赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラン、ニューカッスルのベン・アルファに興味?

ミラン、ニューカッスルのベン・アルファに興味?

http://www.football-italia.net/53229/milan-replace-cerci-ben-arfa

アレッシオ・チェルチがサン・シーロに移籍する可能性が低くなっていることを受け、ACミランが、ハテム・ベン・アルファ獲得に動くという噂が強くなっている。

この夏のはじめ、ミランがトリノのウィンガーであるチェルチを獲得するとの噂が強くなっていたが、最近の報道では、イタリア代表でもあるチェルチのアトレティコ・マドリー移籍が近づいているようだとされている。

そのような状況を受け、Sport Mediasetは、ピッポ・インザーギ率いるミランが、攻撃陣強化のために、ニューカッスル・ユナイテッドのプレーメーカーであるベン・アルファの獲得を目指していると報じている。

ダグラス・コスタやジョエル・キャンベルに対する興味が報じられたこともあったが、ニューカッスル・ユナイテッドがベン・アルファ放出に要求している額が800万ユーロと安価であることから、ミランはその関心を元マルセイユのベン・アルファに向けているようだ。


ミランが、ベン・アルファの獲得に動いているという話。メネズ、ナスリ、ベンゼマと一緒にU-17ヨーロッパ選手権を制覇したのが2004年。それから、所属チームでそれなりの結果を残してきているナスリ、ベンゼマ、メネズに比べると、ベン・アルファは、ややくすぶっている感が…。特に、ニューカッスル移籍後は、ケガもあり、大活躍という印象ではありません。また、2010年10月のマンチェスター・シティ戦で大ケガをしたわけですが、その時にケガを負わせたのは、今ミランでプレーしているナイジェル・デ・ヨング。プロとしてケガに対する覚悟はあるだろうけど、あの時のタックルは不可抗力ではすまされないようなものだったので、ベン・アルファがそのあたりを割り切れるかどうか不明です。メネズも獲得したし、個人的には、無理をしてまで獲得しなくてもいいんじゃないかと思うんですが、ピッポとしては、どうしても『右でプレーする左利きのウィンガー』が欲しいんでしょうかねえ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ガッリアーニ、ロビーニョにオリンピアコスからのオファーが来ていることを明かす

ガッリアーニ、ロビーニョにオリンピアコスからのオファーが来ていることを明かす

http://www.football-italia.net/52760/milan-olympiacos-robinho

アドリアーノ・ガッリアーニは、ロビーニョに対するオリンピアコスからのオファーを認め、また、マリオ・バロテッリは「99.999%」ミランに残留すると語った。

ガッリアーニCEOは、Sky Sport Italiaに対してこのように語っている。
「ロビーニョに対するベジクタシュからのオファーは受け取っていない。」

「オリンピアコスからはオファーがきている。ブラジルの複数クラブからのオファーもあるし、おそらく他にもあるだろう。今日会談を行ったが、明日の午後にもまた会うことになるだろう。」

ガッリアーニはまた、バロテッリに対するアーセナルからのオファーについての噂が続いていることから、彼の置かれている状況についても質問を受けた。

「彼が残留する可能性は99.999%だと改めておこう。昨晩、彼が途中交代で入ってきてからのプレーは良かった。彼は我々のセンターフォワードであり、残留することになるだろう。」

アメリカツアーにおいて、ミランはオリンピアコスに0-3で敗れ、その後、マンチェスター・シティに1-5と完敗した。

「確かに、敗戦は喜ぶべきことではない。ディフェンスでは、センターバック陣がコンディションを取り戻すのに、時間が必要だろうが、アレックスとラミは素晴らしいペアであり、ボネーラとメクセスもそうだ。」

「ロビーニョが退団する場合には、ワイドな位置でプレーするストライカーを探すことになるだろう。ピッポ・インザーギは、右サイドでプレーできる左利きの選手を希望している。」


ロビーニョには、ベジクタシュが関心を持っているという報道があったんですが、ガッリアーニがわざわざ名前を出したってことは、現時点で一番リードしているのは、オリンピアコスなんでしょうかミラン側の要求の問題もあるんでしょうが、ここまでの経緯をみるかぎり、どうやら最も大きな障害になっているのは、年俸などをはじめとする、ロビーニョの個人条件の部分みたいなので、オリンピアコスがその要求に応えられるかどうか、かなり微妙だと思うんですが。

右サイドでプレーできる左利きのアタッカー…。一番最初に思い浮かぶのは、やっぱりチェルチか。移籍金は高そうだけど、昨シーズンの年俸は80万ユーロという安さ。彼の実力を考えれば、もっともらってても良さそうなものです。さすがにミランでプレーするのであれば、その2倍以上の額になると思うので、その点でチェルチを勧誘する余地はあるのかもしれません。ただ、新シーズン、トリノはUEFAヨーロッパリーグに出場することになっているため、そちらでも戦える分、トリノ残留の可能性は高く、かなり交渉は難しそうです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

【追記あり】2014 プレシーズンマッチ マンチェスター・シティ vs ACミラン レビュー

【追記あり】2014 プレシーズンマッチ マンチェスター・シティ vs ACミラン レビュー

先発メンバー、フォーメーション&マッチアップの図は無し。

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 プレシーズンマッチ マンチェスター・ユナイテッド vs ASローマ レビュー

2014 プレシーズンマッチ マンチェスター・ユナイテッド vs ASローマ レビュー

先発メンバー、フォーメーション&マッチアップの図は無し。

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 プレシーズンマッチ ACミラン vs オリンピアコス レビュー

