FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ミラン、ターラブト獲得に向け、QPRに300万ポンドのオファー?

ミラン、ターラブト獲得に向け、QPRに300万ポンドのオファー?

http://www.football-italia.net/54170/milan-offer-qpr-%C2%A33m-taarabt

ACミランは、火曜にアデル・ターラブトの代理人と会談を行い、クイーンズ・パーク・レンジャーズ[QPR]に対して、300万ポンド+ボーナスを提示する予定だと報じられている。

モロッコ代表のターラブトは、2013-14シーズンの後半6ヶ月をミランでのレンタルで過ごしたが、ミランは買取オプションを行使しなかった。

ミランは、移籍金の減額を勝ち取ろうとしており、ターラブト自身のロンドンを離れたいという要望により、移籍金が下がることを期待して、待機戦を行っている。

Sky Sport Italiaによると、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、火曜に、ターラブトの代理人であるKia Joorabchianと会談を行う予定だという。

QPRへのオファーは、300万ポンド(375万ユーロ[約5億1400万円])に加え、今後のターラブトに関する売上の一部を渡すというものになるとみられている。


久しぶりにターラブトに関するニュース。ピッポがこだわっているのは、『右サイドでプレーする左利きのアタッカー』ということなので、ターラブトについての優先順位は下がってるんじゃないかと思っています。ミランとしては、とにかく待ちの姿勢で臨むようで、移籍期限最終日が近づけば、QPRも妥協してくると考えているようですが、そこまで都合よく行くかなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミランチャンネル、ディエゴ・ロペスがミラン移籍に関する個人条件に合意したと報じる

ミランチャンネル、ディエゴ・ロペスがミラン移籍に関する個人条件に合意したと報じる

http://www.football-italia.net/54106/official-diego-lopez-agrees-milan-terms

ディエゴ・ロペスが個人条件に合意し、レアル・マドリーからミランに移籍する準備が整った。

レアル・マドリーはすでに、シーズン終了後のパフォーマンスボーナスを除いてフリーで、ディエゴ・ロペスをミランに放出することに合意している。

Sky Sport Italiaによると、話し合いが夜通し続けられ、今朝、代理人であるManuel Garcia Quillonとの直接の話し合いで詳細な部分が決められたようだ。

昨日は、ディエゴ・ロペスの要求する年俸額が移籍の妨げになる可能性があると懸念されていたが、クラブの公式TV局であるミランチャンネルは、その状況が解決されたと発表している。

ゴールキーパーのディエゴ・ロペスは、月曜にメディカルチェックを受け、その後、4年契約にサインするとみられており、同日、パブロ・アルメロもウディネーゼからレンタルで加入することになっている。


ディエゴ・ロペスが個人条件に合意、というニュースミランチャンネル発表なので、さすがに決まりか。32歳と若くはないけど、4年契約なら契約終了時でも36歳。今のアッビアーティよりも若いので、問題なしでしょう。彼が本来の力を発揮してくれれば、4年間はGKに関する心配をしなくてよさそうです。

こうなると、アガッツィは放出されるだろうなあ。アメリカでのプレシーズンマッチでも、正直、アガッツィは不安定だったし。前にも書きましたが、今のところ、サッスオーロが獲得を検討しているようです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ディエゴ・ロペスのミラン移籍をめぐり、メディアの意見が分かれる

ディエゴ・ロペスのミラン移籍をめぐり、メディアの意見が分かれる

http://www.football-italia.net/54091/diego-lopez-milan-updates

ディエゴ・ロペスのACミラン移籍をめぐり、その要求する年俸の額がミランにとって高過ぎると報じているメディアもあれば、土曜にも移籍が決定するだろうとしているメディアもあり、報道が錯綜している。

レアル・マドリーは、ゴールキーパーのディエゴ・ロペスをミランにフリーで放出することに合意しており、パフォーマンスに関するボーナスだけをシーズン終了後に受け取ることになっているようだ。

ガゼッタ・デッロ・スポルトは、ディエゴ・ロペスの要求額が交渉の妨げとなっていると報じているが、Sky Sport Italiaは、移籍への道が開かれていると報じている。

