FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ボタフォゴ、セードルフのACミラン監督就任を否定

ボタフォゴ、セードルフのACミラン監督就任を否定

http://www.football-italia.net/34571/allegri-seedorf-decision-monday

マッシミリアーノ・アッレグリは月曜にシルヴィオ・ベルルスコーニ会長と会談を行う予定だが、ボタフォゴは、後継者候補であるクラレンス・セードルフが『ミランに行くことはない』と主張している。

ミランの監督職をめぐる問題は、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長がまだ、アッレグリ監督にもう1年続けさせるべきだと、ベルルスコーニ会長を説得していることから、結論が出ないままだ。

ガゼッタ・デッロ・スポルトによると、月曜、当事者3名が参加して行われる会談が、アルコレにあるベルルスコーニの別荘で行われる予定だという。

ミランのファンは、アッレグリ支持に傾いており、『セードルフ、お断りだ』と書かれた横断幕が練習グラウンドに掲げられた。

ミッドフィールダーのセードルフは、まだブラジルで現役を継続させており、監督としての経験もないが、ミランの後任監督として最有力候補となっている。

ボタフォゴの監督であるオズワルド・オリヴェイラは、こう述べている。
「彼がミランに行くとは思えない。」

「セードルフとはよく話をしているし、彼は私の尊敬する好人物だ。リオデジャネイロにも馴染んでいるし、特に彼の夫人であるルヴィアナは、ここの出身だ。彼が出て行くべき理由が見当たらないよ。」


セードルフについて、ボタフォゴからの見解セードルフの契約は2014年まで残ってるし、もしミランが彼を監督にするというなら、やはりミランが違約金を払わなければならないんでしょうね…。なぜ監督経験のない人をわざわざ違約金を払ってまで招聘しなければならないのか……。本当に意味が分かりません。

関係ない話ですが、ボタフォゴの監督は、元アントラーズのオズワルド・オリヴェイラなんですね。知りませんでした。彼にとってもきっと迷惑な話でしょう…。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1042-79d4f621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)