2014 プレシーズンマッチ ACミラン vs オリンピアコス レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014_PSM_AC_Milan_vs_Olympiacos_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

QPR会長、ターラブトの残留を期待

QPR会長、ターラブトの残留を期待

http://www.football-italia.net/52341/qpr-want-taarabt-stay

クイーンズ・パーク・レンジャーズのトニー・フェルナンデス会長は、「アデル・ターラブトに残って欲しい」と語ったが、ACミラン、インテル、ナポリが彼の獲得に興味を持っている。

モロッコ代表のターラブトは、昨シーズンの後半6ヶ月をサン・シーロで過ごし、セリエA14試合に出場して4ゴールという活躍をみせた。

フェルナンデス会長は、記者団に対してこのように語っている。
「彼には残って欲しいと思っている。彼はQPRで素晴らしい歴史を作ってきたからね。しかし、プレミアリーグでそれをやったことはないから、彼にはそれを実現して欲しい。これまでも輝いてきた選手だから。」

「彼は私が今までにみてきた中で最も優れた選手のひとりだ。彼には素晴らしいサッカー脳があり、彼もそのことを知っている。しかし、彼がそうしたいかどうかは彼次第だ。」

「プロとしての観点で言えば、彼が残留してくれれば、素晴らしいことだと思っている。」

ミランはターラブトに関して事前に決められていた買取額を支払う意思はないものの、彼に対する関心に変わりはなく、ナポリ、インテルもまた彼の獲得に関心を持っているようだ。


トニー・フェルナンデス会長は、何しろエア・アジアのトップですので、QPRは金には困っていません。よって、ターラブト自身がQPR残留を望むなら、正直ミランとしては手の出しようがありません。今のところ、ターラブトの気持ちは分かりませんが、個人的にはラミに比べると優先順位が低いと思っているので、無理をしてまで獲得する必要はないかなという感じ。また、ミランは、マンチェスター・ユナイテッドのナニ獲得に向けて動き出しているとの話もあり、どうせ予算を使うのなら、そっちに…と考えるかもしれません。個人的には、ナニもあまり必要だとは思いませんけども…。エル・シャーラウィ、メネズ、ニアンを上手く使えれば、ヨーロッパの大会が無い来シーズンは十分に乗り切れると思うんですよねえ。また、予算もないまま絶対に必要とまでは言えない選手を獲得して余剰戦力があふれるのはみたくありません。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ゼニト、ミランからのクリシートに対するオファーを拒否<

ゼニト、ミランからのクリシートに対するオファーを拒否

http://www.football-italia.net/52328/milans-criscito-offer-rejected

ディフェンダーであるドメニコ・クリシートに対する、ACミランの最初のオファーは、ゼニト・サンクトペテルブルクにより拒否されたようだ。

ゼニトと、代理人のアンドレア・ダミコとの間での会談で打開策を見出すことができなかったことから、ミランによる、イタリア代表のクリシート獲得の試みは、暗証に乗り上げている。

Sky Sport Italiaによると、ロシア・プレミアリーグのゼニトは、フィリップ・メクセスもしくはクリスティアン・サパタ+金銭という最初のオファーを拒否したようだ。

ゼニトはその2選手には興味がなく、金銭のみを求めているとみられる。

左サイドバック、センターバックの両方でプレーできる、万能型のディフェンダーであるクリシートの移籍金は1200万ユーロ(約16億4500万円)とされている。


ミランのクリシートに関するオファーが拒絶されたというニュース。拒絶されたということよりも、ミランの提示したオファーの内容にちょっとビックリ。メクセスはともかく、ワールドカップでも十分に存在感を示していたサパタを交渉のコマに使うとは。当初はアバーテとのトレードと聞いていたんですが。

それはともかく、ゼニトが本当に1200万ユーロを求めているのであれば、ミランとしては、ほぼ不可能な話。ラミにあれだけケチった態度をみせておいて、クリシートにその額を出すとなったら、ラミにも失礼だし。来シーズンは、ヨーロッパの大会も無いし、ある程度人員整理をしたうえで、現有戦力で戦うのが基本になりそうだなあ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ロビーニョの代理人がオーランドシティからのオファーを認める

ロビーニョの代理人がオーランドシティからのオファーを認める

http://www.football-italia.net/52294/robinho-agent-confirms-orlando-talks

ロビーニョの代理人は、ACミランとオーランドシティとの交渉は「始まったばかりの段階」だが、彼がブラジルで6ヶ月間を過ごす可能性があると述べている。

ストライカーのロビーニョは、オーランドシティと契約し、2015年3月のMLS開幕までサンパウロで6ヶ月間を過ごすことになっている、リッキー・カカと同じ道を歩むとみられている。

代理人である、 Marisa Ramosは、Globoesporteに対してこのように語っている。
「アドリアーノ・ガッリアーニも認めているように、オーランドシティから正式なオファーが来ている。」

「両クラブは交渉中だ。もし今回の移籍が実現するならば、まずブラジルで6ヶ月を過ごすことになるのはほぼ確実だ。6ヶ月もプレーしないままでいるわけにはいかないからね。」

「ロビーニョとミランとの契約は、2016年で終了することになっているが、話し合いはまだ始まったばかりの段階だ。彼はオーランドシティにレンタルされるかもしれないし、完全移籍になるかもしれない。オファーの内容を確認してから、どうすべきかを決めることになる。」

ロビーニョがブラジルでのレンタルで6ヶ月間を過ごすことになれば、その候補となるのは、サントスもしくはフラメンゴだと考えられている。

「彼は最も具体的なオファーについて優先して考えることになるだろう。関係するクラブ全てが理解しなければならないのは、そのオファーが全当事者にとって有益なものでなければならないということだ。」