明日の朝、ディエゴ・ロペスの代理人が、アドリアーノ・ガッリアーニと個人条件についての交渉を行うために現地入りするとみられている。

その後、ディエゴ・ロペスは、3年契約にサインすることになりそうだ。なお、彼のレアル・マドリーとの現在の契約は2015年6月に切れる予定だ。

一方、ミランはウディネーゼからのレンタルでパブロ・アルメロを獲得する予定だが、Sky Sport Italiaはまた、計画に変更があったと報じている。

彼は月曜にメディカルチェックのために現地入りする予定だが、買取オプション無しでの1年のレンタル契約になりそうだとのことだ。


ディエゴ・ロペスのミラン移籍について、ガゼッタ・デッロ・スポルトは否定的な見方をしており、Sky Sport Italiaは、ほぼ決まりと考えているとのニュース。さすがに今のミランにとって、年俸400万ユーロは高すぎるので、その要求が変わらないのであれば、獲得は不可能だと思います。イングランドのクラブなら、400万ユーロくらいは出す可能性が十分にあるので、持って行かれちゃうかもしれないなあ、とは思っています。それならそれで、縁がなかったということで仕方ありませんね。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

トラフゾンシュポル、コンスタンの獲得を正式に発表

トラフゾンシュポル、コンスタンの獲得を正式に発表

http://www.football-italia.net/53663/official-constant-trabzonspor

ケヴィン・コンスタンがトラフゾンシュポルと正式に契約をかわし、ACミランは、パブロ・アルメロをウディネーゼから獲得することができる状況になった。

コンスタンがトラフゾンシュポルとの4年契約に合意したことが、同クラブの公式ウェブサイト上で発表された。

ミランは、アルメロの獲得に向けて、今回の売却が成立するのを心待ちにしていた。

コロンビア代表のアルメロは、シーズン終了後の買取オプション付きの50万ユーロのレンタルでミランに加入することになりそうだ。

彼はすでに個人条件で合意しており、月曜にもメディカルチェックを受ける予定だと報じられている。


コンスタンのトラフゾンシュポル移籍が正式に発表される。個人的にはわりと好きな選手だったし、ドリブルでアクセントをつけられる存在だと思っていたので、少し残念。昨シーズン、ケガもあって、かなり出場機会が減り、モチベーションを維持するのも難しくなっていたでしょうから、仕方ないことではあるんですが。

そのコンスタンと引きかえに、アルメロがやって来るらしい。ワールドカップで活躍したので、獲得は難しいかなと思っていたんですが、どうやら決まりみたいですね。デ・シーリョを本来の右サイドバックとして起用できるので、良い補強になると思います。アバーテの立場をどう扱うのかが、若干難しくはなりますが、そこはピッポに頑張ってもらいましょう。

なお、直接は関係のない話ですが、ユヴェントスの監督に就任したアッレグリが、サパタをミランから引き抜きたいと考えている模様。条件にもよると思いますが、昨シーズン、アッレグリの解任後、サパタの最終ラインにおける立場は明らかに低下しており、その状況は、ワールドカップで好プレーをみせた後もあまり変わっていない感じ。センターバック2枚は、『ラミ+誰か』というのが基本になるとみられ、おそらくその相方候補は、アレックス、ボネーラ、メクセスという感じかと思いますので。その点を考えると、サパタが移籍したいと思うのは止められそうもないか…。僕はサパタ好きなんだけどなあ…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ACミラン、ディエゴ・ロペスの獲得についてクラブ間では合意&本人と条件面の交渉中?

ACミラン、ディエゴ・ロペスの獲得についてクラブ間では合意&本人と条件面の交渉中?

http://www.football-italia.net/53577/milan-%E2%80%98agree-deal-lopez%E2%80%99

ACミランは、ディエゴ・ロペスについてのレアル・マドリーとの交渉で合意に達しており、あとは、本人の同意を得るのみだと報じられている。

ここ数日、レアル・マドリーがイケル・カシージャスの競争相手として、ケイラー・ナバスを獲得したことにより、サンチャゴ・ベルナベウを離れることになるとみられている、32歳のディエゴ・ロペスの獲得にミランが近づいていると報じられていた。

昨晩、ミランチャンネルがレアル・マドリーとの交渉が「継続中である」と報じた一方、ガゼッタ・デッロ・スポルトは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者であるレアル・マドリーと暫定的な合意に達したと報じている。

