FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】香川真司、先発出場 海外メディアによる選手評の訳も プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジ・シティ レビュー

海外の反応香川真司、先発出場 海外メディアによる選手評の訳も
プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジ・シティ レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Manchester_United_vs_Swansea_re.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。


マンチェスター・ユナイテッド(4-2-3-1):
デ・ヘア;ジョーンズ、ファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラ;キャリック、スコールズ;香川真司、ファン・ペルシ、ウェルベック;チチャリート

スウォンジ・シティ(4-2-3-1):
トレメル;ティンダリ、チコ、ウィリアムズ、テイラー;ブリットン、デ・グズマン;ダイアー、ルートリッジ、エルナンデス;ミチュ


ファーガソン監督にとって、ホームでの公式戦ラストゲームとなる、このスウォンジ・シティ戦、香川真司の名前が先発メンバーに。ただ、ウェイン・ルーニーの名前はなし。どうやらベンチにも入っていない模様。ルーニーといえば、先日、ツイッターの自己紹介文から、『マンチェスター・ユナイテッド』という言葉を外して話題になっていました。何か起こるんでしょうか? などということはなく、普通にスタンドにいるみたいですね。軽いケガでもあるのでしょう。また、スコールズも先発。スコールズは、今シーズン限りでの二度目の引退を表明していますので、これで見納め…。あと、チチャリートも先発ですね。

ファーガソン監督の退任について、特別なセレモニーは行われないと聞いていたんですが、試合前にトンネルから出てくるファーガソンを両チームの選手たちが並んで出迎えるという形での入場となりました。オールド・トラフォードは真っ赤で"You'll never walk alone"の大合唱。

試合開始から少し観た感じでは、香川は右のハーフっぽいです。この形あんまり上手くいった試しないんだけどなあ…。
4分、相手の自陣でのパスを奪ったファン・ペルシがそのままドリブルで中央をあがり、左のチチャリートへ、チチャリートはやや足元にボールが入りすぎたのか、一瞬躊躇した後左足でシュート、クロスバー直撃! 惜しい。ファン・ペルシが少し下がり目かな?
14分、ペナルティエリア右角あたりでボールを受けた香川からペナルティエリア内左のチチャリートへクロス、ヘッドで合わせるもディフェンスがブロック。惜しい。
18分、一気に前線に飛び出してきたスコールズに香川がヒールパス、それを受けたスコールズがチチャリートとのワンツーを狙うもディフェンスにひっかかる。やっぱり香川は中央がいいんだろうなあ、理想でいえば。
22分、ファン・ペルシが右サイドから、ペナルティエリアの左角あたりへのクロスパス、エヴラが受けてシュートを放つもGKの正面。
31分、香川とファン・ペルシがペナルティエリア内の狭いところでワンツーをしかけたところで香川が倒されるもノーホイッスル。今のでPKをとってもらうのは難しそう。
35分、ゴール正面でボールを持ったファン・ペルシが少し浮かして左のチチャリートへ、右足のダイレクトボレーで狙うが枠の上へ。今日のファン・ペルシは、ある程度チャンスメイクに徹している感じがします。
39分、ファン・ペルシの右サイドからの長いフリーキック、エルナンデスが目測を誤り、ヘディングをミス、抜けてきたボールがその後ろにいたウィリアムズの足に当たって、マーカーから離れているチチャリートの前へ、チチャリートがこのチャンスを逃すわけもなく、右足でしっかり決めてユナイテッド先制!! さすがとしかいいようのない決定力。ボールがこぼれるところにいるのも不思議だし、彼の前のスペースがポカンと空いているのもの不思議。
43分、キャリックからのパスをゴール正面からやや左で受けたファン・ペルシが左足でミドル、GKが懸命にブロック。