ちょっと前にも出ていましたが、ロビーニョもカカに続き、ブラジルを経由して、オーランドシティへ?という話ミランとしては、比較的年俸の高いロビーニョをどうにかして放出したいところではありますが、カカと違うのは移籍金が発生すること。2016年まで契約が残っているので、簡単に放出というわけにはいかないのです。オーランドシティとしては、それほど高い額は出したくないし、ミランは少しでもたくさん欲しいし、両チーム間での激しい綱引きが予想されます。

以前、ロビーニョに関して、ミランがサントスと話し合った際には、ロビーニョ自身の個人条件でサントスとの折り合いがつかなかったと報じられました。ミランとサントスの間で移籍金の額が決められなかったという報道もありますが。今回、ロビーニョも移籍を望んでいるフシがあるので、クラブ間での条件さえ整えば意外とあっさり実現しそうな気もしているんですが、どうなるでしょうか。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミランとインテルがパリ・サンジェルマンのラベッシ獲得を争う?

ミランインテルがパリ・サンジェルマンのラベッシ獲得を争う?

http://www.football-italia.net/52299/milan-look-unsettled-lavezzi

ACミランインテルは、パリ・サンジェルマンでの経験を終わらせたいと考えている、エセキエル・ラベッシ獲得を目指しているという。

アルゼンチン代表のラベッシは、ワールドカップ決勝で延長戦の末、ドイツに敗れた後、まだ休暇中である。

Sportmediasetによると、『Pocho[ラベッシの愛称]』は、定着に苦しんでいることもあり、パリ・サンジェルマン退団を熱望しているようだ。

29歳のラベッシは、2012年7月にナポリから移籍したが、昨シーズンは、48試合に出場し、12ゴールをあげている。

ミランは、この夏に彼をセリエAに呼び戻したいと考えており、新監督のピッポ・インザーギは、彼を非常に気に入っているという。

しかし、パリ・サンジェルマンがラベッシをレンタルで移籍させることに同意したとしても、その年俸が大きな障害となりそうだ。

インテルもまた、ラベッシ獲得に動いているとの噂があり、それが実現すれば、ナポリ時代の監督であるワルテル・マッツァーリと再会することになる。


ラベッシの獲得をミランインテルが両方狙っているという話インテルがラベッシを狙っているという話は、随分前からあり、アルゼンチン代表の同僚であるパラシオもいることから、ミランよりも狙いやすい立場にあるんじゃないかと思います。来シーズン、今までチームを支えていた、サネッティ、ミリート、サムエル、カンビアッソといったアルゼンチン人選手たちが一気にいなくなると、パラシオもさみしいでしょうし。

ラベッシが今パリ・サンジェルマンでもらっている年俸は、400万ユーロ。正直、ミランにその額は払えないでしょう。他の選手達とのバランスの問題もありますし。ただ、インテルでもそこまで出せるかどうかは微妙。結局、ラベッシのセリエA復帰には、年俸の減額を伴うのではないかと思うので、最終的にはラベッシ自身がそこまでしてでもイタリアに移籍したいかどうか次第かなという気がします。パリ・サンジェルマンでもそれなりに試合には出てますしねえ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミラン、パリ・サンジェルマンのルーカス・モウラ獲得に興味?

ミランパリ・サンジェルマンのルーカス・モウラ獲得に興味?

http://www.football-italia.net/52170/milan-target-lucas-moura

ドメニコ・クリシートがACミランに移籍するとの噂が強まっているが、ミランが攻撃陣を補強しようとしているとの報道も出てきた。

ゼニト・サンクトペテルブルクのサイドバックであるクリシートは、サン・シーロへの移籍に関心があることを認めているが、コリエレ・デッロ・スポルトは、ピッポ・インザーギが攻撃のオプションを活性化させることも検討していると報じている。

同紙は、インザーギ新監督が特に関心を持っているのが、パリ・サンジェルマンのルーカス・モウラだと主張している。

ブラジルの若手選手であるルーカス・モウラは、2年前に昨シーズンのフランス・リーグ・アンの覇者、パリ・サンジェルマンに移籍したが、当初こそ有望とみられていたものの、次第に先発出場が困難となってきている。

そのような状況のため、プレーメーカーのルーカス・モウラは、パリ・サンジェルマンを離れる可能性があり、ミランはその動きを注視しているようだ。

完全移籍の場合、最低3000万ユーロを必要とするため、21歳のルーカス・モウラ獲得に際して、最も簡単な手段は、1年のレンタル移籍であるとみられている。


クリシートについては、アバーテとの交換トレードという噂が出ています。デ・シーリョが本来の主戦場である右サイドでプレーできるようになるので、それもいいかなあ、と思わなくはないけど、アバーテをロシアに送ることになるのはやっぱりちょっとはばかられるところも。もちろん、最終的には、本人次第なので、アバーテがOKを出さないかぎり、クリシートの移籍が実現することはないんですけどね。ミランは現金を出す気は全く無いようですので。

ルーカス・モウラについては、レンタル狙いという最近ありがちなパターン。今のパリ・サンジェルマンからミランが選手を買取るなんてことはできませんからねえ。ピッポとしては、メネズもそうですが、サイドでプレーできる選手の選択肢を増やしておきたいんでしょう。この他にもマンチェスター・ユナイテッドのナニにも関心を持っているという話が出ています。ナニに関しては、移籍金は700万ユーロくらいだそうです。ただ、ナニの場合、移籍金以上に350万ユーロという年俸がネックになっており、実現する可能性は低そうです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ユヴェントス、コンテ監督退任&アッレグリ新監督就任

