赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACミランとリヴァプール、パリ・サンジェルマンのCB、サコー獲得を争う

ACミランとリヴァプール、パリ・サンジェルマンのCB、サコー獲得を争う

http://www.football-italia.net/38957/liverpool-milan-fight-sakho

リヴァプールとACミランは、パリ・サンジェルマンのディフェンダー、ママドゥ・サコー獲得を争っていると、複数のメディアが報じている。

フランスのレキップ紙は、移籍期間終了前に最終ラインの補強をしようとしている、ACミランが、23歳のディフェンダーであるサコーに対して、移籍金1500万ユーロを用意していると考えている。

しかし、同紙は、プレミアリーグのリヴァプールにはマッシミリアーノ・アッレグリ率いるミランのオファーを上回る準備があり、フランス代表のサコーのために1600~1800万ユーロ程度のオファーを提示する可能性があるとも報じている。

一方、BeInSportでは、ブレンダン・ロジャース率いるリヴァプールが2300万ユーロにまで引き上げると報じている。

サコーは、チアゴ・シウヴァとマルキーニョスの加入により、パリ・サンジェルマンで控えに追いやられると考えている。


2300万ユーロっていうのは、ミランには手が出ない額。1600万ユーロでも、厳しそうなのに。チャンピオンズリーグ出場というのがミランにとってのアドバンテージですが、本人の説得はともかく、クラブについては移籍金の額で勝負するしかないですもんね。サコーなら補強としてはかなり良い感じだと思っていたんですが、難しいかなあ…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1285-81620f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。