赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンパウロの副会長、カカの移籍について『合意している』と語る

サンパウロの副会長、カカの移籍について『合意している』と語る

http://www.football-italia.net/51316/kaka-orlando-and-sao-paulo-agreed

サンパウロは、リッキー・カカがACミランを退団してオーランドシティに移籍し、ブラジルでレンタル期間を過ごすことに関して「我々は合意に達している」と認めた。

ブラジル人のカカとミランとの契約には、ミランがチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなければ、退団することができるという条項が含まれている。

カカはそれを活用するかどうかで悩んでいたが、その締め切りが近づき、彼がミランを退団することは確実な情勢となってきたようだ。

サンパウロの副会長であるAtaide Gil Guerreiroは、Redacao SporTVに対してこのように述べている。
「60日間の交渉の末、我々は合意に達しているが、まだ契約書へのサインは必要だ。」

「少なくとも、全当事者に関する問題は全て解決済みだ。当事者とは、ミラン、MLS、オーランドシティ、カカ、そしてサンパウロのことだ。」

オーランドシティは、2015年3月以降にしかMLSでプレーできないため、しばらくの間、カカはレンタルでサンパウロに在籍することになる。

「彼はまずMLSと契約することになる。MLSでは、選手と契約するのはリーグで、その後、クラブが3人選択することになっているからだ。オーランドシティはカカを選択することになる。」

「カカはオーランドシティ移籍前にメディカルチェックを受け、サンパウロに6ヶ月間レンタルされる。」

「カカは故郷への復帰に非常に感情が高まっており、コンディションも良い。大きなモチベーションを持ってサンパウロにやって来るよ。」


サンパウロの副会長がカカのミラン退団を明言。まあ、時間の問題だったので、仕方ない。ミランとしては、カカに代わる存在を探すのか、それとも既存の戦力に頼るのか、考えねばなりません。結局、ターラブト、ラミの買取も滞ってるし、本当に資金がないんでしょうねえ…。ワールドカップ期間中で動きにくいというのもあるんでしょうが。一応、今日が6月30日で、今日で契約終了という選手も多いから、この後は動きも少し活発になるかなあ。

そう言えば、メキシコ代表が、オランダ代表に土壇場で逆転されて、残念ながらベスト16で敗退という結果になりました。ロッベンが獲得したPKについては…、まあ、色々と意見があると思います。ドス・サントスの先制ゴールは素晴らしかったです。メキシコ代表について、以前、ミランがGKのオチョアを狙っているという噂があり、その時には正直『微妙』と思っていたんですが、今回のワールドカップでは大活躍。敗れたにもかかわらず、このオランダ戦でもFIFA公式サイト選出のマン・オブ・ザ・マッチになっています。フリーだし、獲得できるものならば、獲得してもいいのかも。今回の活躍で競争は激しくなったと思いますけども。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バロテッリ、ライオラ代理人の新戦術によりユヴェントス移籍?

バロテッリ、ライオラ代理人の新戦術によりユヴェントス移籍?

http://www.football-italia.net/51252/balotelli-juventus-free

トゥットスポルトは、マリオ・バロテッリが投資集団によってACミランから買い取られ、ユヴェントスにレンタルされる可能性があると報じている。

ストライカーのバロテッリは、失敗に終わったワールドカップと彼に向けられた批判の数々を受け、自らの将来について再考している。

ACミランのバルバラ・ベルルスコーニ共同CEOは、バロテッリが「替えのきかない存在ではない」と宣言し、彼がこの夏にミランを退団するという報道に拍車をかけている。

トゥットスポルトによると、その回答は、南米ではよく用いられている手段であるが、イタリアサッカー界にとっては革命的な戦術となる可能性があるという。

それは、代理人のミノ・ライオラが、投資集団の支援を得て、バロテッリの契約を買い取り、その後彼をユヴェントスにレンタルするという方法だ。

この方法で、彼が成長し、自らの価値を高めることを期待しているようだ。

トゥットスポルトは、金曜、ライオラがすでに、ユヴェントスのディレクターである、ベッペ・マロッタ、ファビオ・パラティチとミラノで会談を行ったと報じている。

しかし、同紙はまた、アントニオ・コンテ監督は、バロテッリがハードワークを信条とする彼のチーム倫理にフィットしないと考えており、この考えに乗り気ではないとも報じている。

イタリア代表の「大御所」、中でも、バロテッリがユヴェントスのロッカールームによくない態度を持ち込むことを望まない、ジジ・ブッフォンについても、問題が生じる可能性がある。


バロテッリの移籍について、ずいぶんとトリッキーな話が出てきました。最近、南米、中でもブラジルでは、スポーツ専門の投資集団が選手の保有権を買い取り、肖像権など様々な方法で利益を得るという形が増えてきているらしいです。ミノ・ライオラもブラジルの主要な投資集団に一枚噛んでいるようで、イタリアにその方式を持ち込もうという気なのかもしれません。もっと言えば、イタリアを足がかりにヨーロッパにその方式を持ち込みたいのかも。ライオラならそのくらいのことは考えかねない。でも、正直なところ、ユヴェントスがバロテッリを受け入れるとは思えないなあ…。メリット・デメリットを比較した時に、バロテッリが持ち込みかねない軋轢によるデメリットの方が大きいような気がするし。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

カカ、ミラン退団&オーランドシティ移籍がほぼ決定? 火曜にも発表か?