ユヴェントス、コンテ監督退任&アッレグリ新監督就任

http://www.football-italia.net/52186/official-juve-hire-allegri

ユヴェントスは、ソーシャルメディアを通じ、マッシミリアーノ・アッレグリをアントニオ・コンテの後任として、監督に任命したことを発表した。

前任のコンテ退任という衝撃的なニュースは、昨晩発表され、ユヴェントスは、元ACミラン監督のアッレグリを監督として迎えるという速やかな行動をとった。

ユヴェントスの公式ツイッターアカウントで、このような簡潔な声明が出されている。
「アッレグリがユヴェントスの新監督となります。」

アッレグリは、英国夏時間14:00開始予定のプレスカンファレンスで新監督としてお披露目される。


ユヴェントスのアントニオ・コンテ監督退任&マッシミリアーノ・アッレグリ新監督就任という本当に衝撃のニュース。心の底からビックリしました。

コンテは、チームのフロントと補強策などで意見が対立したために契約延長に合意することができず、退任ということになりました。チェザーレ・プランデッリ監督の退任により空位となっているイタリア代表監督の候補になっているという噂もありますが、現時点において、その件との関係は無いとされています。

さらに、アッレグリ新監督という衝撃。来シーズンに向けての準備期間がもう始まるので、急いで決めなければならないのは分かりますが、それにしてもアッレグリとは…。ケガの影響もありましたが、アッレグリ監督の構想から外れたのも出場試合数が減ったことの要因のひとつで、結局、アッレグリ就任2シーズン目を前にしてユヴェントスに移籍したピルロにしてみれば、あまり気持ちのいいものではないかもしれません。まあ、プロですし、ピルロもいい年齢なので、上手くやっていくでしょうが。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ラミ、ミランへの完全移籍に関する喜びを語る

ラミ、ミランへの完全移籍に関する喜びを語る

http://www.football-italia.net/52024/rami-im-gladiator

アディル・ラミは、ヴァレンシアとの移籍をめぐる話を終え、ACミランに戻ってきたことに大喜びしている。「グラディエーターのような気分だったよ!」

ディフェンダーのラミは、昨シーズンの後半6ヶ月をサン・シーロで過ごしたが、[ミランとヴァレンシアの]両クラブは買取の条件について合意することがなかなかできず、土曜日になって、ヴァレンシアの要求額である425万ユーロをミランが支払えるようにするために、ラミが50万ユーロの年俸カットに合意したことでようやく決着した。

ラミは、ミラネッロのトレーニンググラウンドで記者陣に対してこのように語っている。
「僕にとって困難な時期だった。」

ミランのような偉大なクラブにいることができて、すごくハッピーだ。僕は、自分がどれだけここに残りたいかを証明したいと思っていたし、ファンが僕を応援してくれていることに、何でも実現できるという強さをもらった。」

「ファンと対話をして、僕もまた、ミランのサポーターであることを伝えるのがとても気に入っていた。グラディエーターのような気分だったよ!マキシマスのように、困難な時期を経験して、最後には勝利したんだ。」

ラミがミランに来た時には、マッシミリアーノ・アッレグリが指揮を執っており、その後クラレンス・セードルフが監督に就任したが、今月から、ピッポ・インザーギが指揮を執ることになる。

「ミランがこれまでに成し遂げてきたことを忘れることはできないし、また歴史を書き加えることもできる。僕やクラブが望むような歴史をね。」

「僕は幸運だと思っているし、自分自身に対して、それが自分の強みだと毎日言い聞かせている。だから、僕はスクデット獲得を信じている。僕はかつて整備工だったから、何でも実現できるんだということが解ってるんだ。だけど、まずはチャンピオンズリーグ出場権獲得に集中すべきだろうね。」


ラミの言葉。彼は、1985年12月27日生まれの28歳ですが、プロのクラブに初めて所属したのが2006年、本格的なトップチームデビューが2007年6月というかなり遅咲きの選手で、プロになる前には、アマチュアチームでプレーしながら、普段は整備工として働くという生活を送っていました。そんな彼の憧れの選手はアレッサンドロ・ネスタだそうで、新シーズンも引き続き付けることが決まっている『13』という背番号はそこからきているとのこと。そういう経緯があるから、年俸カットを受け入れてでもミランに残りたいと思ってくれたんですね。ありがとう、ネスタ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 ファイナル ドイツ代表 vs アルゼンチン代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 ファイナル ドイツ代表 vs アルゼンチン代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140714_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 ファイナル ドイツ代表 vs アルゼンチン代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 ファイナル ドイツ代表 vs アルゼンチン代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Final_Germany_vs_Argentine_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 3位決定戦 ブラジル代表 vs オランダ代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 3位決定戦 ブラジル代表 vs オランダ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_3rd_place_Brazil_vs_Netherlands_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

アディル・ラミ、ミランへの完全移籍が決定

アディル・ラミ、ミランへの完全移籍が決定

http://www.football-italia.net/51960/official-rami-signs-milan

アディル・ラミをめぐる物語は終わった。彼がヴァレンシアからACミランへの移籍を正式に完了させたからだ。

24時間前、この移籍は完全に破談となったとみられていたが、夜通し交渉が続けられ、ヴァレンシアは、425万ユーロ(約5億8600万円)を3分割で受け取ることを受け入れた。