アドリアーノ・ガッリアーニは、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長から、「タダ同然での」完全移籍について、イエスという返事を受け取っているとも報じられている。

あとは、ミランがかつてビジャレアルとセビージャでプレーしていたディエゴ・ロペスとの契約を結ぶのみだとみられている。

ディエゴ・ロペスは現在、ミランが提示している250万ユーロという年俸の引き上げを行っていると思われる。

トゥットスポルトは、ディエゴ・ロペスの要求額について、シーズン400万ユーロでの3年契約だと報じている。


ディエゴ・ロペスの獲得に関して、すでにクラブ間では合意に達しているとの報道。複数メディアですし、ある程度の信ぴょう性はありそうです。それにしても、この記事を信じるならば、結局「ほぼフリー」なんですね。ガッリアーニのタダ好きは半端ないです。もしディエゴ・ロペスをフリーに近い額で獲得できるならば、それはお手柄だと思うので、ありがたいことですけども。

ただ、まだ本人との条件交渉という問題が。250万ユーロ+出来高という提示をしているようですが、ディエゴ・ロペス側の要求額との開きは大きそう。素晴らしいGKだとは思いますが、正直400万ユーロはさすがに高いなあ…。何とか出来高の内容とかで妥結してくれることを期待しています。まあ、この記事の内容が真実ならば、ですけども。

なお、こういった状況を受けてなのか、移籍してきたばかりのアガッツィについて、正GKであるペゴロが負傷により約2ヶ月欠場することになっているサッスオーロが関心を示しているようです。レンタルは十分にありえそう。30歳でしかも背番号1を付けているGKがいきなりレンタルされるっていうのは屈辱かもしれないけど…。そういえば、サッスオーロには、インザーギ監督が欲している「右サイドでプレーする左利きのアタッカー」、ベラルディがいます。昨シーズン、アウェーでのサッスオーロ戦では、彼ひとりに4得点を許して、ボコボコにされたもんなあ…。アッレグリ監督にとってのミランでのラストゲームでもありました。今のところ、本人に移籍の意志がないようなので、獲得は無理ですけども。他のクラブとの獲得競争を制するような資金力もないしね。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ロビーニョ、1年のレンタルでサントスに復帰することが決定

ロビーニョ、1年のレンタルでサントスに復帰することが決定

http://www.football-italia.net/53605/official-robinho-moves-santos

サントスは、かつて同クラブに所属していたロビーニョがACミランから復帰すると発表した。

サントスは、ミランのフォワードであるロビーニョの移籍先として噂されていたが、今日の午後、その獲得を発表した。

30歳のロビーニョは、サントスでそのキャリアをスタートさせ、2008年にレアル・マドリーに移籍したが、1年のレンタル移籍で古巣に戻り、背番号7をつけることになりそうだ。

ロビーニョはこのようにコメントしている。
「サントスは僕の故郷だ。とても気持ちのいい場所だよ。ファンからの愛にピッチ上で応えたいと思っている。」


ロビーニョのサントス復帰が決定。結局、1シーズンのレンタルということに。ミランとしては、大したお金にならなそうな契約ですが、比較的年俸も高めだし、移籍先が決定しただけでもよしとすべきなのでしょう。おそらくロビーニョ自身も個人条件で多少妥協した部分があるのではないかと思います。サントスでの活躍を期待しています。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

プレシーズンマッチ 2014 ACミラン vs CDグアダラハラ レビュー

プレシーズンマッチ 2014 ACミラン vs CDグアダラハラ レビュー

フォーメーション&マッチアップ図は無し。

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミラン、アルメロとディエゴ・ロペスについて交渉中であることを公式チャンネルで明らかに

ミラン、アルメロとディエゴ・ロペスについて交渉中であることを公式チャンネルで明らかに

http://www.football-italia.net/53552/milan-armero-and-diego-lopez

ミランチャンネルは、ケヴィン・コンスタンのトラフゾンシュポルでのメディカルチェック、パブロ・アルメロ、ディエゴ・ロペスについての最新情報を伝えた。

今日の午後、ミランの公式TV局であるミランチャンネルは、3件の移籍に関する最新情報を提示した。

それによると、コンスタンは、トラフゾンシュポルへの完全移籍に向け、金曜にトルコでメディカルチェックを受けることになっているようだ。

一方、ウディネーゼとコロンビア代表のウィングバックである、パブロ・アルメロは、コンスタンの契約が終了した後にミランに来る予定であり、来週には「99.9%」ミランでのメディカルチェックを受ける予定だという。