カカ、ミラン退団&オーランドシティ移籍がほぼ決定? 火曜にも発表か?

http://www.football-italia.net/51263/report-kaka-orlando-sao-paulo

リッキー・カカについて、火曜にオーランドシティ加入が発表されるが、6ヶ月間はサンパウロで過ごすだろうと、報じられた。

ブラジル人のカカとACミランとの契約には、ミランがチャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、退団を許可するという条項が含まれている。

カカは、この法的な抜け道を利用するかどうか躊躇しているが、ESPNによると、すでに決断しているようだ。

カカは、7月1日の火曜に、メディカルチェックを受け、契約にサインした後、フロリダでお披露目され、オーランドシティの選手として正式に発表される予定だと報じられている。

オーランドシティは、2015年3月までMLSに加入しないため、カカは、最初の6ヶ月間、最初に所属したクラブであるブラジルのサンパウロにレンタルされる予定だという。

一方、ミランは、カカの年俸により浮いた金額をヴェローナの若手有望株であるフアン・イトゥルベへのオファー資金とするようだ。


カカのオーランドシティ移籍がかなり確実な情勢に? やはり、カカの契約に含まれている条項は、フリーでの退団を許可するというもののようで、ミランに移籍金は入らないらしい。カカ自身がそれを望むのであれば仕方ないと思います。ミランがカカをつなぎとめられるクラブじゃなくなっているという事実を含め、かなり寂しいですけど。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs ウルグアイ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs ウルグアイ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140625_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs コロンビア代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs コロンビア代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Group_C_Japan_vs_Colombia_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

セードルフ、ミランとの法廷闘争のため、すでに弁護団を結成?

セードルフ、ミランとの法廷闘争のため、すでに弁護団を結成?

http://www.football-italia.net/50967/seedorf-ready-fight-milan

今日、ガゼッタ・デッロ・スポルトは、クラレンス・セードルフがACミランから最低でも1000万ユーロの賠償金を引き出そうと決意していると報じた。

38歳のセードルフは、ミランに監督として復帰するために1月に現役を引退したが、不安定な6ヶ月を過ごし、この夏にその職を解かれることとなった。

残り2年の契約では、課税前の額で1000万ユーロを支払うことになっているが、ミランとセードルフは、その契約解除条件について合意に達することができず、現在セードルフは、事実上有給休暇のような状態になっている。

ガゼッタ・デッロ・スポルトが今日報じたところによると、セードルフがワールドカップ解説者としてのテレビの仕事を終え、イタリアに戻って来次第そのような状況は続かなくなるだろうとのことだ。

セードルフはすでにアメリカ人とイタリア人によって構成された優秀な弁護団を結成しており、セードルフとミランの争いは、法廷闘争に持ち込まれると、ガゼッタは予想している。

セードルフはまた、契約に基づく給与だけではなく、「道徳的・物質的損失」についても賠償を求める方針だと報じられている。


セードルフ、全力で法廷闘争に持ち込むつもりのようです。当然の権利なので仕方ありません。最終的に裁判によって決着するかどうかはさておき、給与分は、少なくとも基本給に関して、払わざるをえなくなるでしょう。そこから先は司法の判断なので、どうなるか分からないけど、あまりこういうのが長引くとセードルフが今後監督をやっていこうと思っているんなら、将来雇おうと考えるクラブに対してマイナスのイメージを与えかねないので、そのへんも考えてどこかで妥協点を探ってくるだろうとは思います。ミランのフロントだってベテランだから、長期契約を結ぶことの危険さは認識しているだろうに、どんぶり勘定でいろんなことをやっていた感覚がまだ抜けないんでしょうか。しかも、セードルフは、監督経験ゼロだったんだから、こういうことも十分に予想されたのにねえ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バルバラ・ベルルスコーニ:「バロテッリは替えのきかない存在ではない」

バルバラ・ベルルスコーニ:「バロテッリは替えのきかない存在ではない」

http://www.football-italia.net/50940/berlusconi-balotelli-not-irreplaceable

ACミランのバルバラ・ベルルスコーニ共同CEOは、「マリオ・バロテッリは替えのきかない存在ではない」と警告するとともに、カカが退団する可能性と、フアン・イトゥルベに関する交渉についても語った。

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長の娘であるバルバラ・ベルルスコーニは、Milan Cruiseの就航に際し、記者団に対してこのように語った。