今朝、ミランは、ラミが2017年6月30日までの契約に合意し、完全移籍でミランの選手となったことを認める声明を発表した。

アドリアーノ・ガッリアーニは、ミランが375万ユーロ(約5億1700万円)しか準備できなかったため、フランス人ディフェンダーであるラミが、今回の移籍を成立させようと、50万ユーロ(約6900万円)の年俸カットを受け入れたことを認めている。

ラミは、1月にサン・シーロに移籍し、元々の買取額は700万ユーロだった。

ラミはまた、ツイッター上で、ヴァレンシアのアマデオ・サルバ会長を批判したことでも移籍を後押しした。


ラミのミラン移籍がついに決定。良かった良かった。ここまでしてミランを選んでくれたラミには感謝しかありません。それにしても、クラブとして妥協できないラインがあるのは分かるけど、50万ユーロを選手の年俸カットに頼らねばならないって、大丈夫なのか、ミランは…。

ラミのツイッターの内容はこんな感じ。

「現時点では、僕はヴァレンシアに戻って練習をせねばならない。」

「今起こっていることは異常だ。サッカー史上初のことだ。ブラボー、アマデオ・サルバ。」



また、こんな内容のヴァレンシアファンのツイートをリツイートしています。

「サルバがクラブにとって悪だということを証明してくれてありがとう。」


ラミには、迷惑をかけますが、これから先はフィールドに集中して欲しいと思います。きっと、ラミは代理人と揉めただろうなあ…。来シーズンに向けてインセンティブくらいはつけているでしょうから、チャンピオンズリーグ出場権獲得で少しでも年俸を増やしてもらいましょう。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ガッリアーニ、移籍をめぐる複数の報道についてコメント

ガッリアーニ、移籍をめぐる複数の報道についてコメント

http://www.football-italia.net/51899/galliani-gives-milan-updates

アドリアーノ・ガッリアーニは、シメ・ヴルサリコ、アレッシオ・チェルチ、エムバイェ・ニアン、ロビーニョ、クリスティアン・ザッカルドに関する報道について、最新情報を伝えた。

ACミランのガッリアーニ共同CEOは、ミラノ市内にあるレストラン、Gianninoの外で、SportMediasetに対して、いくつかの移籍に関する話の概要を語った。

「ヴルサリコがジェノアから移籍してくることはないだろう。ザッカルドにはいくつかのオファーが来ているが、今のところ、彼の条件を満たすオファーはない。」

「ニアンは残留する。ピッポ・インザーギは、彼について、複数の異なる戦術的なポジションを果たすことができると考えているからね。」

「今回のワールドカップから選手を獲得する可能性があるとすれば、コロンビアのジャクソン・マルティネスだ。チェルチについて? 分からないなあ…。」

今日、トリノのウルバーノ・カイロ会長が、トリノは来シーズン、ヨーロッパの大会に出場するが、ミランはそうではないと指摘し、チェルチのミランへの移籍について推し進めることはないと警告していた。

ガッリアーニはまた、ロビーニョが、リッキー・カカの後を追い、MLSのオーランドシティ加入を熱望していることを認めた。

「彼の心の中では、ある街にすでに決まっていて、我々は彼にハッピーになってもらうために努力しているところだ。」

一方、アディル・ラミが50万ユーロをかぶることにより、ヴァレンシアがミランのオファーを受け入れ、明日にも移籍が正式に発表されると報じられている。


ガッリアーニ、諸々について語る。ヴルサリコ、チェルチに関しては、ほぼ移籍の可能性が無くなった感じ。

記事中にもありますが、チェルチに関しては、トリノがUEFAヨーロッパリーグの予備戦出場権を得たことが大きな要因かと。パルマがレンタルに出している選手の税金の支払いを怠っていたために、FIGC(イタリアサッカー連盟)がUEFAライセンスを取り消したのがその理由。さらにイタリアオリンピック委員会のスポーツ高等裁判所もパルマの訴えを棄却。パルマのヨーロッパへの夢はほぼ潰えました。その額は30万ユーロ。パルマとしては、意図的に支払いをしなかったわけではなく、FIGCに指摘された後には、その指示に従っていたようで、ギラルディ会長は完全にクラブオーナーとしてのモチベーションを失ったため、「クラブを売りに出す」とまで発言しています。トリノもこんな形でヨーロッパリーグ出場権を獲得してもねえ…。イモービレも売っちゃったしなあ。

あとは、ロビーニョとザッカルドの移籍先が上手く決まってくれるといいなあ、と思います。特にザッカルドについては、個人的に結構好きな選手なので、彼にとってもっと良い環境の場所が見つかるといいなあ、と。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

マトリ、ジェノアへのレンタルが正式に決定

マトリ、ジェノアへのレンタルが正式に決定

http://www.football-italia.net/51913/genoa-confirm-matri-capture

ジェノアは、アレッサンドロ・マトリをACミランからのレンタル移籍で獲得したことを正式に発表した。

かつてユヴェントスに所属していたマトリは、今週、メディカルチェックと手続を終えており、来シーズンに向けてのジェノアへの移籍についてすでに語っていた。

ジェノアは、その公式サイト上で、ジェノアのトレーニングウェアに身を包んだ、29歳のマトリの画像とともに声明を発表し、移籍を公にした。

声明は以下の通り。
ジェノア・クリケット・アンド・フットボール・クラブは、ミランのストライカー、アレッサンドロ・マトリのスポーツ面の権利を一時的に獲得することに関する正式な文書を、リーグに提出したことを発表します。」