前半終了。1-0でユナイテッドがリード。さすがに強いですね、今シーズンのユナイテッドは。今日が特別良いということもないと思うんですが。

後半開始。両チーム交代なし。
49分右からのクロスを左から走りこんできたミチュが左足の難しそうなボレーで決めてスウォンジ同点。一瞬静まり返るオールド・トラフォード。その後は軽いブーイング。『何もこんな日に…』ということかもしれませんが、勝負ですしねえ…。
53分、ルートリッジがドリブルで強引に突破、ファーディナンドと競り合いながら右足で放ったシュートは枠の右へ。後半ダレるという今シーズンのユナイテッドの悪いクセは変わっていないようです。
62分、エルナンデスがペナルティエリア内右でボールを受け一旦切り返してから右足でニアにシュート、デ・ヘアがセーブ。危ない。
64分、ファン・ペルシからのパスを受けて、ペナルティエリア内左に侵入したウェルベックが左足で中央にグラウンダーで折り返し、チチャリートが滑りこむも一歩及ばず。
65分、スウォンジの交代、テイラーに代えてベン・デイヴィス。
66分、ユナイテッドの交代、スコールズ、ウェルベックに代えてアンデルソン、ヴァレンシア。スコールズに対して大歓声。
67分、左サイドのエヴラからのクロスをファーの香川がヘッドで中央に落とすもディフェンスがクリアしてコーナーキック。
69分、香川がペナルティエリア左の微妙なスペースへ浮き球のパス、走りこんだエヴラが粘ってクロス、クリアボールをアンデルソンが強烈なミドル、ボールはわずかに枠の右へ。惜しい。
74分、スウォンジの交代、ミチュに代えてランヘル。
76分、ユナイテッドの交代、チチャリートに代えてギグス。
84分、セットプレーからの流れで右サイドでボールを受けたヴァレンシアがクロスをあげるも大きすぎ、そのままファーに流れる。結局調子が上がらないままでしたねえ、ヴァレンシアは
86分、ユナイテッドのカウンター、ギグスから右サイドに抜け出したアンデルソンへ、右のスペースでアンデルソンからのパスを受けたファン・ペルシが切り返して中央に向かいそのままシュート、ディフェンスに当たってコーナーキックに。
コーナーの前に、スウォンジの交代、エルナンデスに代えてアグスティン。
87分ファン・ペルシの右からのコーナーキックがファーに抜け、そこに待ち受けていたファーディナンドが右足のボレー、これが見事に決まりユナイテッド勝ち越し!!! ドラマがあるなあ。ファーディナンドが決勝点になるかもしれないゴールをあげるなんて。
90+1分、ゴール正面、ペナルティエリアギリギリのところでアンデルソンからのパスを受けたファン・ペルシが反転して左足で狙うも、やや力なくGKがキャッチ。

試合終了。2-1でマンチェスター・ユナイテッドが勝利。ファギーと香川などの選手が抱擁をかわす姿が映る。こういうのも、もう観られないんだなあ、と思うと、なんだか感慨深いものがあります。


Goal.com U.K.版による香川真司の選手評の訳。
http://www.goal.com/en-gb/match/81203/manchester-united-vs-swansea-city/player-ratings

香川真司:2.5(5点満点)
ウェイン・ルーニーがスタンドに座っている中、これは、ルーニーがいなくなった後のユナイテッドの姿について熟考するような、ある種のオーディションだったのだ。香川はボール扱いに優れていたが、ユナイテッドが支配を失っていくと、大きな影響を与えられなくなっていった。


その他に何人か

マンチェスター・ユナイテッド
チチャリート:4(5点満点) Man of the Match
ボールのないところで大いに脅威をもたらした。序盤にはクロスバーを叩き、その後スライディングによるフィニッシュでトレメルの下を抜き、先制ゴールをあげた。ペナルティエリア内では、恐ろしく鋭い存在だ。

ファーディナンド:3
平穏な前半だったが、後半にはスウォンジの前線のスピードに対処するのが難しくなっていき、ルートリッジに裏をとられ決定機を与えてしまった。しかし、そんなことは、彼が決勝ゴールを叩き込んだ時に全て忘れ去られてしまった。