今日、アーセナルとナポリがバロテッリの獲得に強い熱意を持っていると報じられたことを受け、バルバラは彼に関する質問を受けた。

「バロテッリは素晴らしいプレーヤーであり、イタリアが誇る真の才能であるが、替えのきかない存在などいない。何が起こるかについては、今後見守っていくことになるだろう。」

リッキー・カカの契約には、6月30日までに退団することができるという条項が含まれていることから、彼についても疑問符がついており、サンパウロや、MLSのオーランドシティへの移籍が取り沙汰されている。

「カカはミランで歴史を作ってきたし、彼が本当に落ち着いた状況で今回の重要な決断をしなければならないことは分かっている。残留してくれれば嬉しいが、彼が退団を希望する可能性についても考慮に入れておかねばならない。」

バルバラは、エラス・ヴェローナのフォワード、フアン・マヌエル・イトゥルベへのオファーに関する報道を認めた。イトゥルベの移籍金は、2500万ユーロと噂されている。

彼女は、プレスカンファレンスでこのように述べている。
「アドリアーノ・ガッリアーニと父がその件で動いている。我々は、非常にしっかりしたクラブであり、収入という点では、ヨーロッパでもベストに入っている。」

「父がまだミランに対する投資を望んでおり、以前以上に強いチームにするために再建しようとしていることは確証を持って言える。2019年と2020年の間には、ミランが新たなスタジアムを確保できることを望んでいる。」

今シーズン、ミランは、短命に終わったクラレンス・セードルフに代わり、ピッポ・インザーギをプリマヴェーラから昇格させる形で新監督を迎えることとなっている。

「ピッポは、勝者のメンタリティを持っており、彼が良い仕事をしてくれるであろうことは間違いないと思っている。我々の目標は、チャンピオンズリーグに返り咲くことであり、彼の熱意がチーム全体に伝わることを期待している。」

「セードルフは、困難な状況の中でクラブにやって来た。よくやってくれたし、彼の将来に幸多からんことを祈っている。」


バルバラ・ベルルスコーニ、色々と語る。バロテッリについては、金額次第では、あっさり放出の方向なんだろうなあ。計算できるフォワードを確保するのは難しそうだから、あまり良いことだとは思えないんだけど、ミランとしては、現金が欲しくて仕方がないんでしょう。イトゥルベについては、マジで動いているようです。繰り返しになるけど、良い選手ではあっても、2500万ユーロは高くないでしょうか? その額が使えるなら、もっと他にやるべきことがあるような気がします。

カカについては、退団の方向で話が進んでいる感じ。サンパウロの会長もカカがミランを退団する可能性はかなり高いと発言しています。オーランドシティの方もカカの獲得についてあとは詳細な条件を決めるだけというような話をしているようで、外堀がだいぶ埋まってきたようにみえます。最終的にはカカ自身が決めることですし、彼がミランに残してきたものを考えると、カカの気持ちを最大限に尊重した結果なら、どんなものでも受け入れるしかありませんね。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs コスタリカ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs コスタリカ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140621_1.jpg

試合結果、何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

【海外の反応】2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs ギリシャ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

海外の反応】2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs ギリシャ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点。右の方にまとめて書かれています。

gazzetta_snapshot_20140620_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs ギリシャ代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループC 日本代表 vs ギリシャ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Group_C_Japan_vs_Greece_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

アーセナル、バロテッリに対して年俸1100万ユーロを提示?

アーセナル、バロテッリに対して年俸1100万ユーロを提示?

http://www.football-italia.net/50761/arsenal-offer-balotelli-%E2%82%AC11m-year

アーセナルのマリオ・バロテッリとの結びつきが次第に強まってきており、今日、同クラブが年俸1100万ユーロ[約15億円]でのオファーを提示する準備をしていると報じられた。

ここ数週間、この夏に23歳のバロテッリ獲得に動く可能性のあるクラブの筆頭として、アーセナルの名前が挙がってきており、ACミランは適正な額であれば、バロテッリの移籍を容認するとみられている。

3000万ユーロ程度とみられる評価額が問題の中心であるとみられ、バロテッリの代理人も移籍の可能性を完全に排除はしていない。

昨日報じられたところによると、アーセナルは、移籍交渉に関して、ミノ・ライオラとの話し合いを始めており、夏の移籍に関する金銭面での実行可能性についても検討しているようだ。

今日、複数のイギリスメディアは、アーセナルがイタリア代表のバロテッリに対する年俸額を提示したと報じた。

プレミアリーグのアーセナルは、バロテッリに対して、週給18万ポンド(約22万5000ユーロ[約3100万円])を準備しており、年俸は1100万ユーロを超えることになる。バロテッリのミランでの年俸は課税後の額で400万ユーロとみられている。

