FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

アッレグリ:「(ベルルスコーニ会長と)意見の違いがあるのは当然のことだ」

アッレグリ:「(ベルルスコーニ会長と)意見の違いがあるのは当然のことだ」

http://www.football-italia.net/35015/allegri-good-rapport-berlusconi

マッシミリアーノ・アッレグリは、ACミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長と『意見の違いがあるのは当然のことだ』と主張している。

日曜の午後に行われた土壇場での会談で、アッレグリ監督の監督続投が決まり、今夜、彼はSky Sport Italiaに対して語った。

アッレグリはこのように語っている。
「私はとてもハッピーだし、クラブもそうだろう。再出発の準備はできている。ベストを尽くして、さらに成長するためのね。」


「良い仕事をするための基礎はできている。ベルルスコーニ? 彼とは良い関係だし、意見の違いがあるのは当然のことだと思っている。」

アッレグリ監督は、故郷のクラブであるリヴォルノの昇格祝賀会についても語っている。

「リヴォルノで、多くの人びとがフットボールに対する大きな愛をみせてくれた、素晴らしいパーティーだった。自分の故郷の街にこういう情熱があるのが分かって嬉しいよ。」


ベルルスコーニとの関係に関しては、まあ、こういう発言になりますよね…。正直、アッレグリ監督がどこかの段階でキレていても全く不思議はなかったのですが、やはりアッレグリ監督としても、自分が作り上げた今のミランに強い思い入れがあるのでしょう。こういう監督をクビにして、監督経験のないセードルフを監督にしようとしていたなんて、どう考えてもおかしな話ですよねえ……。アッレグリ監督が忍耐強い人物で本当に良かったです
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1090-c1f4d374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)