FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 2012-13 ボルシア・ドルトムント vs バイエルン・ミュンヘン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 2012-13 ボルシア・ドルトムント vs バイエルン・ミュンヘン
ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130526_1.jpg
gazzetta_snapshot_20130526_2.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

ボルシア・ドルトムント
クロップ監督:7

ヴァイデンフェラー:8 Best of the Team
ピシュチェク:6
スボティッチ:7.5
フンメルス:6
シュメルツァー:5
ギュンドアン:7
ベンダー:5.5
ブワシュチコフスキ:7
ロイス:6.5
グロスクロイツ:6.5
レヴァンドフスキ:7
シャヒン:評点なし
シーバー:評点なし


バイエルン・ミュンヘン
ハインケス監督:8

ノイアー:7.5
ラーム:6.5
ボアテング:7
ダンテ:5.5
アラバ:6.5
ハビ・マルチネス:7.5
シュヴァインシュタイガー:7
ロッベン:8 Best of the Team
ミュラー:8
リベリー:7.5
マンジュキッチ:7.5
ルイス・グスタヴォ:評点なし
マリオ・ゴメス:評点なし



一部の選手評の訳

ボルシア・ドルトムント
ヴァイデンフェラー: Best of the Team
彼にブラボーという賛辞を送るべきなのか、ロッベンがミスをしたのかという質問は正しいものだろう。しかし、常にその場所にいて、奇跡をも起こした。例えば、マンジュキッチのシュートをコーナーに逃れた。あるいは、アラバやシュヴァイニーのシュートを防いだ。しかし、最後のロッベンはもうミスをしなかった…

ロイス:6.5
分かってはいたことだが、レヴァにとっての理想的な相棒ではなかった。彼には、ウィングの位置で爆発的な活躍をするためのスペース、それも広大なスペースが必要だ。中央では、ケガで欠場したゲッツェの方が良い連携ができる。数本強烈なシュートを放ち、ペナルティキックを獲得したが、あまり効果的ではなかった。


バイエルン・ミュンヘン
ロッベン:8 Best of the Team
ファイナルで失敗ばかりの男として歴史に残るところだった。2度に渡る失敗もあり、ヴァイデンフェラーがその論理を実証してしまったかもしれない。しかし、疲れ知らずの動きで、ドルトムントのサイドを苦しめ、最終的には自らのキャリア史上最高のゴールを決めた。あるいは、人生最高のゴールかもしれない。

ハインケス監督:8
信じていたがゆえの勝利。そしてこれからは、親愛なるペップよ、君が新たな芽となる。ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ、そしてDFBポカール制覇の可能性も。チームをひとつにまとめ、神のようなプレーをさせることのできるユップ・ハインケスよりもさらに上にいかせるためには、何をすればいいのか? しかし、スーパーカップでは、モウリーニョvsペップになるのかもしれない…


両チーム、わりと高めの評点。決勝全体を通じて、緊張感のある良い試合だったので納得。それにしても、ユップ・ハインケス監督は、勇退するのがもったいないですねえ。ポカール決勝も観よう…。対戦相手はシュトゥットガルトですし。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ドルトムント目線で応援してたけどロッベンが泣いたの見てちょっとジーンときてしまいました。
スポティッチに借りも返せたし今世界で最も輝いてるハゲでしょうね!

  • 2013/05/28(火) 09:04:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1047-b4c237d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)