一方、トゥットスポルトは、アーセナルが、バロテッリ獲得に費やす金額を下げるために、交渉にフォワードのジョエル・キャンベルを含む可能性があると報じている。


アーセナルがバロテッリ獲得に動くというニュースが本格的に報じられるようになりました。イギリスメディアなので、飛ばしである可能性も存分にありますが、この提示額が真実であれば、正直ミランには太刀打ちのできない額です。選手は金銭だけで動くものではないと思いますが、さすがにこれだけ年俸額に開きがあるとなあ…。諸々考えると、バロテッリの放出は結果的にマイナスにしかならないような気もするので、できることなら残って欲しいんですが…。

アーセナルが交渉要員として考えているという、ジョエル・キャンベルは、コスタリカ代表のフォワードで、今回のワールドカップにも参加中。コスタリカ代表の初戦となったウルグアイ代表戦では、0-1とリードされていた後半54分、同点ゴールをあげ、その後の逆転勝利のきっかけを作っています。まだ21歳であるにもかかわらず、すでに代表34キャップで、10ゴール。2011年にアーセナルに移籍したものの、ワークパーミットが取得できず、フランスのロリアン、スペインのレアル・ベティスにそれぞれ1シーズンずつレンタル。2013年7月に、ワークパーミットを取得したものの、昨シーズンはオリンピアコスにレンタルされていました。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦、ファーストレグで得点をあげてましたね。このように極めて有望な存在ではありますが、イタリアでの経験は当然ゼロですし、ミランとしては基本的に現金が欲しいはずで、選手+金銭という形に乗るかどうかは微妙。

そういえば、明日は偶然、イタリアとコスタリカの一戦が行われます。バロテッリの活躍に期待しつつ、キャンベルもしっかり観てみよう。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140615_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ヴェローナのイトゥルベに2500万ユーロのオファーを提示?

ACミランヴェローナのイトゥルベに2500万ユーロのオファーを提示?

http://www.football-italia.net/50502/milan-make-%E2%82%AC25m-iturbe-bid

ACミランヴェローナの若手選手である、フアン・イトゥルベ獲得に、移籍金2500万ユーロのオファーを提示しているが、ローマやユヴェントスなどとの競争に直面することになるだろうと報じられている。

アルゼンチン代表経験もあるイトゥルベに関しては、1シーズンのレンタル期間を終え、買取権を行使したヴェローナが現在その保有権を持っている。

しかしながら、今シーズンのパフォーマンスによりその評価額が高騰したため、イトゥルベが[ヴェローナのホームスタジアムである]スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディに残留することはないと考えられている。

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによると、ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長がイトゥルベに対する2500万ユーロのオファーに許可を与えたようだ。

21歳のイトゥルベは、ジェレミー・メネズとアレックスに続く加入選手として、ピッポ・インザーギ新監督にとっての巨額な投資となりそうだ。

ローマとユヴェントスもイトゥルベに引き続き関心を持っており、また、ヨーロッパの複数クラブも若手フォワードのイトゥルベに注目しているとも報じられている。


ミランがイトゥルベに2500万ユーロのオファーを用意する?との報道。イトゥルベはパラグアイで育ち、パラグアイ代表でのプレーも1試合経験したものの、パラグアイ協会と揉め、結局アルゼンチン代表でのプレーを選択した、左利きのアタッカーで21歳。2013-14シーズンはヴェローナで33試合8ゴールという結果を残す。確かに良い選手だとは思うけど、2500万ユーロっていうのはちょっと高すぎませんかね? メネズも獲得したんだし、エル・シャーラウィだっているし、その額を払ってまで獲得する必要があるとは思えないんですが、どうでしょうか。それだけ払えるなら、もっと確実に計算できる選手が買えそうだしなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

モナコ、バロテッリ獲得のために3000万ユーロのオファーを用意?

モナコ、バロテッリ獲得のために3000万ユーロのオファーを用意?

http://www.football-italia.net/50476/monaco-offer-%E2%82%AC30m-balo

ACミランが、マリオ・バロテッリに対するモナコからの3000万ユーロのオファーに備えていると報じられている。

今日の午後、BeIn Sportsが明らかにしたところによると、ミランはイタリア代表のバロテッリに対する、フランスのモナコからの多額のオファーに備えているようだ。

金曜、トゥットスポルトは、ミランがバロテッリとラダメル・ファルカオとのトレードを望んでいる可能性があると報じていた。

しかし、アル・ジャジーラが所有するTV局であるBeIn Sportsは、コロンビアのストライカーであるファルカオがチャンピオンズリーグに出場できるクラブへの移籍を希望していることから、リーグ・アンのモナコには元マンチェスター・シティのバロテッリに対して多額を投じる用意があると報じている。

ファルカオは、リーグ・アン移籍後6ヶ月で十字靭帯を損傷し、ワールドカップ出場を断念するなど、モナコでは厳しい時期を経験している。

元アトレティコ・マドリーのファルカオは、フランスからの脱出を希望しているとみられるが、ミランではなく、チャンピオンズリーグ出場権を持つチームを希望しているようだ。

