FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

コンフェデレーションズカップ 2013 決勝 ブラジル代表 vs スペイン代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

コンフェデレーションズカップ 2013 決勝 ブラジル代表 vs スペイン代表
ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130701_1.jpg
gazzetta_snapshot_20130701_2.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

ブラジル代表
スコラーリ監督:8

ジュリオ・セザル:7
ダニエウ・アウヴェス:6
チアゴ・シウヴァ:7
ダヴィド・ルイス:8
マルセロ:6.5
ルイス・グスタヴォ:6.5
パウリーニョ:6
フッキ:6
ネイマール:8
オスカル:
フレッジ:8 Best of the Team
ジャジソン:6
エルナネス:評点なし
ジョー:評点なし


スペイン代表
デル・ボスケ監督:5

カシージャス:5
アルベロア:4
ピケ:4
セルヒオ・ラモス:4
ジョルディ・アルバ:4.5
シャビ:5
ブスケ:5
イニエスタ:6 Best of the Team
ペドロ:6
トーレス:4.5
マタ:5.5
アスピリクエタ:5.5
ヘスス・ナバス:6
ビジャ:6



一部の選手評の訳

ブラジル代表
フレッジ:8 Best of the Team
そんな存在ではないと思われていたが、違いを生み出した。昔ながらのストライカーのようなゴールを決め、止めようのないクロスへのシュートで締めくくった。セレソンの中でも弱い部分だと思われていた存在だったが、結果5ゴールをあげ、シティに追いかけられる存在となった。信じられない物語だ。

ネイマール:8
その圧力でアルベロアにイエローカードを与える。その後、カシージャスの目前にリモートコントロールされたようなパスを送った。最後には、ブラジルフットボール史上に残るようなゴールを実現してみせた。

ダヴィド・ルイス:8
まさに巨人だ。ゴールライン寸前でペドロのゴールを防ぐ。彼をかわそうとする相手選手すべてをクリアした。また、マラカナンはヒーローとして彼を選んだ。


スペイン代表
イニエスタ:6 Best of the Team
その血統を裏切らなかった唯一の存在。ゴールを追い求め、結果を出そうとし、麻痺した状態のスペインを目覚めさせようとした。しかし、正しい方向には導けなかった。


この大会でフレッジへの評価は一変しました。選手評通り、セレソンの中では目立たない存在だったんですが、一気に注目の存在に。ヨーロッパでも、フランス・リーグ・アンのリヨンでは結構活躍していたんですが、4年前にブラジルに帰国。現在はフルミネンセ所属、このオフにはヨーロッパに再挑戦という可能性があるかもしれませんね。29歳という年齢が微妙ですが、それだけに比較的安価で獲得できるかもしれませんし、ヨーロッパのクラブにとっては注目の的になるでしょう。

スペイン代表は、最高でも『6』。確かにヒドい内容でした。コンディション的な問題が大きかったとは思いますが、来年のワールドカップ本大会も同じような環境で行われるわけで、スペインとしては不安材料の残る大会となってしまいました。リーガ・エスパニョーラのスケジュールなども含め、コンディションの管理についてよく考える、いい機会になったとポジティブにとらえるしかないですね。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ボランチ意外と低いなー。ボランチの2人のおかげでシャビマタイニエスタにほとんど仕事させなかったのに。セーザルも神セーブあったから流れをスペインに一度もやらなかったね。全員8点あげたい。

  • 2013/07/02(火) 20:05:39 |
  • URL |
  • か #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1154-d41bd312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)