FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

エル・シャーラウィ:「ついに…」

エル・シャーラウィ:「ついに…」

http://www.football-italia.net/35934/el-shaarawy-finally

ステファン・エル・シャーラウィは、ゴール欠乏症を脱したことを喜んでいる。『PK戦ではあったけどね…。』

ACミランのフォワードであるエル・シャーラウィは、コンディションに苦しみ、ケガ人が多い危機的状況だったにもかかわらず、この試合に先発するとは考えられていなかった。

彼はイタリアとウルグアイとの間で行われたコンフェデレーションズカップの3位決定戦で、120分間プレーし、PK戦でPKを決めた。

20歳のエル・シャーラウィは、ツイッターでこのように記した。
「ついに…PK戦ではあったけどね…少なくともゴールはしたから!」

「ものすごい満足感とみんなへの賛辞を。素晴らしい特徴と素晴らしいハート!! 僕たちは3位だ!」

彼のミランのチームメイトであるマリオ・バロテッリはイタリアでこの試合を観戦し、彼も試合中にこうツイートしている。

「ジジ・ブッフォン! スーパーマン! :-) イエス! すごい奴らだよ!」


エル・シャーラウィとしては一安心というところでしょうか。イタリアに帰国したらすぐにガッリアーニとの会談が予定されていますが、どうなるでしょう。正直、一時的な利益に惑わされて20歳の有望株を放出するようじゃチャンピオンズリーグを本気でとりにいこうっていうクラブとしてふさわしくないと思うんですが、ガッリアーニならやりかねないところが怖い。年俸がさほど高いわけじゃないエル・シャーラウィを放出しなくても済む方法はいくらでもありそうなんですけどねえ…。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ファラオ売るな

  • 2013/07/02(火) 01:04:00 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

後半戦は不調で、マリオと合ってないのも事実。だが、それだけで期待の若手を売るってのはなあ
金策にしても馬鹿げているというか

  • 2013/07/02(火) 10:58:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1153-c38c0485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)