赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ブラジルワールドカップ欧州予選 イタリア代表 vs ブルガリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014ブラジルワールドカップ欧州予選 イタリア代表 vs ブルガリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130907_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

イタリア代表
プランデッリ監督:6.5

ブッフォン:8 Best of the Team
アバーテ:6
ボヌッチ:6
キエッリーニ:7
アントネッリ:6
デ・ロッシ:6.5
ピルロ:6
モッタ:6
カンドレーヴァ:6.5
ジラルディーノ:7
インシーニェ:6
アストーリ:6.5
ジャッケリーニ:5.5
マッジョ:評点なし


ブルガリア代表
ペネフ監督:6

ミハイロフ:6
Y・ミネフ:5
ボドゥロフ:5
イヴァノフ:5.5
V・ミネフ:5
ディアコフ:5.5
マノレフ:5
ガジェフ:6
ポポフ:6.5 Best of the Team
ネデレフ:5.5
トネフ:5.5
デレフ:6
イリエフ:6.5
ランゲロフ:6.5



一部の選手評の訳

イタリア代表
ブッフォン:8 Best of the Team
まずはあら探しから。前半、トネフのシュートを弾いたが、イタリアにとっては幸運なことに、ペナルティエリア内にはブルガリア代表の選手は誰も詰めていなかった。後半のセーブで全てを帳消しに。スーペルジジは、決まったかのようにみえたゴールを3つ防いだ。味方からのゴールに向かうボールは予想がつかないので、チアゴ・モッタからのボールを防いだのが最も難しそうに見えたが、ポポフとランゲロフのシュートを防いだのも表彰に値する。すでにシワができ始めているにもかかわらず、ブッフォンが限界を超える。

ジラルディーノ:7
今回、『ジラ』がストライカーとしての存在感を示した。カンドレーヴァのお膳立てを受け、V・ミネフの時間とスペースを奪って、ヘッドで叩きこむ。

カンドレーヴァ:6.5
基本的に右サイドでプレーしたが、ゴールにつながったアシストは左サイドからだった。変幻自在のカンドレーヴァは、ポリフォニックだ。前でも後ろでも、多くの役割をこなすだけの足を持っている。

ブルガリア代表
ポポフ:6.5 Best of the Team
ブルガリア代表の中では最も厄介な存在であり、その動きと適切なときに顔をだす能力で、多くの問題をイタリアに与えた。強大なブッフォンが、彼を止め、1-1となるのを防いだ。


ブッフォンの選手評、長い。本当に信じられないようなセーブ連発だったもんなあ…。イタリア代表の次戦は9月10日にホームでチェコとの対戦バロテッリ、モントリーヴォ、オズヴァルドが出場停止から復帰すると思いますが、どんな先発メンバーで臨むでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

素晴らしい

ブッフォンに感動すら覚える…。いいな~ブッフォン。日本に欲しいな~。

  • 2013/09/08(日) 02:00:10 |
  • URL |
  • か #X20BLfdI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1301-99618f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。