FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

コパ・デル・レイ 2012-13 決勝 レアル・マドリー vs アトレティコ・マドリー レビュー & Goal.comによる選手評を少し

コパ・デル・レイ 2012-13 決勝 レアル・マドリー vs アトレティコ・マドリー レビュー & Goal.comによる選手評を少し

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Copa_del_Rey_Real_Madrid_vs_Atletico_Madrid.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。


レアル・マドリー(4-2-3-1):
ディエゴ・ロペス;エッシェン、セルヒオ・ラモス、アルビオル、コエントラン(91' アルベロア);ケディラ、アロンソ;エジル、モドリッチ(91' ディ・マリア)、クリスティアーノ・ロナウド;ベンゼマ(91' イグアイン)

アトレティコ・マドリー(4-4-2):
クルトゥワ;ファンフラン、ミランダ、ゴディン、フィリペ;ガビ、スアレス、コケ(113' ラウル・ガルシア)、アルダ(111' ロドリゲス);ディエゴ・コスタ(105+2' アドリアン)、ファルカオ

結果:レアル・マドリー 1 - 2 アトレティコ・マドリー

得点者:
レアル・マドリー14' クリスティアーノ・ロナウド '
アトレティコ・マドリー35' ディエゴ・コスタ 99' ミランダ


今シーズンのコパ・デル・レイ決勝は、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーのダービマッチ。モウリーニョ監督にとって、レアル・マドリーでは最後のタイトル挑戦になる可能性が高い試合です。

試合開始から約10分経過。両チーム決定的なチャンスはまだ無し。序盤はマドリーの方が圧倒的にボールを支配している印象だったけど、徐々にアトレティコもキープできるようになってきた感じ。
14分マドリーの右からのコーナーキック、エジルが蹴ったボールをクリスティアーノ・ロナウドが中央でヘディング、ゴール左隅に決まってマドリー先制! 実にあっさりと。リプレーでみると、クリスティアーノ・ロナウドのマークについていたゴディンの背中をクリスティアーノ・ロナウドが軽くヒジで押している感じもしますが、特に激しい抗議もみられないので、許容範囲なのでしょう。クリスティアーノ・ロナウドのマークを外す動きの巧さはさすがです。
30分、左サイドを駆け上がったフィリペがペナルティエリアの左でフリーキックを奪う、倒したのはなぜかクリスティアーノ・ロナウド。サイドも違うし、ここまで下がってくるのも珍しい。まあ、最近はそうでもないか。チャンピオンズリーグで観た時もある程度は守備してたし。
35分ハーフウェイライン付近でボールを受けたファルカオが素晴らしい個人技でディフェンス二人をかわし、前に持ちだして、ゴール正面やや左寄りのスペースへ絶妙のスルーパス、ダイアゴナルに走りこんだディエゴ・コスタがこのパスを受け、ペナルティエリア外から思い切って左足でシュート、これがディエゴ・ロペスの伸ばした左手をかすめ、右のゴールポストに当たってゴール! アトレティコ・マドリー同点!! いや~、良いもの観た。やはりファルカオは素晴らしいですね。もちろんシュートを決めたディエゴ・コスタも。
43分、ベンゼマとのワンツーからコエントランがクロスを入れようとするがディフェンスに当たる、そのこぼれ球をエジルがペナルティエリア外から直接左足のボレー、右ポスト直撃。エジルはもうちょっとシュートが上手ければ天下取れそうなのに…。
ロスタイム無しで前半終了。アトレティコが追いついたので、後半が楽しみになりました。

後半開始。両チーム交代なし。
52分、フリーキックからペナルティエリア右にコケが飛び出して中央へ速いボール、ミランダが合わせにいくも中途半端なところに当たってしまいそのままディエゴ・ロペスへ。決定機でしたが。
55分、エジルがペナルティエリア右から蹴ったフリーキックは、マドリーの選手には合わなかったものの、曲がってゴール方向へ、クルトゥワが右手一本で何とか触りコーナーキックへ。
59分、キレイなパスワークから右サイドにガビが抜け出し高いクロス、ファーポストに走りこんできたフィリペがダイレクトで左足のボレー、シュートは枠の左へ外れる。
60分、マドリーの決定機、左サイドからペナルティエリア深くに侵入したクリスティアーノ・ロナウドが中央に折り返したボールがデフェンスに当たり、ベンゼマがこぼれ球をシュート、左ポスト直撃、さらにそのリバウンドを拾ったエジルがひとりかわしてシュート、今度はゴールの中に入っていたファンフランがクリア。エジル…
69分、ペナルティエリアのわずかに外、ゴール正面やや左寄りでのマドリーのフリーキック、クリスティアーノ・ロナウドが低く速いシュートで直接狙う、ボールはまたしても左ポスト直撃! こぼれ球を拾ったエッシェンの左足でのシュートは枠を大きく越える。
試合も残り10分を切っているというのに、両チームここまで交代なし。延長のことも考えてるのかなあ。
ロスタイムも消化し、後半終了。1-1の同点のまま、よって延長突入

