FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs セルティック レビュー

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs セルティック レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

CL_2013-14_AC_Milan_vs_Celtic_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ;ザッカルド、サパタ、メクセス、コンスタン(76' ロビーニョ);ノチェリーノ、デ・ヨング、ムンタリ;ビルサ(63' エマヌエルソン);バロテッリ、マトリ(87' ポーリ)

セルティック(4-4-2):
フォースター;ルスティグ、アンブローズ、ファン・ダイク、イサギレ;コモンズ(77' プッキ)、マシューズ(75' ブーリフテル)、マルグリュー(89' ビトン)、ブラウン;ストークス、サマラス

結果:ACミラン 2 - 0 セルティック

得点者:
ACミラン83' オウンゴール(イサギレ) 85' ムンタリ


ミランは、ガゼッタ・デッロ・スポルトの予想通りの先発メンバー。ビルサが初先発。

開始直後、セルティックミランゴール前でフリーキックのチャンスを得るも、コモンズのシュートは信じられないほどの宇宙開発。
4分、ペナルティアーク前でボールを受けたビルサがペナルティエリア左角付近からクロス、バロテッリが右足のボレーで合わせるもGK正面でブロックされる。身体の前を通過するボールを逆の足で合わせるボレーって難しいのに上手いなあ…。
8分、マトリがペナルティエリア内左のスペースへスルーパス、ビルサが走りこんで左足で狙うもGKに阻まれる。ビルサ、わりと良いかも。左利きのトレクアルティスタ…。本田とモロかぶりですが。
16分、ルスティグからのクロスをニアでクリアしきれず、ゴール正面やや右寄りまで抜けるもミランの選手が触り、アッビアーティの方へ。事なきを得たかに思われたものの何故かバックパスという判定でセルティックに間接フリーキック。そのフリーキックはディフェンスがクリアに入ってなんとかクリア、コーナーへ。正直、この判定は納得いかないなあ。あれがバックパスならGK方向へのクリアは全てバックパスってことになると思うので。
21分、右サイドからザッカルドのクロス、ニアにマトリが飛び込んでヘディングで合わせるも、GKのほぼ正面で弾き出される、コーナーへ。
24分、左サイドバックのイサギレがザッカルド?をかわしてクロス、ミランのディフェンスがクリアするもやや危ないシーン。
ノチェリーノ、目立たないなあ…。デ・ヨングは攻守にしっかり活躍してるけど、その両脇のムンタリ、ノチェリーノがちょっと厳しい。あの辺りでもっとボールが動かないとなかなか崩すところまでいかないなあ…。
32分、左サイドに上がってきたメクセスがゴール正面やや右寄りのスペースへパス、ノチェリーノが走りこんでワントラップから豪快にシュート、ボールはわずかに枠の上へ。リプレイで観ると、ちょっと足首に近いところに当たっちゃってました。でも形としては素晴らしいし、狙いも良い。
ザッカルド、ちょっと不安定。良いクロスもあったけど、パスミスが目立つ。しかも強引な狙いのパスでミスをしているのがちょっとイヤ。中盤があまり良くないからか、ビルサも目立たなくなったなあ…。
41分、ノチェリーノからのバックパスがミスパスになり、そのままストークスへ、ストークスがディフェンスとの1対1でペナルティエリア内左から右足でシュートを放つもブロックしてコーナーキックに。危ない。
45+1分、バロテッリがペナルティエリア左角付近からミドル、ディフェンスに当たってゴール右隅に向かって転がるもGKが懸命に手を伸ばしてセーブ、コーナー。
結局、そのコーナーも活かしきれず、前半終了。0-0のまま後半へ。

後半開始。両チーム交代なし。
51分、サマラスのミドルシュート、わずかに枠の右へ外れる。危ないなあ。
54分過ぎからミランの波状攻撃、ノチェリーノ、バロテッリが連続でシュートを放つもディフェンスがブロック、左からコンスタンが上げたクロスもアンブローズがニアでクリアしてコーナー。
60分、セルティックのチャンス、右からあげたクロスにサマラスが飛び込んでヘディングにいくもヒットせず、そのこぼれ球をストークスがオーバーヘッドのような形で押し込もうとするが
63分、左からコンスタンがあげたクロス、ファーポストにムンタリが飛び込んでダイビングヘッドにいくも、枠をとらえられず。決定機だったのになあ…
63分、ミランの交代、ビルサに代えてエマヌエルソン。アッレグリ監督はまだトレクアルティスタとしてのエマヌエルソンを諦めていないんでしょうか…。この状況でも出さないってことは、ポーリはベンチに入ってはいるけど、事実上使えない状態なのかな。
68分、セルティックのカウンター、ブラウンがゴール前へのスルーパスに抜け出し決定機になるかと思われたが、デ・ヨングが懸命なタックルでシュートは打たせず。
75分、セルティックの交代、マシューズに代えてブーリフテル。
同じく75分、ミランの交代、コンスタンに代えてロビーニョ。これもお決まりの交代。
77分、セルティックの交代、コモンズに代えてプッキ。
80分、ミランゴール前でのフリーキック、ストークスが直接狙う、ゴール左上隅の良いコースにいったものの、クロスバー。危ないなあ…。
83分、ペナルティエリア左角付近でキープしたバロテッリから中央へややマイナス気味のパス、上がってきたサパタが一人かわして左足でシュート、これがディフェンスの足に当たりコースが変わってゴール右隅に吸い込まれる! ミラン先制! よかった。ベタな話ですが、シュートは打っておくものですね。
86分、セルティックゴール前、やや右寄りの位置からバロテッリの直接フリーキック、ゴール右隅への鋭いシュートはフォースターがスーパーセーブで防いだもののリバウンドにミランの選手が数人押し寄せ、ムンタリが押し込んでミラン追加点! よかったよかった。
87分、ミランの交代、マトリに代えてポーリ。結局出すのね、ポーリ。
89分、セルティックの交代、マルグリューに代えてビトン。

ロスタイム4分を消化して試合終了。ミラン、2-0で勝利!! どうなることかと思ってたけど、とりあえずはミランが勝ったことを素直に喜びたいと思います。

ビルサは序盤良いシーンが2,3回あったけど、チーム全体を引き上げるだけの力はなかった感じ。また、技術が高く、キックが上手いのは間違いないけど、ややフィジカルの弱さを感じました。

個人的には今日のMVPはデ・ヨング。彼がいなければやられていたであろう場面がいくつかあったので。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

今朝のイタリアは良いイタリア。

  • 2013/09/19(木) 10:10:44 |
  • URL |
  •    #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1324-60d1e3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)