「同選手は、コンディション確認のためにクラブを訪問しており、リーグ戦を戦うコンディションに戻すことに関する一連のテストにも参加しています。」

マトリは、昨年の夏、ユヴェントスからミランへ1100万ユーロで移籍したが、ミランでは不調に終わり、昨シーズンの後半6ヶ月、フィオレンティーナにレンタルされていたため、わずか1年で4つのクラブに所属したことになる。

マトリは、アルベルト・ジラルディーノの広州恒大移籍決定から、24時間以内に行われる。


マトリのジェノアへのレンタルが正式に決定。レンタルってことになってるけど、本当にマトリの年俸の全額をジェノアが払うのかどうかは疑問。マトリの昨シーズンの年俸は、250万ユーロ。それに対して、移籍するジラルディーノの昨シーズンの年俸は120万ユーロ。大体半分くらい。ジェノアがいきなりその倍以上の額を用意できるとは思えない。マトリだって、ある程度の年俸減額は仕方ないとしても、いきなり半分にされたんじゃ税金も払えなくて大変だし、結局はミランが半分くらい出して、200万ユーロくらいの年俸を確保することになるんじゃないかと。完全に想像ですけども。とにかくマトリには、良いシーズンを送ってほしいと思います。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル オランダ代表 vs アルゼンチン代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル オランダ代表 vs アルゼンチン代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140710_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ミラン、ラミを375万ユーロで獲得?

ミラン、ラミを375万ユーロで獲得?

http://www.football-italia.net/51823/rami-due-milan-%E2%82%AC375m

ACミランは、アディル・ラミをヴァレンシアから移籍金375万ユーロでの完全移籍で獲得することになるようだ。

ディフェンダーのラミは、サン・シーロで6ヶ月のレンタル期間を過ごしたが、ミランは700万ユーロという買取額の減額を要求していた。

Sky Sport Italiaによると、長期に渡る交渉の末、ミランはようやく375万ユーロで契約をまとめるようだ。

フランス人センターバックであるラミは、今週ミラノで目撃されており、彼が契約に合意するという報道に拍車をかけていた。

ここ1ヶ月、彼はツイッターで、ミランのファンに対して、再会を楽しみにしているというメッセージを何度も送っていた。

明日、ミランはピッポ・インザーギ新監督のもとでプレシーズントレーニングを開始することになっており、ラミはそれに間に合いそうだ。


ミランがラミを完全移籍で獲得することが間もなく決まりそうだ、というニュース。事実ならば、本当に嬉しいことです。マルセイユが接近しているという話もあり、まだ油断はできませんが、正式に発表されるのを心待ちにしています。

さらに、最新のニュースによると、ミランが375万ユーロを提示しているのに対し、ヴァレンシア側は425万ユーロを要求しており、そのギャップを埋めるために、ラミ自身が年俸を減額する可能性もあるのだとか。それが事実なのだとしたら、そこまでしてくれる心意気がある選手に対して、50万ユーロくらい出せないものなんでしょうか…。本当に理解に苦しむところです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ビルサ、キエーヴォへのレンタルが決定

ビルサ、キエーヴォへのレンタルが決定

http://www.football-italia.net/51828/official-birsa-chievo

キエーヴォは、ヴァルテル・ビルサをACミランから1年間のレンタルで正式に獲得した。「クラブが僕を信頼してくれたことに感謝している。」

27歳のスロヴェニア代表ミッドフィールダーであるビルサは、2013年8月にジェノアからミランへ移籍したが、ケガのためプレータイムの確保に苦しんだ。

ビルサはChievoTVに対してこのように語っている。
「ハッピーだよ。昨シーズンの前半は良かったけど、後半はあまり良くなかったからね。クラブが僕を信頼してくれたことに感謝しているし、それに応えるために自分の全てを尽くしたいと思ってる。」

「チームメイトがゴールを決める手助けをし、僕自身もゴールを決められるようにしたいと思っているが、ディフェンスでもこれまで以上にチームの役に立ちたい」

「チームの役に立ちたければ、自らのクオリティも発揮しなければならない。監督と話をしたが、彼は僕を大いに信頼していてくれるし、彼の言葉は僕が契約に合意するのに非常に重要なものとなった。」

「僕はここで、前に進み、チームのために良いプレーをしたいと思ってる。厳しい状況だからこそ、僕自身しっかり準備をしなければならない。」

今回の契約は1年間のレンタルで、買取オプションはついていないようだ。


ビルサ、キエーヴォへレンタルされる。昨シーズン前半、特に序盤は、結構良い感じだったんですが、徐々に存在感を失っていきました。チームに残っていれば、それなりに役割はあるんですが、何しろ来シーズンは試合数が少ないので、とにかく選手数を減らさなきゃいけないんですよねえ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル オランダ代表 vs アルゼンチン代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル オランダ代表 vs アルゼンチン代表 レビュー

今回はフォーメーション図は無し。

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル ブラジル代表 vs ドイツ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル ブラジル代表 vs ドイツ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140709_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル ブラジル代表 vs ドイツ代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 セミファイナル ブラジル代表 vs ドイツ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Semi_Final_Brazil_vs_Germany_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

アレシャンドレ・パト、インテルへ?

