FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

本田圭佑に関するCSKAモスクワとホンダ側関係者との会談は来週の月曜もしくは火曜に開催? 本田圭佑に関するガゼッタ・デッロ・スポルトの記事の訳 7月19日付紙面より

本田圭佑に関するCSKAモスクワとホンダ側関係者との会談は来週の月曜もしくは火曜に開催?
本田圭佑に関するガゼッタ・デッロ・スポルトの記事の訳 7月19日付紙面より


今日もガゼッタ・デッロ・スポルト本田圭佑に関する記事

gazzetta_snapshot_20130719_1.jpg

契約更改したロビーニョの記事とセット。本田圭佑に関する部分だけですが訳してみました

ロビーニョの契約更改に関しては、別記事で。こちら

内容は、続きを読む、で。


ロシアでのミッション
今日、モスクワへの訪問が行われている。トレクアルティスタの本田圭佑の兄であり代理人である本田弘幸、マーケティングコンサルタントのFabrizio De Vecchiの目的は、CSKAの主張を低減し、この移籍期間中に選手を移籍させる余地があるかどうかを確かめることだ。当初の予定(すぐにそれを確認し、日曜にはVersiliaでガッリアーニに報告することになっていた)と比べると、ミッションは少し長引きそうだ。今日と明日は、本田圭佑と直接コンタクトをとるのに使い、特にベストの戦略を決めるために使われることになる。CSKAの首脳陣は、適切なオファー(最低400万ユーロ)があった場合にのみ、本田が今すぐに移籍することをはっきりと明言している。それは単なる言葉だけのものではないと思われる。CSKAモスクワは、歴史的にみても、対応が難しく、ディスカウントを認めないクラブだからだ([ユヴェントスの]マロッタはクラシッチについての対処をした時に何かを知ったはずだ)。そこで、本田に関係するスポンサーの介入によって、そのギャップを埋めるという仮定が現実味を帯びてくる。

例外
今日、選手との会談が行われ、その憶測が高まることになりそうだ。その後、弘幸とDe Vecchiは、モスクワに残り、月曜に行われるクリリヤ・ソヴェトフ(Krilya Sovetov)との試合に同席することになる。モスクワでの首脳陣との会談は、試合当日か、もしくは火曜に行われるはずだ。その時点で、本田がすぐにCSKAを離れることになるかどうかが分かるだろう。ミランに選手獲得のための不可欠な条件があることを気にする必要はないだろう。圭佑のためならば、おそらくガッリアーニは喜んで例外を認めるだろう。


選手を放出しなければ、獲得もしない』という方針ですが、もしCSKAとの話をうまくまとめられるのであれば、ガッリアーニはそれを無視してでも本田を加入させる、とガゼッタ・デッロ・スポルトは考えているようです。現時点で移籍が濃厚な選手の数を除外して考えると、ミランのメンバー数は28名。さらに、アントニーニ(→モナコ?)、ノチェリーノ(→インテル?)、ザッカルド(→パルマ?)などの放出も予想されており、本田ひとりを加入させても人数的にはさほど問題がないかなと思います。まあ、希望的観測も入った予想ですが。それにしても、トラオレ、ストラッサーあたりは何とか引き取り先をみつけられないのかなあ…。なお、ニアンもプレータイムを増やし、経験を積ませるためにレンタルに出される公算が強まってきたようです。確かに先発で思いっきりやった方がいいのかもしれません。どうせ出すのであれば、良いレンタル先がみつかるといいなあ。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

な?

  • 2013/07/19(金) 19:04:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ホームの試合まで引っ張りたかったのかな。

  • 2013/07/19(金) 19:14:38 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

明日の会談次第か・・・
ガリアーニもスポンサーだの口にせずにスマートに事を運べなかったんだろうか?一度ケチがつくと、もし移籍したとしても尾鰭のついた噂が後を絶たなくなるのは明らかだろうに・・・選手に対するリスペクトにも欠けてる気がする

  • 2013/07/21(日) 18:17:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1199-8d3b9e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)