それでも、モナコのバロテッリに対する関心が途絶えたわけではなく、ワールドカップ後に彼を獲得するために、総力を尽くすそうとしているようだ。


モナコがバロテッリ獲得のために3000万ユーロを用意?というニュースミランとしてはこの金額なら放出も考えるかもなあ…。ただ、前にも書いたと思うけど、もしバロテッリを放出するなら、その分を補う必要があるわけで、結局はその移籍金を補強に回さなきゃならないし、当然お金を使ったからって確実にその穴を埋められるわけでもない。そう考えると、バロテッリを確保しておいた方が得という可能性も十分にあり。最終的には首脳陣の判断に任せるしか無いけど、大してあてにならないからなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Group_D_England_vs_Italy_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ジェレミー・メネズのACミラン移籍が正式に決定

ジェレミー・メネズのACミラン移籍が正式に決定

http://www.football-italia.net/50513/official-menez-signs-milan

予想されていた通り、ジェレミー・メネズが正式にACミランと3年契約を結んだ。

フランス人ウィンガーであるメネズは、パリ・サンジェルマンとの契約が満了となることから、フリーエージェントでの移籍を完了するために、今週ミラノ入りしていた。

彼はメディカルチェックを受け、今日、ミランはメネズが3年契約を結んだという声明を発表した。

「ジェレミー・メネズはロッソネロの選手となりました。彼は2017年6月30日までの契約を結びました。ようこそ、ジェレミー!」


メネズのミラン移籍が正式に決定。基本的にサイドアタッカーな彼ですが、インザーギ新監督はどういう風に起用するつもりなんでしょうか。エル・シャーラウィが開幕の時点で万全なコンディションであれば、左サイドは決まりでしょうから、やっぱり右で使うのかな。来シーズンはワールドカップ後なので、コンディション的に、彼のようにワールドカップに行っていない選手が貴重な存在となります。とりあえず来シーズンに向けてコンディショニングに努めて欲しいです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 プレビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20140614_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループB スペイン代表 vs オランダ代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループB スペイン代表 vs オランダ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Group_B_Netherland_vs_Spain_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ACミラン、クリスタンテに対するベンフィカからのオファーを拒否

ACミラン、クリスタンテに対するベンフィカからのオファーを拒否

http://www.football-italia.net/50419/milan-reject-benficas-cristante-bid

ACミランは、イタリアとカナダにルーツをもつミッドフィールダー、ブライアン・クリスタンテに対する、ベンフィカからの300万ユーロでのオファーを拒否したことを認めた。

代理人であるGiuseppe RisoはIl Sussidiarioに対して、このように語っている。
「彼はミランが売却したくない若手の才能ある選手のひとりであり、したがって、ミランに残留する。」

「ベンフィカが300万ユーロのオファーをミランに提示してきたのは事実だが、クラブは無条件にその売却を拒否した。彼はマーケットに置かれてはいないんだ。」

アドリアーノ・ガッリアーニCEOもまた、ポルトガルの強豪、ベンフィカからの申し出についてコメントしている。

彼はTuttoMercatoWebに対してこのように述べている。
「クリスタンテは、間違いなくミランに残留する。」

「彼らは何度もポルトガルから電話をかけてきたが、彼は売却の対象ではないと言い続けた。我々がミランのユースアカデミーの産んだ素晴らしい選手をさらに売ることはない。」


クリスタンテの残留が決定的に。一安心。モントリーヴォのケガも影響があったんじゃないかと思います。個人的に、クリスタンテには、将来ミランの柱になって欲しいと思っているので、本当に良かったです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

メネズ、ミランを選択した理由を語る

メネズ、ミランを選択した理由を語る

http://www.football-italia.net/50397/menez-ibra-thiago-prompted-me

ACミランは、ジェレミー・メネズがメディカルチェックのためにクラブを訪れていることを発表し、彼自身もミランを選択した理由について語った。

フランス人のメネズは、パリ・サンジェルマンからのフリーでの移籍を完了させるために、昨晩現地入りした。

今日、ミランは、27歳のメネズがLa Madonnina medical centreに到着した時の姿を掲載し、ウィンガーのメネズがすでに同様の移籍を完了させているアレックスと同じ手続を踏むことになると発表している。

昨晩もメネズは移籍について簡単な声明を発表していたが、今日ミランチャンネルのインタビューに応じている。

かつてローマでプレーしていたメネズは、クラブの広報との会話の中でこのように説明している。
「ここにいられてとてもハッピーだ。」

「僕がミランを選んだのは、昨シーズンが厳しいものだったとはいえ、ミランはミランだからだ。偉大な存在に戻り、何か重要なものを勝ち取りたいと思っている。」

「インザーギ監督は来季にかけており、ミランで成功したいと考えていると思う。彼は選手として多くのものを勝ち取ってきたし、監督としても勝利をテにしたいと考えているんだ。」

メネズは、2年前のズラタン・イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウヴァと逆方向に移籍することになる。

「イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウヴァは、ミランについて良い話ばかりしていたし、ミランを離れたことを後悔してもいた。彼らがするのはいつも良い話ばかりだったし、彼らの言葉によって僕がここに来たのも確かだ。」

「僕のポジション? ここ3年のうち2年は、前線でプレーしていて、中央も左右のサイドもやっていた。監督次第だから、僕がどこでプレーすることになるかは、その時になってみないと分からないね。」

「僕が最優先するのはミランだ。僕たちは、セリエAで3位以内に入らなければならないし、セリエA優勝も狙っていくよ。」

「一生懸命努力して、その後どうなるかはその時にみてみよう。今シーズンは良い戦いができることを期待している。」

「ファンには、フィールドに全てを捧げることを誓う。そして、ミランにタイトルをもたらせることを期待してる。このクラブはそれに値するクラブだからね。」

「ファンにはくれぐれもよろしくと伝えておきたい。」


メネズのミラン移籍の背景には、イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウヴァの言葉が。いつかは戻ってくるんでしょうか、あのふたり。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、メネズ獲得がほぼ確実な状況に 木曜にメディカルチェックの予定

ACミラン、メネズ獲得がほぼ確実な状況に 木曜にメディカルチェックの予定

http://www.football-italia.net/50386/menez-happy-join-milan

ジェレミー・メネズは、ACミランへの移籍をまとめるためにミラノに到着し、ローマ時代よりも「大幅に成長している」と断言した。

フランス人のメネズは、今晩、リナーテ空港に到着し、アドリアーノ・ガッリアーニCEOの出迎えを受けた。ガッリアーニは、明日の朝に行われるメディカルチェック前に、彼と夕食を共にする予定となっている。

27歳のメネズは、MilanNews.itに対して、このように語っている。
「とても嬉しいし、パリ・サンジェルマンでやっていたのと同じように、常に勝っていきたいと思っている。」

「なぜミランなのかって? 素晴らしいチームであり、素晴らしいクラブだからだ。ここでうまくやっていきたい。まだ、ミランのフランス人選手とは全く話をしていない。」

2008年から2011年までローマに在籍していた際には、不安定なところのあったメネズであるが、パリ・サンジェルマンとの契約が切れたたため、フリーエージェントでの移籍となる。

「ローマ時代と今のメネズの違い? それはピッチ上でお見せできるだろう。4年前に比べて、僕は大幅に成長しているし、フィールドでそれを証明したいと思っている。」


メディカルチェックを残してはいますが、メネズの移籍がほぼ決定という状況に。基本的に右サイドを得意とするアタッカーという印象。やっぱりインザーギ監督としては、3トップか、それに近い形がやりたいんでしょうか。メネズの獲得が確実になったということは、ターラブトの獲得が必須とはいえなくなった可能性も? 彼の保有権を持っているクイーンズ・パーク・レンジャーズはプレミアリーグ復帰が決まったし、手放さない可能性もあるので、金額によってはすっぱり諦める可能性もありそう。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ポーリの保有権をサンプドリアから買取 完全移籍に

ACミラン、ポーリの保有権をサンプドリアから買取 完全移籍に

http://www.football-italia.net/50281/milan-samp-double-deal

サンプドリアは、アンドレア・ポーリの保有権をACミランに売却し、バルトシュ・サラモンを完全移籍で獲得したことを発表した。

両選手は、サンプドリアミランとの共同保有となっていたが、もはやそのような状況ではなくなったことを認めたことになる。

結果として、24歳のポーリは、ミランに完全移籍した形となり、一方、ポーランド代表のサラモンは、引続きサンプドリアに在籍することになった。

サンプドリアの発表は以下の様なものだ。
「UCサンプドリアSPAは、バルトシュ・サラモン選手に関するスポーツ面の独占権を獲得したことを発表します。」

「同時に、アンドレア・ポーリ選手に関するスポーツ面の権利をミランに売却しました。」

ミランもまた、両者に関する取引が完了したことを認めている。


ポーリ、サラモンがそれぞれミラン、サンプドリアに完全移籍することが決定。すでにそういう路線ではありましたが、個人的にはサラモンがミランでプレーしている姿をみたかった…。若手を育てるのがあまりうまく行かない印象が強いなあ、やっぱり。

資金捻出のために、クリスタンテをポルトガルのベンフィカに売却するなんて噂もあり、『それじゃ意味が無いよ…』と思うことが多いです。来シーズンのシーズン序盤はモントリーヴォもいないんだし、クリスタンテは絶対に出しちゃダメだと思うんだけどなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、セードルフ解任とインザーギの新監督就任を発表

