FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

本田圭佑、CSKA会長に移籍を直談判

本田圭佑、CSKA会長に移籍を直談判

http://www.milannews.it/calciomercato-milan/sky-honda-vuole-subito-il-milan-ma-il-cska-resiste-servono-5-milioni-118248

本田圭佑ミランへ、という話はまだ続いている。今日、日本人選手の本田は監督と対話を行い、その後、CSKAモスクワの会長と夕食をともにして、移籍をすぐに実現させる後押しをしている。CSKAは500万ユーロを要求しており、ヴァグネル・ラヴを中国のクラブに放出したこともあって、譲らない姿勢をみせている。本田がCSKAモスクワの会長と夕食をともにする一方で、ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督、カターニャのコセンティーノ(Cosentino)副会長と夕食をともにしていたが、その場には、Doyen Sportsの会長も同席していた。Doyen Sportsは、数週間前まで、ラツィオに移籍したフェリペ・アンデルソンの保有権の一部を持っていた。ミランのCEOであるガッリアーニは、本田についての言及を避けたが、明日、ロシアで、ミランの代理人とCSKAモスクワとの間で新たに会談が行われるとみられる。


ガゼッタ・デッロ・スポルトでも、夏の移籍に向けての最後の切り札として、本田圭佑自身が動く、というような内容の記事があったんですが、実際に会長への直談判を行った模様。正直、CSKAのモスクワは、それで揺らぐようなチームではないと思うんですが。ヴァグネル・ラヴも移籍しちゃったし、夏の移籍については難しくなったな、という印象が強いです。ただ、移籍実現のための行動については続けていって欲しいですし、やれるだけのことはやって欲しいです。それでダメなら、後は契約切れまで待つだけですね。

記事中に出てくるDoyen Sportsというのは、ブラジルに拠点を置く、投資グループのスポーツ部門のようです。投資グループなだけに、選手をいかに高く売るかに非常に強い意識を置いており、選手の獲得に動くクラブ側からすると、厄介な存在のようです。フェリペ・アンデルソンの移籍の際にも、ラツィオのスポーツ・ディレクターであるイグリ・ターレがDoyen Sportsの引き伸ばし戦術に対して批判をしていました。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

もう踊り疲れた(涙)

冬まで待とうホトトギス?

  • 2013/07/25(木) 13:37:37 |
  • URL |
  • キョロ? #-
  • [ 編集 ]

本田にとっては夏に移籍するのがベストだと思える
ビッグクラブ移籍の目標を達成して一皮剥けた本田になれるよう磨きをかけて欲しいね

  • 2013/07/25(木) 20:03:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

しょせん僕らは当事者じゃないですからね~。
どうなるにせよ本田選手が夢を叶えられたらいいですね。

  • 2013/07/26(金) 00:19:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1209-09e1f84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)