赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 ACミラン vs カリアリ プレビュー

セリエA 2013-14 ACミラン vs カリアリ プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20130901_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

AC_Milan_vs_Cagliari_pre.png

ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ;アバーテ、サパタ、メクセス、エマヌエルソン;ポーリ、デ・ヨング、ムンタリ;モントリーヴォ;バロテッリ、エル・シャーラウィ

カリアリ(4-3-1-2):
アガッツィ;デッセーナ、ロッセティーニ、アリアウド、ムール;カブレラ、コンティ、ナインゴラン;エクダル;ピニージャ、サウ


カリアリは昨シーズンセリエA11位。戦力を考えれば悪くはない結果。今シーズンもほぼ同じメンバーでシーズンに臨んでおり、これといって補強はなし。むしろチアゴ・リベイロが抜けた分、やや戦力ダウンか。また、現在はトップ下でプレーすることが多かったコッスがケガにより離脱中。それでも、攻撃陣には、ピニージャ、サウ、イバルボといった個人能力の高い選手が揃っており、また、様々なクラブが狙っているとされていたナインゴランも結局残留、決して侮れない相手です。

今シーズン開幕のアタランタ戦は、1点先制されながらも、しっかり2点を奪い返して2-1で逆転勝利。失点直後の同点ゴールは、右からのグラウンダーのクロスをサウが後方に落として、ナインゴランがダイレクトでゴールに叩きこむ、素晴らしい展開でした。やはりカリアリの速い攻撃には注意しなければなりません。

今シーズンよりカリアリの監督には、1998年から2010年までカリアリでプレーしており、ウルグアイ代表としても活躍した、ルイス・ディアスディエゴ・ロペスが就任していますミランのアッレグリ監督がカリアリで指揮をとっていた時代の教え子ということになりますね。そんな部分も楽しみにしてみたいと思います。


ACミランは、昇格組のヴェローナとの開幕戦を落とし、連敗は決して許されませんし、勝たねばならない試合です。ボアテングを放出し、このカリアリ戦では、モントリーヴォをトレクアルティスタとして起用する意向のようです。個人的には高い位置でのモントリーヴォのプレーについて、少し不安があるんですが、現状ではひとつの解決策なのかな、とも思います。

ただ、ガゼッタ・デッロ・スポルトの公式サイト上の予想先発メンバーでは、4-3-3で、中盤は、ポーリ、モントリーヴォ、ノチェリーノの3枚、3トップは、ニアン、バロテッリ、エル・シャーラウィという形になっています。どちらになるのかは正直分かりません。やっぱり中盤にデ・ヨングは必要だと思うので、その点は少し不安ですが、ニアンにもある程度プレーさせなければならないのも確かです。

チャンピオンズリーグ本戦出場を決め、チームも勢いに乗ってきていることでしょうから、この試合についてはぜひ勝ってもらいましょう。とにかく応援してます。

最後にこの試合のミランの招集メンバーを。


GK:アッビアーティ、アメリア、コッポラ
DF:アバーテ、コンスタン、メクセス、シルヴェストレ、ザッカルド、サパタ
MF:ビルサ、クリスタンテ、デ・ヨング、エマヌエルソン、モントリーヴォ、ムンタリ、ノチェリーノ、ポーリ
FW:バロテッリ、エル・シャーラウィ、マトリ、ニアン、ロビーニョ


新加入のマトリとビルサが早速メンバー入り。いきなりの先発はないでしょうが、マトリはアッレグリ監督にとってかなりのお気に入りだと思うので、いずれ出場機会はあるでしょう。その時にエル・シャーラウィとの関係がどうなるのかが、難しそうです。ビルサはどう使うのかなあ…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/09/01(日) 17:07:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1289-8959110f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。