ASローマ レビュー

セリエA 2013-14 ACミラン vs ASローマ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

AC_Milan_vs_Roma_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

セリエA 2013-14 ナポリ vs インテル レビュー

セリエA 2013-14 ナポリ vs インテル レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Napoli_vs_Inter_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

本田圭佑に関するガゼッタ・デッロ・スポルトの記事の訳 2013年12月14日付紙面より

本田圭佑に関するガゼッタ・デッロ・スポルトの記事の訳 2013年12月14日付紙面より

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトの紙面より。

gazzetta_snapshot_20131214_1.jpg

10番をつける本田圭佑に対して、ACミランでこれまでに10番をつけた選手を、スキアフィーノ、リヴェラ、フリット、サヴィチェヴィッチの写真を用いて紹介しています。

記事の中身はこの記事とほぼかぶっているんですが、肖像権に関することが出てきているので、本田に関する部分を訳してみました。本当にほぼかぶっているんで、読んでもほとんど新しいことは出てきませんが…。

内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ガッリアーニ、背番号10は本田圭佑自身の希望であることを明らかに

ガッリアーニ、背番号10は本田圭佑自身の希望であることを明らかに

http://www.football-italia.net/42768/%E2%80%98honda-asked-milan-no-10%E2%80%99

アドリアーノ・ガッリアーニは、1月に加入する本田圭佑が、ACミランの10番のユニフォームをはっきりと希望してきたと語っている。

ガッリアーニは、昨日、日本代表の本田がCSKAモスクワとの契約終了後、サン・シーロにやってくることを認めた。

金曜、ガッリアーニCEOは、レガ・カルチョ本部前でこのように語った。
「彼は10番のユニフォームを希望し、我々は喜んでそれを受け入れた。」

「彼は素晴らしい選手で、これまでずっと良いプレーを続けてきた。今は日本にいるが、12月30日には我々と合流することになっている。」

「彼とは、2017年6月に終了する、3年半の契約を結んだ。」

ガッリアーニはまた、ミランはベスト16に進出したものの、ユヴェントスとナポリはヨーロッパ・リーグに回ることになった、チャンピオンズリーグについても質問を受けた。

ガッリアーニはこう付け加えている。
「チャンピオンズリーグに残っているイタリアのクラブは我々だけだ。その大会が我々のDNAの中にあるんだ。歴史が証明している。UEFAランキングでトップ10に入っているイタリアのクラブは我々だけだ。」

「将来的には、ポルトガルと争わなければならなくなるだろう。」

「イスタンブールでのユヴェントスの試合について? 延期すべき試合だったと思う。あのピッチでサッカーはできないよ。」


10番は本田自身の希望であることが判明。それにミランが応えてくれたことがとても嬉しいです。合流の時期も発表されました。クリスマスブレイク後の練習再開時に合流ということになりそうです。あと2週間ちょっとか…。10番のユニフォームを手に持って、ガッリアーニと一緒にいる本田の姿がみられるわけですね。また、現在日本に滞在しているのは、移籍に関する手続きが目的のようです。

なお、記事中のガッリアーニのコメントについては、よく意味が分からない部分があったので、こちらの記事も一部参考にして、訳しています。

http://forzaitalianfootball.com/2013/12/ac-milan-chief-reveals-honda-transfer-details/

http://www.lapresse.it/sport/calcio-serie-a/galliani-su-honda-aspettative-alte-importante-che-italiane-facciano-bene-in-europa-league-1.433517

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】本田圭佑のACミラン加入に対する反応 英語掲示板より

海外の反応本田圭佑のACミラン加入に対する反応 英語掲示板より

本田圭佑のACミラン加入が正式に発表され、少し時間が経ちました。メディカルチェックもまだ終了しておらず、個人的にはまだ実感がわかないところもあるんですが、反応が出てきているので、少し訳してみました。

今回はこちらの掲示板より

http://forum.acmilan-online.com/index.php

内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

エル・シャーラウィ、アヤックス戦で負傷し、2,3週間の欠場に

エル・シャーラウィ、アヤックス戦で負傷し、2,3週間の欠場に

http://www.football-italia.net/42752/el-shaarawy-out-three-weeks

ACミランは、ステファン・エル・シャーラウィがアヤックス戦で足を負傷し、2~3週間欠場することになると発表した。

フォワードのエル・シャーラウィは、左足の微細損傷により、数ヶ月欠場しており、昨晩のチャンピオンズリーグのアヤックス戦で同じ箇所を痛めた。

検査の結果、新たな損傷はみつからなかったが、以前痛めた箇所の炎症が発見された。

エル・シャーラウィは、2~3週間欠場し、Niek Van Dijk医師による診断を受けるため、アムステルダムを訪れることになっている。

その結果、エル・シャーラウィの2013年は終了し、新年までプレーしないことになる。

彼のシーズンにはここまでケガがつきまとっており、セリエAとチャンピオンズリーグとそのプレーオフを含め、7試合にしか出場していない。


エル・シャーラウィ、またしても負傷。残念ながら、年内はもうプレーできず。ということで、来週月曜のローマ戦、そして、22日に行われるインテルとのミラノ・ダービーは彼抜きで戦うことになりました。厳しい…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131212_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。