ACミラン、セードルフ解任とインザーギの新監督就任を発表

http://www.football-italia.net/50268/official-inzaghi-appointed-milan-coach

ACミランは、クラレンス・セードルフを解任し、ピッポ・インザーギをその後任として監督に就任させることを発表した。

オランダ人のセードルフは、シーズン前半の不振を受け、マッシミリアーノ・アッレグリの後任者として、1月に初めて監督の職に就いた。

しかしながら、元ミッドフィールダーであるセードルフは、ミランの流れを変えることができず、セリエA8位でシーズンを終えた。

ここ数週間、セードルフが解任されるとの噂が取り沙汰されていたが、2年半契約を結んでいたことから、ミラン首脳陣はその契約に基づく全額を支払うことを渋っており、まず解約に関する条件で合意することが不可欠であるとみられていた。

しかし、クラブが正式に38歳のセードルフの解任を発表したことから、ガゼッタ・デッロ・スポルトは、ミランがセードルフに契約終了まで契約通りの金額を支払い続けるようだと報じている。

発表された声明は以下のようなものである。
「ACミランは、クラレンス・セードルフ監督を解任し、ファーストチームを2016年6月30日までピッポ・インザーギに委ねることを発表したいと思います。」

インザーギは、ミランのプリマヴェーラで好結果を残しているが、ファーストチームの指揮を執るのは初めてとなる。ガゼッタ・デッロ・スポルトによると、彼の年俸は1シーズン70万ユーロとなるようだ。


ついに、セードルフ解任とインザーギの新監督就任が正式に発表される。セードルフが『解任された』ということは、ミランの都合により一方的に退任させたということなので、契約通りの金額を支払うのもやむなしということに。その分のお金があれば、補強に使えただろうに…ということを今更嘆いても仕方がないので、とにかくピッポの応援を続けようと思います。フロントはなかなかガマンができなそうだけど、少なくとも2シーズンくらいは時間をあげて欲しいです。ただ、ラミの獲得資金のために、クリスタンテを売るなんていう噂もあり、あんまり良い状況ではないんですよねえ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140609_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ レビュー

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ レビュー

イタリア代表先発メンバー、フォーメーションはこんな感じ。

Friendly_20140608_Italy_vs_Fluminense_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、パリ・サンジェルマンからアレックスを獲得したことを発表

ACミラン、パリ・サンジェルマンからアレックスを獲得したことを発表

http://www.football-italia.net/50149/official-alex-completes-milan-move

ACミランは、ブラジル人ディフェンダーであるアレックスを2年契約で獲得したことを発表した。

31歳のアレックスは、移籍決定前の木曜にミランのドクターの下でメディカルチェックを受けていた。

問題なしと判断され、ミランはセンターバックのアレックスが2016年までの契約に合意したことを発表した。

アレックスは、今月でパリ・サンジェルマンとの契約が切れるため、フリーでの移籍が可能となっていた。


ミランのアレックス獲得が決定。本当にフリートランスファーばっかりだなあ。良いディフェンダーだとは思うんですけども。これで、ラミの獲得に全力を傾注しなくなりそうなのが怖い。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ベルルスコーニ、インザーギ、バロテッリ、セードルフについて語る

ベルルスコーニ、インザーギ、バロテッリ、セードルフについて語る

http://www.football-italia.net/50152/silvio-pippo-balo-and-seedorf

シルヴィオ・ベルルスコーニは、ピッポ・インザーギについて、ミランが望んでいる全ての要件に合致すると語り、賞賛した。

かつてACミランでプレーしていたインザーギは、ここ数週間、7度のヨーロッパチャンピオン経験を持つミランの指揮を執ることがほぼ確実となっているが、まだクラレンス・セードルフに代わり正式に監督に就任するには至っていない。

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、今日、ミランの新たな本部であるCasa Milanを訪れ、ミュージアムを回ることで、ミランがかつての栄光に返り咲くのだという新たなモチベーションを得たと語った。

ベルルスコーニは、記者に対してこのように語っている。
「素晴らしい訪問だったよ。特にミュージアムでは、ミランの歴史的な勝利の数々を再体験することができる。」

「ミランがイタリアとヨーロッパのベストに返り咲くのは、ここからだ。」

「インザーギについて? 彼のことは、非常に決断力があり、勝利に飢えていて、我々がミランはこうあるべきだと考えている全ての点に合致していると思っている。我々は、勝利を手にし、ファンを楽しませるようなチームを望んでいる。」

「移籍市場については、異なる意見もある。我々は、来季、新たなサイクルを開始させることのできるチームをピッチに送り出し、週に1度しかプレーしないという事実を活用したいと考えている。」

イタリアの元首相でもあるベルルスコーニはまた、マリオ・バロテッリが来シーズンの開幕時にもミランの選手であることを信じていると発現するとともに、セードルフに関する現状についてもコメントしている。

「バロテッリについて? 彼はミランに残ると思っている。彼がセンターフォワードとはどうあるべきかを学べればいいと思っているよ。」

「セードルフについて? 何とかして解決策を見出すつもりだ。彼に失望しているかって? 未来について話をしよう。過去は過去だ。」


ベルルスコーニ、色々と語る。インザーギの監督就任はほぼ間違いないんでしょうが、それにしても決まりませんね。セードルフとの交渉がかなり難航しているのでしょう。セードルフはワールドカップで解説者をするだろうから、このままいくと、下手すりゃワールドカップ後になるかもなあ…。できるだけ早く決めて色々と態勢を整えたいところなんですけども。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs ルクセンブルク代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs ルクセンブルク代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140605_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs ルクセンブルク代表 レビュー