スウォンジ・シティ
エルナンデス:2.5 Flop of the Match
チチャリートの先制ゴールにつながったシーンでは、ヘディングでクリアしておくべきだった。攻撃で輝く場面もあり、後半には相手を撹乱するようなドリブルからデ・ヘアを脅かすシーンもあったが、やり過ぎなところもあった。

ミチュ:3.5
わずかに触っただけの素晴らしいフィニッシュで同点ゴールをあげ、後半に交代した。多くの場面では目立たなかったが、チチャリート同様、彼がインパクトを残すのに多くのチャンスは必要ないのだ。


香川は2.5とやや厳しい評価。う~ん、ちょっと厳しすぎるかな?


SkySportsによる香川真司の選手評の訳。
http://www1.skysports.com/football/live/match/261925/ratings

香川真司:8(10点満点)
ファイナルサードでの真の原動力


その他に何人か

マンチェスター・ユナイテッド
チチャリート:8(10点満点)
得点をあげるための正しいポジショニング

ファーディナンド:8
いいところに突然あらわれて、決勝ゴールを叩きだす


スウォンジ・シティ
ミチュ:7
同点ゴールを決める見事なフィニッシュ

ルートリッジ:7
最終ラインと中盤の間のスペースを活用した


こちらの香川に対する評価は『8』とチーム最高タイ。評価っていうのはやっぱり色々なんですねえ…。まあ、所詮主観ですし。

授賞式後に、カップを持ってのファギーとの2ショットを撮影してもらう選手たち。良い光景。関係者の家族もピッチ上に入ってきて大騒ぎです。

レッドカフェの方も、ファギー関連のスレが今は話題の中心で、香川のスレはそんなに伸びていませんが、今日伸びた分は訳そうかなと思います。

最後に今日のファーガソン監督の試合後のスピーチで印象に残った部分の訳を。

『ユナイテッドにも苦しい時期があったのを思い出して欲しい。その時もクラブは私の味方でいてくれた。経営陣も、スタッフも、選手たちも私の味方でいてくれた。これからの皆さんの仕事は、新しい監督の味方でいることだ。』


モイーズ監督にとって、本格的なビッグクラブでの監督は初体験なわけで、そんな時に味方の中に敵がいたら、やってられませんもんね…。この時には観客も沸いていました。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

いつも翻訳乙
管理人を抱き締めてキスしてあげたい

  • 2013/05/13(月) 04:50:16 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ファギーとルーニーとスコールズが消えたユナイテッド…。
別のチームみたいだな。

  • 2013/05/13(月) 04:50:37 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

ルーニーベンチ外なのに、ルーニーを出してくれって何度思ったか…。
Jすぽの実況の方もいってましたがメダル受賞のときのファーガソンとルーニーのハグはやっぱり少しぎこちなかったですね・・・。

  • 2013/05/13(月) 07:41:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

翻訳おつ。
ルーニーが試合に出なかったのは本人がファーガソンに移籍希望の話をしたから、ユナイテッドのことをもう一度冷静に考えてくれってことでベンチ外にしたみたいです。
まぁ彼のキャリア的にも新天地でやれる最後のチャンスかもしれないしバイエルン行きたいなら止められないか。でも今ルーニーが消えると…。複雑な心境。

  • 2013/05/13(月) 08:02:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

この記念すべき試合はベンチに座るだけでも名誉な事‥新加入のペルシー、香川、デヘアがフル。
Uの一時代を築いたギグス、スコールズ、リオが先発と途中出場‥ベンチ外のルーニーの移籍は決定的だろう‥メダルの授与式でもファギーとのハグが一番浅かった。
ファーガソン、ギグス、スコールズ、リオ?、ルーニー、間違い無くUの一時代が終わった。
歴史的瞬間に香川がピッチに居る事が同じ日本人として、サッカーファンとして嬉しい。
香川がメダルを見つめ両手で挟み嬉しそうだったのが印象的。
最後にコーナーはもう少し練習しましょう‥来期はチーム一番のペルシーを生かすためにも蹴る機会が増える可能性があるから。