延長前半開始。マドリー、一気に3人交代。ベンゼマ、モドリッチ、コエントランに代えて、イグアイン、ディ・マリア、アルベロアを入れる。極端だなあ。
95分、スルーパスでペナルティエリア内に抜け出したディエゴ・コスタが左足でシュートを狙うがディエゴ・ロペスがブロック、リバウンドを押しこみにいくがこれもディエゴ・ロペスがブロック。
98分、セルヒオ・ラモスがパスカットをミス、ペナルティエリア内に抜けたボールにファルカオが走りこむが、エッシェンが身体を入れてコーナーキックに逃げる。
99分右からのコケの絶妙なクロス、ミランダがニアに飛び込んでヘッドでゴール!! アトレティコ・マドリー勝ち越し! さあ、どうする、マドリー。交代枠はもうないし。
今日、マドリーのテクニカルエリアには、カランカだけが出てきてるんですよね。彼が監督に昇格するのかな?
102分、アトレティコディフェンスが、左からのクロスをクリアしようとしたボールが高く浮いてペナルティエリア内右に、イグアインが右足のボレー、ゴール右下の良いコースに飛んだものの、クルトゥワがしっかり身体を沈めてセーブ!
105+2分、アトレティコ・マドリーの交代、ディエゴ・コスタに代えてアドリアン。
延長前半終了。マドリーとしては、難しい状態に。

延長後半開始
109分、左サイドに抜け出したディ・マリアがグラウンダーで折り返し、ファーポストまで抜けたボールにフリーでエジルが合わせるがクルトゥワが身体を伸ばしてセーブ。素晴らしいセーブだったけど、それにしてもエジル…
111分、アトレティコ・マドリーの交代、アルダに代えてロドリゲス。
113分、アトレティコ・マドリーの交代、コケに代えてラウル・ガルシア。
114分、ガビにタックルされたクリスティアーノ・ロナウドが、倒れながらもガビの顔面近くへ足を高く上げて一発レッド、退場。ガビの鼻先をかすめたようで、鼻血が出てるみたいです。これをきっかけに荒れるサンチャゴ・ベルナベウ。両チームの選手たちが入り乱れての大騒ぎ。また、クルトゥワにはスタンドから何かが飛んできて当たったようです。
119分、左サイドを突破したディ・マリアがペナルティエリア内へ、ゴール近くまで切れ込んで折り返そうとしたところをディフェンスにブロックされる、マドリーの選手たちはハンド?を主張するもノーホイッスル。
マドリーが懸命にアトレティコゴール前にボールを入れるも、結局実らず。5分のロスタイムを消化したところで、試合終了。アトレティコ・マドリーが2-1で勝利して優勝!! レアル・マドリーとしては、決めるべきところを決めていれば、という印象の強い試合でした。エジル…

なお、大勢に影響はありませんが、試合終了直前にガビが2枚目のイエローカードで退場になっていた模様です。


Goal.com インターナショナル版による何人かの選手評の訳。
http://www.goal.com/en/match/105458/real-madrid-cf-vs-atletico-madrid/player-ratings

【レアル・マドリー】
クリスティアーノ・ロナウド:1.5(5点満点) Flop of the Match
いつも通りの空中戦の強さをみせつけ、ディエゴ・ゴディンを上回る高さで、ヘディングを決め先制点をあげた。また、低いフリーキックで壁を巻き、ポストに当て2点目まであと一歩という場面も。しかし、彼の中の怒りっぽい部分が、試合を通じて徐々に高まっていき、ついにはガビへの子どもっぽいリアクションという形で爆発してしまい、退場となった。

エジル:2.5
クリスティアーノ・ロナウドの先制点では、ペナルティスポット上へ見事にコントロールされたコーナーキックで、アシストをした。だが、彼自身、自分が得点をあげられなかったのはどういうことなのか疑問に感じていただろう。ボレーをポストに当て、至近距離からのシュートはファンフランとティボ・クルトゥワに2度阻まれたからだ。


【アトレティコ・マドリー】
クルトゥワ:5 Man of the Match
ベルギー人ゴールキーパーのクルトゥワは、延長戦、別世界の存在で、アトレティコ・マドリーが失点もやむなしという場面で同点を保った。イグアインの至近距離からのシュートに対するセーブ、そして、終盤にも、メスト・エジルのゴール寸前というシュートへのセーブで、アトレティコを救った。それをみると、チェルシーはゴールキーパーについて、何年もの間心配しなくてもよさそうだ。

ファルカオ:3.5
コロンビア代表のストライカーであるファルカオは、自ら得点をあげるだけでなく、得点をお膳立てすることもできるということを証明してみせた。中盤で2度のチャレンジをかわし、完璧なスルーパスでディエゴ・コスタをフリーにし、同点ゴールを導いた。試合を通じ、彼のボールをキープする能力と、チームメイトとの連携が、アトレティコの命運を握るカギとなった。


アトレティコ・マドリーのGKであるクルトゥワは、チェルシーからのレンタルなんですね。知りませんでした。まだ21歳なので、確かにしばらくはGKの心配しなくてもよさそうですね、チェルシー。ただ、クルトゥワをいつレンタルから戻すのか、そのタイミングが難しそうです。要はチェフとの世代交代ってことになるので。チェフはチェフで、まだ30歳だし、昨日のヨーロッパリーグ決勝も良かったし。GKって大変ですよね、席がひとつしかないわけですから。さらに契約も2016年まで残ってるみたい。クルトゥワがチェルシーの正GKになる日はまだ遠そう。

クリスティアーノ・ロナウドは、先制ゴールを決めたのに『1.5』。あれだけの能力を持っている選手なのに、なぜあんな風になっちゃうんでしょうか。もったいない。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1013-9aa09190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)