赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカのACミラン復帰が決定

カカのACミラン復帰が決定

カカのACミラン復帰がついに決定。それを受けて、ミランの公式サイトに記事が。英語版を訳しました。実はさっき日本語版をみたら、すでに日本語版にもカカ復帰の記事があがってたんだけど、もう訳しちゃったし、内容も少し違うので紹介。

2013年9月2日、4年間チームを離れていた、リカルド・カカがミランへの復帰を果たした。

我々がピッチ上でミランのユニフォームを着たカカの雄姿を最後に目にしたのは、2009年5月31日のことで、その時彼は、(自身のゴールもあり)フィオレンティーナに勝利して、ミランを再びチャンピオンズリーグに送り込み、カルロ・アンチェロッティやパオロ・マルディーニと抱き合っていた。

その後彼は代表のチームメイトと合流するためにブラジルに飛び、その夏、レアル・マドリーへの移籍を決めてしまった。カカは行ってしまったのだ!

今日、全てが元の場所におさまった。2003年、若きブラジル人選手がミラノで飛行機を降り立ち、フレッシュで無垢な笑顔を浮かべていた頃と全てが同じというわけではないかもしれない。しかし、これが全く異なるストーリーだろうがなんだろうが、大事なのはリカルドが戻ってきたということだ。

彼がミランに復帰するというのは、クラブの決断だけではなく、彼が愛するミランに戻ってくるという決断でもあり、ファンがカカに対して抱いている愛を語るのに言葉など必要ない。


カカが戻ってきました。今回の移籍については、年俸の支払いを放棄できるというメリットがあるとしても、カカの意志に対して寛容な面をみせてくれたレアル・マドリーの判断によるところも大きかったと思います。また、おそらくですが、カカを育てた存在のひとりと言ってもいい、カルロ・アンチェロッティの考えも今回の移籍には何らかの作用があったんじゃないかと思います。来年の3月にアメリカMLSのLAギャラクシーに行くなどという報道もありますが、とりあえずは素直にカカの復帰を喜びたいです。

この後は、インターナショナルウィークとなるため、次のセリエAの試合は9月14日もしくは15日となります。ミランは18日にチャンピオンズリーグのグループリーグ初戦、セルティック戦を控えているため、おそらく14日になるのではないかと思いますが、それまでにカカにはしっかりミランでの勘を取り戻してほしいところです。

なお、背番号は22番になるようです
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

カカお帰り~!
背番号22はやっぱり君の物だよ。

活躍を期待します!

  • 2013/09/03(火) 13:36:43 |
  • URL |
  • ミラニスタ #-
  • [ 編集 ]

まさか10年越しでまたカカが日本人選手の障害になるとは思わなかった
長生きはしてみるもんだな

  • 2013/09/03(火) 23:25:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1292-36f1167f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。