アレシャンドレ・パト、インテルへ?

http://www.football-italia.net/51692/report-pato-inter

Sport Mediasetが、アレシャンドレ・パトのサン・シーロ復帰を報じたが、今回のユニフォームはインテルのものだという。

元ACミランのストライカーであるパトは、2013年1月にコリンチャンスに移籍し、現在は、サンパウロにレンタルされている。

Sport Mediasetによると、パトは、アッピアーノ・ジェンティーレにあるインテルの練習場近くに住宅を購入し、イタリア車を購入したという。

また、9月に25歳になるパトが、友人に、インテルセリエAに復帰することになりそうだと告白したとも報じている。

パトのイタリア復帰が噂されるのは今回が初めてではなく、数カ月前にも、ユヴェントスと交渉中だと報じられていた。


パトがインテルへ? 来シーズンのインテルは4-3-3で戦うと報じられており、前線では、中央のイカルディ、右のパラシオは決定しているものの、左に入る選手が決まっておらず、そこにパトを入れるってことか。確かに理に適ってるような気がする。ミラニスタとして、パトがインテルに行くのは正直かなりイヤ。パト自身がそれを望むのであれば、仕方ないんでしょうけど、やっぱりちょっとなあ…。

最近のパトは観ていないんですが、コリンチャンスでは、2013年リーグ戦で28試合に出場して10ゴールとそれなりの結果を残していました。しかし、2014年になって就任したマノ・メネゼス監督の構想から外れ、追い出されるような形でサンパウロに2015年12月までという長めのレンタル移籍。コリンチャンスに復帰してもプレーするチャンスは無さそうですし、ヨーロッパからのオファーがあった場合には、コリンチャンスの投資をペイするだけの相応の額ならば移籍できるという約束もかわしているようです。何だか決まっちゃいそう…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

マトリ、ジェノア行き? ジェノアからミランへはヴルサリコが加入?

マトリ、ジェノア行き? ジェノアからミランへはヴルサリコが加入?

http://www.football-italia.net/51636/matri-vrsaljko-exchange

アレッサンドロ・マトリのレンタルでのジェノア入りが近づいている一方で、シメ・ヴルサリコがACミランに売却されるという。

Sky Sport Italiaによると、非常に友好的な関係にある両クラブ間での交渉は、決定目前まで来ているようだ。

マトリは、ミランで結果を残せず、1月にフィオレンティーナにレンタルされたが、そこでも状況はさほど変わらなかった。

かつてユヴェントスとカリアリでプレーしたセンターフォワードのマトリが、ジェノアで好調を取り戻せるようにと期待してのことだ。

マトリは、広州恒大からのオファーを受け入れる意思を固めているとみられる、アルベルト・ジラルディーノの代役になるようだ。

ミランはクロアチア代表ディフェンダーのヴルサリコ獲得に動いており、完全移籍になると報じられている。


マトリのジェノア行きが報じられる。マトリも250万ユーロ(約3億4700万円)の年俸をもらっており、年俸の半分をミランが払うような形になる可能性もありますが、ミランとしては少しでもお金が浮くならありがたい。来シーズン、いきなりマトリが覚醒するとも思えないし。ちょっと驚いたのは、ジラルディーノの広州恒大行き。イタリア色強いなあ、広州恒大。

ヴルサリコは、ブラジルワールドカップにも出ていたクロアチア代表の右サイドバックで1992年生まれの22歳。デ・シーリョの放出はしないとベルルスコーニが明言しているので、デ・シーリョについては完全に左に回すつもりなのかな。もし、ヴルサリコが本当に加入するとなると、アバーテの立場が微妙なものに。ただ、ワールドカップでのプレーを観るかぎり、アバーテに買い手がつくかどうかも微妙。ユヴェントスが狙っているという話もあったけど、最近聞かないし。ワールドカップ終了後に本格的にマーケットが動き出すと思うので、それまでは様子見ですが、気になることは多いです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

カカを獲得したオーランドシティ、ロビーニョの獲得にも興味?

カカを獲得したオーランドシティ、ロビーニョの獲得にも興味?

http://www.football-italia.net/51561/orlando-robinho-too

コリエレ・デラ・セラは、この夏に、オーランドシティがACミランから二人目のブラジル人選手、ロビーニョを獲得することに関心を示していると報じた。

MLSのオーランドシティは、2015年のシーズン開始に向け、ミランとの契約に含まれていた放出条項を行使した、リッキー・カカ獲得を決めたばかりだ。

今日、コリエレ・デラ・セラは、オーランドシティがロビーニョにも関心を持っていると報じた。

同紙は、移籍金の支払いが含まれるとしても、30歳のロビーニョに対するオーランドシティからのオファーが間もなく行われる可能性があると考えている。

今週初め、移籍手続の完了に際し、カカは元同僚とのアメリカでの再会を示唆していた。


オーランドシティ、ロビーニョにも関心? カカの場合と違い、ロビーニョに関しては、移籍金が発生するので、どの程度信ぴょう性があるのかは分かりません。ただ、極論を言えば、ミランとしては、年俸250万ユーロを払っているロビーニョを引き取ってくれるのであれば、移籍金ゼロでもいいんじゃないかと。もう速攻で決めちゃって、それで浮いた額をラミに関する交渉に回して欲しい。心からそう思います。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ラミの移籍金を巡りヴァレンシアと交渉継続中

ACミラン、ラミの移籍金を巡りヴァレンシアと交渉継続中

http://www.football-italia.net/51556/milan-valencia-split-rami

La Stampaは、アディル・ラミの移籍に関して、ACミランとヴァレンシアとの交渉額にはまだ150万ユーロ[約2億円]の開きがあると報じている。

ディフェンダーのラミは、昨シーズン後半をレンタルされたミランで過ごし、両クラブ間で、完全移籍に関する交渉が続いている。

元々の買取額は700万ユーロ[約9億700万円]だったが、この夏の交渉で、ミランは50%もの減額を要求しているとみられる。

両クラブ間の交渉は、[新オーナーである]ピーター・リムが、この夏にヴァレンシアの引き継ぎを完了させようとしていたことから、延期されてきたとみられている。

しかし、La Stampaは、交渉の主題となっているのは選手の評価額であり、ミランがまだ350万ユーロ[約4億8000万円]以下でという要求をしているのに対して、ヴァレンシアが500万ユーロ以上[約7億円]の額を要求しているのは明らかだと報じている。