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs ルクセンブルク代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Friendly_20140604_Italy_vs_Luxembourg_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名が発表される ジュゼッペ・ロッシはメンバー入りせず

ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名が発表される ジュゼッペ・ロッシはメンバー入りせず

http://www.football-italia.net/49943/italy-world-cup-squad-announced

今夜発表された、ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名から、ジュゼッペ・ロッシが外された。

チェザーレ・プランデッリは、彼の代わりに、ロレンツォ・インシーニェをメンバー入りさせることを選択し、ローマのマッティア・デストロもメンバー入りを逃した。それに対して、パルマのアントニオ・カッサーノがアッズーリ監督により指名された5名のフォワードのうちのひとりとなった。

ディフェンスでは、昨晩のアイルランド代表戦でのパフォーマンスにより、プランデッリに良い印象を残したトリノのサイドバック、マッテオ・ダルミアンが最終メンバー入りを果たした。彼の代わりに、マヌエル・パスクアル、クリスティアン・マッジョ、アンドレア・ラノッキアといった選手がメンバー入りを逃した。

中盤に関しては、その最終メンバー入りが議論の種となっていた、パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェラッティが含まれることとなった。彼はおそらく、昨日のアイルランド戦で脛骨骨折のケガを負い、ワールドカップを欠場することとなった、リッカルド・モントリーヴォの代役としてメンバー入りしたものと考えられる。

アルベルト・アクイラーニもまた、その試合で頭部にケガをし、病院に駆け込むこととなったものの、メンバー入りした。

ここ数週間、プランデッリによる最終メンバーの選定を巡り、30名の選手が争っていたが、モントリーヴォの不運により、今日の段階では29名に減ってしまっていた。

今日午後のコヴェルチアーノでの練習後、さらに6名の選手が、リオでの役割を確保するための最後のハードルを越えられなかったことを知った。その6名は、デストロ、ラノッキア、パスクアル、ロッシ、マッジョに加え、ヴェローナのロムロだ。

しかし、ラノッキアは、期限ギリギリまで、チームに帯同し、さらなるケガ人が出た時の最初のリザーブメンバーとしての役割を果たすことになる。

今後の注目は、アッズーリのワールドカップ前最終となるホームでのフレンドリーマッチである、水曜のルクセンブルク戦であり、その後チームは、木曜の夜にブラジルへ飛ぶこととなっている。

イタリア代表の最終メンバー23名は以下の通り。

GK:ブッフォン(ユヴェントス)、ペリン(ジェノア)、シリグ(パリ・サンジェルマン)
DF:アバーテ(ミラン)、バルザーリ(ユヴェントス)、ボヌッチ(ユヴェントス)、キエッリーニ(ユヴェントス)、ダルミアン(トリノ)、デ・シーリョ(ミラン)、パレッタ(パルマ)
MF:アクイラーニ(フィオレンティーナ)、カンドレーヴァ(ラツィオ)、デ・ロッシ(ローマ)、マルキジオ(ユヴェントス)、チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン)、パローロ(パルマ)、ピルロ(ユヴェントス)、ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
FW:バロテッリ(ミラン)、カッサーノ(パルマ)、チェルチ(トリノ)、イモービレ(トリノ)、インシーニェ(ナポリ)


イタリア代表の最終メンバー23名が発表される。
GK3名、DF7名、MF8名、FW5名っていうメンバーの内訳については当たってたなあ。

ジュゼッペ・ロッシは残念ながら、メンバー入りせず。やはり復帰からの期間が短すぎたのか、身体をかばっている感じのする昨日のプレーぶりを観た限りでは、連れて行けなかったということなのでしょう。まだ27歳なので、次の大会でも31歳。その時こそ、ワールドカップを経験して欲しいです。その前には、ヨーロッパ選手権もありますし。

予想外だったのは、デストロではなく、イモービレが選択されたこと。代表でのここまでの実績を考えれば、デストロを選択してくると思っていたのですが、ここはちょっと意外でした。

また、ラノッキアよりパレッタが優先されたのも、ちょっと意外。シーズン終盤のプレーを観ていると、ラノッキアは最終メンバー入りするだろうと思ってたんだけどなあ。結果、インテルは、イタリア代表メンバーゼロという寂しい状況に。他の国にはそれなりにいると思いますが。

ブラジル入りしてから、キャンプ地でちょっとした練習試合もあるとは思いますが、ワールドカップ前にしっかり観られるのは、水曜のルクセンブルク戦が最後。ある程度フルメンバーに近い形で戦うことになると思います。すっきり勝って現地に乗り込んで欲しいです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。