FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13の出場チームへの分配金をガゼッタ・デッロ・スポルトが公表 ACミランは5140万ユーロ(約67億円)を手にする

UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13の出場チームへの分配金をガゼッタ・デッロ・スポルトが公表
ACミランは5140万ユーロ(約67億円)を手にする


まだ、UEFAからの正式な発表はありませんが、7月19日付のガゼッタ・デッロ・スポルト2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ出場クラブへのUEFAからの分配金に関する記事が出ていました。

gazzetta_snapshot_20130719_2.jpg

トップに立ったのは準々決勝でバイエルン・ミュンヘンに敗れたユヴェントスで、6530万ユーロ(約85億円)。2番目のバイエルン・ミュンヘンが5500万ユーロ(約72億円)で、およそ1000万ユーロというかなりの差があります。また、決勝トーナメント1回戦で敗退したミランですが、5140万ユーロ(約67億円)と4番目につけています。準決勝まで進んだスペインの2チーム、レアル・マドリー、バルセロナよりも上ですね。

今回、イタリア勢に対する分配金がかなり高くなっているのは、テレビ放映権に関する分配金が原因です。結果に基づく賞金では、ユヴェントスは2050万ユーロ、ミランは1510万ユーロしか獲得していませんので、残りはテレビ放映権に基づく分配金ということになります。元々イタリアの市場がわりと大きく、イタリアからの参加チームへの分配金が多めなこともありますが、ウディネーゼが予備選で敗退したため、分配の対象になったのがユヴェントスミランの2チームだけだったことがかなり大きな要因となっています。イングランドもかなりマーケットの規模が大きく、分配金は多めなんですが、4チーム参加しているので、1チームあたりの受け取る金額は少なくなっています。ドイツ、スペインも同じような状況です。

それにしても、ミランはこんなに分配金をもらうのに、その金は一体どこに行っているんでしょうねえ…。年俸だけでもこの金額以上にかかっているので仕方ないのかもしれませんけども…。選手を放出してからでないと、新たな選手を獲得しないという方針自体に文句はあまりありませんが、せっかく選手が頑張って獲得したお金なので、有効に使って欲しいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ガリハゲ「てめーガゼッタバラすんじゃねえ!」

  • 2013/07/20(土) 04:29:26 |
  • URL |
  • か #-
  • [ 編集 ]

エロ親父の道楽と裁判費用に消えてます

  • 2013/07/20(土) 10:17:14 |
  • URL |
  • 名無しの日本人 #-
  • [ 編集 ]

すげぇ貰ってるよねぇ。
でもミランってそもそも登録選手って世界的に見てもとても多すぎだからなぁ。
給料で消えていくのもデカく馬鹿に
出来ない。

  • 2013/07/21(日) 11:02:36 |
  • URL |
  • 名無しさん@ニュース2ch #-
  • [ 編集 ]

過渡期だと考えれば、まあ・・・
上手いこと放出が進まないってのが、少し不安だなあ

  • 2013/07/21(日) 15:50:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

本田の移籍に使ってくれたらなぁ
すんなり決まるのにさw
本田抜きにしてもトップ下の補強は必要だと思うけどね

  • 2013/07/21(日) 18:06:37 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1201-2991ead5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)