  • 2013/05/13(月) 08:45:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

チチャずっと不遇って言われてたからでれてよかったー。
来年は賀川はもちろんチチャももっとみたい。

  • 2013/05/13(月) 10:58:55 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

香川そんなに良くなかったな
ただ守備は頑張って前線でボール奪ったり珍しい部分も見れたな

  • 2013/05/13(月) 12:58:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

なんだかんだで勝てて良かった!
ミチュが入れた時は「空気読めよ~」と思いましたが(笑)
セレモニーはみんな嬉しそうで良かった…ルーニーいなくなるなら確実にフェライニが来ますね…香川にとってはまたまた大変な来季になりそうだけどそれがユナイテッド!
SAFお疲れ様でした…って、もう1試合あるんだwww忘れてたw

  • 2013/05/13(月) 13:19:08 |
  • URL |
  • ピー #-
  • [ 編集 ]

香川は前半凄かったよ
良くなかったって言ってる奴は消えてたって意味?
守備も多分香川いなけりゃ2点は取られてる
ファーガソンがフルで出す時は大抵守備貢献がでかい時
ポジチェンであれだけ安定してミス一度もなく試合作ってた
勝てて良かったし面白い試合だった
ルーニーもファーギーがどれほどギグスやスコールズのようになって欲しいと考えてるか理解できず逃げるならそのほうがいい

  • 2013/05/13(月) 14:18:48 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ルーニーはよそに行ってもあれだけの選手だから、そこそこ活躍はするかも知れないけど、ユナイテッドにいるときみたいにちやほやされてlegendにはなれないということを冷静に考えて欲しいな…モィーズとやれるかやれないか冬くらいまで様子みたらいいのに…悲しいです

  • 2013/05/13(月) 14:48:15 |
  • URL |
  • ピー #-
  • [ 編集 ]

管理人さん、いつもありがとうございます。
この試合、ファーギー、スコールズにとって素晴らしいはなむけになりましたね。戦術志向のファンにとっても、いっそうのコンチネンタル化(CL、リーグ内強豪対応)を期待させる良い内容でした。スウォンジーも限られた戦力の中で最良の策をとっていました。
フォーメーションは基本4-4-2フラットで、中盤4枚が攻守のトランジションや戦況でポジチェンする、香川のIQを活かした使い方に見えました。香川はおそらくシューズ選択を間違えたであろう事を除けば文句なし。(Goal.comは昔からプレー内容をダイジェスト的にしか見れません。SkySportsは戦後解説含め、いつも素晴らしいです。)

>14:18:48さん
賛同します。スコールズの引退試合で、香川が常に彼のパスのファーストチョイスだったのは素晴らしいです。出場しなかったルーニー同様、どんなサッカーにも対応できる天才ぶりを見せ付けられました。彼に10年前の体力があればと思います(それでも香川のトップ下安泰は見えたでしょう、コンチネンタル化を図るなら)。ルーニーはスコルジーに代わってボックストゥボックスをやるにはプライドが許さなかったのでしょうか。個人的には香川をかわいがってくれた彼をフォルス9として使えば香川の得点も増えると思っていましたが、RVP、チチャのほかにまだストライカーを求めるファーギーや、モイーズの招聘で、嫌気が差したのかもしれませんね。交代したウェルベックは香川とのポジチェンについていくのに大変でしたが、あの役目は現戦力では彼にしか出来なかったでしょうね。それにしても香川の足下の技術以上にIQやビジョンを評価できる監督の経験値はさすがと思った。来季はファーギー・モイーズのタッグで香川をトップ下かセカンドSTで使えるチームに仕上げてもらいたい。

  • 2013/05/13(月) 18:32:44 |
  • URL |
  • #OjF2xvdE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1000-1168eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)