500万ユーロか…。昨シーズン後半、しっかりプレーをして最終ラインを支えてくれた選手に対して払えない額だとは思えないんですが、なぜそこまで渋るのか分からない。ヴァレンシアの要求額との開きが150万ユーロなら、年俸80万ユーロくらいの選手一人分。昨シーズンの年俸額で具体的に言うならば、ザッカルドがまさにそこに該当します。移籍金を要求しなければ、ザッカルドを引き取ってくれるチームは十分に探せるだろうし、何とでもなると思うんですけどねえ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

カカ:「今後22番はつけない」

カカ:「今後22番はつけない」

http://www.football-italia.net/51374/kaka-choice-not-linked-cl

リッキー・カカは、ACミランを退団すると決断したのは、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことと無関係だと語っている。

昨シーズン、ミランセリエAで不本意な成績に終わり、ヨーロッパの大会への出場権を逃し、マックス・アッレグリ、クラレンス・セードルフ両監督の解任に至った。

しかし、ブラジル人プレーメーカーであるカカは、ミランチャンネルに対して、サン・シーロに戻ってこれたことについてハッピーだと主張した。

カカはこのように語っている。
「みんなにとっては難しい年だったけど、僕にとってミランに復帰し、ミランの選手として100ゴールをあげたのに加え、300試合出場を達成したことは、とても大きなことだ。」

「僕が退団という選択をしたのは、ミランがチャンピオンズリーグに出場できないからではなく、全く異なる種類のプロジェクトのためだ。」

「休暇中そのことについてずっと考え続けていた。以前から、いつかはアメリアでプレーしたいと言ってきたし、そこでのプレーに合意したんだ。」

「まずはレンタルでサンパウロに行き、その後、僕のアメリカでの冒険が始まることになる。」

「オーランドシティは優れたプロジェクトを有する新しいチームで、オーナーはブラジル人だ。サンパウロに戻ることになるのはハッピーだよ。素晴らしい気持ちだね。」

カカはまた、ミランのサポートに対する敬意から、22番のユニフォームは二度と着ないと語った。

「僕はもう今後22番を付けない。これはミランのファンに対するサインとして残したいと思う。ブラジルでは8番を、アメリカでは10番をつけることになるだろう。」


カカからのお別れの言葉になるのかな。22番をつけないのは、ミラニスタへの気持ちということになるのでしょうか。『22番をつけたカカはミランだけのもの』ということで、ありがたいことだとは思うけど、クラブが永久欠番にしなければ、あまり意味はないような気もします。今のところ、フランコ・バレージがつけていた6番と、パオロ・マルディーニがつけていた3番がミランの永久欠番。ちなみにマルディーニの3番については、マルディーニの息子がミランでトップチーム入りした場合には、つけさせるつもりのようです。長男のクリスティアン・マルディーニは、今年で18歳。最近観てないけど、成長してるのかなあ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、双方の合意に基く、カカとの契約解消を正式に発表

ACミラン、双方の合意に基く、カカとの契約解消を正式に発表

http://www.football-italia.net/51360/official-kaka-no-longer-milan

ACミランは、双方の合意に基づいて、カカとの契約を解消することに合意したと発表した。

ブラジル代表でもあったカカについては、ここ数週間、ミランを退団し、MLSのオーランドシティと契約するとの噂が強まっていた。

今日の午後、プレーメーカーのカカが、その契約を解消することを決断し、ミランもそれに同意したと、ミランが発表したことを受け、その噂は実現にさらに近づいたようだ。

ミランはこのような簡潔な声明を発表した。
「ミランは、双方の合意に基づいて、カカとの契約を解消したことを発表します。」

これにより、かつてバロンドールを獲得したカカがアメリカに向かい、そこで数時間後に契約に合意することは確実な情勢となった。

今日の午後、ガゼッタ・デッロ・スポルトは、カカがフロリダに向かっており、そこで契約に合意した後、少年時代に所属していたサンパウロに3ヶ月間レンタルされると報じていた。


ミラン、カカとの契約解消を正式に発表。残念ですが、仕方がありません。カカには、アメリカ大陸でさらに良いサッカー選手生活を送ってほしいと思います。クラブにとっては、苦渋の決断だったのかもしれないけど、ヨーロッパの大会がない来シーズンは試合数も少なくなることですし、高額な選手をカットする勇気も必要。ロビーニョについても、引き取ってくれるところがあるなら、カットしていいと思うけど、ロビーニョの場合は本人の問題があるからなあ。移籍話が持ち上がった時にも個人条件で合意できなかったわけだし。

なお、カカとロビーニョの年俸としてミランが使うはずの額は、約1300万ユーロ(約18億円)。この額があれば、ラミとターラブトを最初に決まっていた額で買い取ってもお釣りがくるんじゃないか、と。プレーをみるかぎり、ラミの700万ユーロって買取額はお買い得だから、最低限ラミだけでも確保して欲しいんだけど、結局、この2人については、流れちゃいそうだなあ…。パリ・サンジェルマンからアレックスとメネズをフリーで獲得したことがその代わりってことでしょうか。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。