ミランチャンネルはまた、レアル・マドリーのゴールキーパー、ディエゴ・ロペスに関する「交渉が継続中である」ことを明らかにし、レンタルではなく完全移籍になるだろうと伝えている。

1シーズン250万ユーロ+ボーナスでの3年契約になるのではないかと噂されている。


ウディネーゼはアルメロの移籍を否定していましたが、ミランチャンネルは強気な報道。最終的に決まるかどうかはまだ分かりませんが、契約が決定していないだけで、水面下で交渉をしており、決定に近いところまで行っているのは間違いなさそうです。

もうひとつ、ディエゴ・ロペスに関する交渉が進んでいるという話も。ディエゴ・ロペスは派手さこそないものの、あらゆる点で安定した実力を持つ素晴らしいGKなので、そりゃ獲得できるなら嬉しいけど、アガッツィの立場は…。完全移籍ということはそれなりの移籍金もかかるわけですし、必要性をしっかり見極めて話を進めて欲しいです。そもそも獲得できるかどうかが微妙ですけども。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

トラフゾンシュポル、ミランからコンスタンを獲得したことを発表

トラフゾンシュポル、ミランからコンスタンを獲得したことを発表

http://www.football-italia.net/53501/trabzonspor-confirm-constant-signing

トラフゾンシュポルは、ACミランから左サイドバックのケヴィン・コンスタンを獲得したことを発表した。

ギニア代表のコンスタンは、2012年にジェノアからミランに移籍し、2年間をサン・シーロで過ごした。

しかし、彼は、トラフゾンシュポルに移籍するためにセリエAを離れることになり、同クラブは、彼の獲得のために250万ユーロを支払うことになると報じられている。

この取引がまとまったことにより、ミランが、コロンビア代表のパブロ・アルメロを完全移籍を視野に入れた1シーズンのレンタルでウディネーゼから獲得する準備が整ったとみられる。


コンスタンのトラフゾンシュポル移籍が決定。エマヌエルソンもローマに移籍したので、左サイドバックとしてプレーできるのは、基本的にデ・シーリョだけという状況に。プレシーズンマッチでは、アルベルタッツィも起用されてたけど。

記事の中で、ウディネーゼのパブロ・アルメロを獲得する予定だとされており、すでに決定したという報道もありましたが、ウディネーゼは、ミランからの関心を認めているものの、移籍そのものは否定しています。昨シーズン後半の6ヶ月は、ウェストハム・ユナイテッドにレンタルされていたため、イングランド方面からの関心もあるようで、ミランがそのあたりとの獲得競争に勝てる気はしませんね…。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミラン、アーセナルのキャンベルに接触?

ミランアーセナルのキャンベルに接触?

http://www.football-italia.net/53433/milan-meeting-arsenals-campbell

今日、アーセナルとコスタリカ代表のストライカーであるジョエル・キャンベルが、ACミランと『前向きな』会談を行ったと報じられている。

フォワードのキャンベルは、ワールドカップで活躍し、土曜日に行われたエミレーツカップのベンフィカ戦でも得点をあげた。

その試合、ミランのディレクター2名がスタンドに姿をあらわし、Sky Sport Italiaによると、彼らは、今晩、キャンベルの関係者と会談を行ったようだ。

会談の目的は、キャンベルがこの件を進めることに関心があるかどうかを見極めることで、 Skyは、その結果について、『前向き』なものだったと報じている。

そのことを前提に、ミランは、アーセナルに具体的なオファーを携えてアプローチする可能性がある。

ミランは、キャンベルがコンスタントにプレーし、経験を積み重ねることができるようにするため、レンタルでの獲得を目指すか、もしくは、完全移籍の可能性をさぐることになる。

