赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 トリノ vs ACミラン プレビュー

セリエA 2013-14 トリノ vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20130914_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

Torino_vs_AC_Milan_pre_2013-14.png

トリノ(3-5-2):
パデッリ;グリク、ボヴォ、モレッティ;ダルミアン、ブリーギ、ヴィヴェス、エル・カドゥリ、ダンブロジオ;チェルチ、イモービレ

ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ;ザッカルド、メクセス、サパタ、エマヌエルソン;モントリーヴォ、デ・ヨング、ムンタリ;カカ;バロテッリ、ロビーニョ


トリノは初戦のサッスオーロ戦に2-0で勝利し、第2節のボローニャ戦では0-2で負けており、1勝1敗。勝ち点ではミランと並んでいます。サッスオーロ戦では、ブリーギとチェルチがそれぞれ1点ずつゲットブリーギのゴールは、ペナルティエリア内左でキープしたイモービレがマイナス気味に折り返したボールがペナルティエリアの右角付近まで抜け、そこに走りこんだブリーギがダイレクトでゴール左隅に決めるというファインゴールでした。また、チェルチのゴールは、右サイドからしかけたチェルチが中央に流れながら、左足でファーポストのサイドネットに決める、こちらも素晴らしいゴールでした。昨シーズンのトリノもそうでしたが、ミランとしては、サイドからの攻撃に要注意。

この夏のマーケットで、トリノは、最終ラインのオグボンナをユヴェントスへ、ディ・チェーザレをブレシアへそれぞれ放出。ジェノアからセンターバックのエミリアーノ・モレッティとチェーザレ・ボヴォを獲得したもののやや収支が合わないか。ただ、前線には、ジェノアからイタリアU-21代表として活躍した23歳のチーロ・イモービレを獲得。これはかなり良い補強だと思います。サイドだけでなく色んなポジションで動き回るチェルチとイモービレの相性は良さそうなので。中盤にはナポリから23歳でモロッコ代表のオマル・エル・カドゥーリを獲得。この試合でも先発が予想されています。また、スイスのヤングボーイズから、スウェーデン代表経験のあるアレクサンデル・ファルネルドを獲得。開幕からの2試合では両方先発でしたが、この試合では先発予想を外れています。個人的には中央に入っているヴィヴェスがわりと好きです。

ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督は昨シーズンの後半くらいから、現在の3-5-2を採用。チームとしてもある程度固まっており、そこにイモービレが加わったことで、かなり怖い存在になったという印象があります。ただ、最終ラインは結構メンバーが変わっているので、ミランとしてはそこをついていければいいかな、と思います。


ACミランは、こちらの記事に書いた通り、エル・シャーラウィが右太ももに筋肉の張りを訴え、メンバーから外れる。それも一因となったのか、カカがいきなりの先発という予想。正直、まだ90分プレーできるコンディションが整っているとは思えないので、60~70分くらいを目安に全力でプレーしてもらえればいいかな、と思います。

ケガ人が多く右サイドバックにはザッカルドしかいないという状況ですが、ザッカルドだってイタリア代表経験のある、しかも2006年ワールドカップ優勝メンバーでもある選手。アバーテのような攻撃力は望めないかもしれませんが、守備面では十分なものを持っているはず。この試合は左にエマヌエルソンを起用するという予想ですし、ある意味3バックのような感覚で、まずはザッカルドにはしっかり守備をして欲しいです。

来週のミッドウィークには、チャンピオンズリーグ、セルティック戦も控えています。勝って気持よくチャンピオンズリーグ初戦を迎えたいところです。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1313-4a3851b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。