この夏、ミランは、ピッポ・インザーギ新監督の考える4-3-3システムのために、フォワードを獲得しようとしている。

他の選択肢としては、トリノのアレッシオ・チェルチや、パリ・サンジェルマンのエセキエル・ラベッシが挙げられている。


ミランがジョエル・キャンベルの関係者に直接接触した、というお話。確かに彼も『右サイドでプレーする左利きのウィング』。つい先日、アーセナルのヴェンゲル監督は、キャンベルについて、今シーズンは戦力として計算しており、放出はしないという方針を明言していましたが、それでもアーセナルに残留する以上、出場機会はある程度限られるでしょうから、そこにつけいるスキがあると考えているのでしょうか。完全移籍であれば、600~800万ユーロというところでしょうか。レンタルなら、その3分の1くらい? ロビーニョに関する取引が上手くまとまれば、そのくらいの資金は捻出できるのかなあ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ミラン、バロテッリを1430万ポンドでリヴァプールに売却?<

ミラン、バロテッリを1430万ポンドでリヴァプールに売却?

http://www.football-italia.net/53415/balotelli-liverpool-%C2%A314m

Sport Mediasetは、ACミランが、マリオ・バロテッリをわずか1430万ポンド[25億円弱]で売却するという交渉をリヴァプールと行っていると報じている。

リヴァプールがバロテッリに興味を持っているという噂は、インターナショナルチャンピオンズカップの試合前に、ブレンダン・ロジャース監督がプレスカンファレンスでバロテッリを賞賛したことで、激しく動き出した。

現在、イタリアメディアは、代理人であるミノ・ライオラがすでにプレミアリーグのリヴァプールと年俸交渉に入っていると報じている。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、バロテッリが『99.999%』残留する見込みだと語っていたが、このフレーズは、以前他の移籍が実現した際にも用いられていた。

Sport Mediasetによると、この夏、バロテッリの移籍金の額は、わずか1800万ユーロ(1430万ポンド)にまで急落しているという。

ミランはその資金を、トリノのウィンガーであり、ASモナコのターゲットにもなっている、アレッシオ・チェルチに再投資するという意図を持っているようだ。

バロテッリは、イタリアでの生活について、メディアの容赦なさという点で、マンチェスター・シティでの生活よりも大変だと考えている。

「マリオをイタリアに連れ帰ったのは失敗だった。」
代理人のライオラは、バロテッリの態度や能力が批判の的となった、ワールドカップでの敗退後、このように語っていた。


ミラン、バロテッリをリヴァプールに放出?という報道リヴァプールは、速い展開でキビキビとしたサッカーをやっていましたが、その中で、若干リッキー・ランバートが浮いている感じもしました。まだ、コンディションが万全ではないというのもあるとは思いますが。そんな中で、バロテッリを補強したいというのは理に適っている気もします。スアレスの移籍金は7500万ポンド=約130億円と言われているので、1430万ポンドくらいなら出せるんでしょうね。バロテッリ自身のイタリア生活に対するモチベーションが下がっているところも少し感じるので、可能性は限りなく低い話だと思いますが、ライオラ絡みでもありますし、どこかに実現しそうな雰囲気もある、イヤな報道です。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

2014 プレシーズンマッチ リヴァプール vs ACミラン レビュー

2014 プレシーズンマッチ リヴァプール vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014_PSM_Liverpool_vs_AC_Milan_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。

続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ロビーニョ、ドバイのクラブへ移籍する可能性が浮上<

ロビーニョ、ドバイのクラブへ移籍する可能性が浮上

http://www.football-italia.net/53379/milan-robinho-agent-dubai

ACミランの公式なネットワークであるミランチャンネルは、ロビーニョの代理人がオファーについて検討するためにドバイへ飛んでいると報じた。

ストライカーのロビーニョは、他クラブへの移籍を望んでいると言われているが、移籍金と年俸の要求額により、オーランドシティ、サントス、フラメンゴ、オリンピアコスとの交渉は暗礁に乗り上げているとみられている。

今回、ミランチャンネルは、ロビーニョの代理人であるMarisa Ramosが交渉のためにドバイへ飛んでいると発表した。

彼女は、資金の潤沢なUAEプレミアリーグのクラブからの複数のオファーについて検討することになりそうだ。


ロビーニョ、ドバイ行きか?という報道。移籍金に関しては、ミランはある程度妥協できるはずだから、やっぱり問題はロビーニョの個人条件? 本人がそれを希望するのなら、仕方ないとは思うけど、ブラジルなり、オリンピアコスなりでプレーしている方が幸せだと思うけどなあ。まだ30歳ですし。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

前のページ