赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 ボローニャ vs ACミラン レビュー

セリエA 2013-14 ボローニャ vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Bologna_vs_AC_Milan_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ボローニャ(4-2-3-1):
クルチ;ガリクス、アントンソン、マントヴァーニ、モルレオ;ペレス(85' クルヒン)、パツィエンツァ(65' デッラ・ロッカ);フリストドゥロプーロス(78' ソーレンセン)、ディアマンティ、ラクサール;クリスタルド

ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ:アバーテ、サパタ、メクセス、コンスタン;ポーリ(90' エマヌエルソン)、デ・ヨング、ノチェリーノ(74' ムンタリ);ビルサ(64' ニアン);マトリ、ロビーニョ

結果:ボローニャ 3 - 3 ACミラン

得点者:
ボローニャ33'&52' ラクサール 61' クリスタルド
ACミラン12' ポーリ 89' ロビーニョ 90+1' アバーテ


立ち上がり、組み立てに苦しむミラン。そもそもパスがつながらない。
12分、左サイドでつないで、フリーになったロビーニョがペナルティエリア内右にスルーパス、飛び込んだポーリが苦しい体勢ながらも逆のサイドネットに決めてミラン先制!! ポーリはやっぱりこういうダイナミズムのある動きの中でこそ生きる。
15分、ミランの右コーナーキック、マトリがヘッドで合わせるもわずかに枠の左へ。
25分、ペナルティエリア内右へのループパスをポーリがヘッドで中央に折り返し、マトリが右足で狙うも枠の上へ。せめて枠には持って行かないとねえ…。
33分、縦パスをクリスタルドがワンタッチでミランディフェンスの裏へ送る、ラクサールが左サイドからトップスピードで最終ラインの裏に抜けだして、そのまま得意の左足でニアに決める。ボローニャ同点。今のは仕方ないかな、と思います。どんなに気をつけていても防げない攻撃もあるので。
42分、スルーパスでゴール前にロビーニョが抜け出してシュートにいくも、クルチがセーブ、リバウンドをビルサが狙うがこれまたクルチに止められる。リプレイでみると、ビルサのシュートはなぜかゴールど正面。左右どちらかに50cmくらいズレていればゴールだったと思うんだけど。やっぱり彼は判断力に難がある。


48分、左サイドに抜け出したロビーニョから中央へのグラウンダーの折り返し、マトリがファーポストに飛び込んで右足で合わせるも枠にはいかず。これだけ枠に飛ばないとちょっとキツい。
52分右サイドからのフリストドゥロプーロスのクロス、ラクサールがファーポストでミランの選手と競り合いながらもヘッドで合わせてゴール。ボローニャ勝ち越し。厳しいなあ…。
61分ディアマンティが左サイドからアーリークロス、ニアポストにクリスタルドが飛び込んで、ダイビングヘッドでわずかにコースを変え、右のサイドネットへ決める。3-1、ボローニャ、リードを広げる
64分、ミランの交代、ビルサに代えてニアン。毎回60分前後でビルサを交代させるなら、そもそも先発させる意味ってなんだろう? ビルサのところで良い形になることはあってもゴールにはつながってないしなあ。
65分、ボローニャの交代、パツィエンツァに代えてデッラ・ロッカ。
69分、ロビーニョの左コーナーキック、メクセスがヘッドで合わせるがクロスバー。枠内にシュートが飛ばない…。
74分、ミランの交代、ノチェリーノに代えてムンタリ。
78分、ボローニャの交代、フリストドゥロプーロスに代えてソーレンセン。
ポーリがボールをキープして試合を作るような動き。しかし、奪われる。彼は先制ゴールのように2列目から飛び出して一発で決めるような形を得意とする選手で、試合を作れるようなタイプじゃないから仕方ない。せめてモントリーヴォだけでもいてくれたらなあ…。
85分、ボローニャの交代、ペレスに代えてクルヒン。
87分、ゴール前左よりからのフリーキック、ニアンのシュートをまたしてもクルチがセーブ。
さらに、その直後、マトリのシュートもクルチがセーブ。ツイてない時はこういうものか。
89分ペナルティエリア内左へのロビーニョのパスをマトリがヒールパスで中央へ、ムンタリのシュートはブロックされたものの、リバウンドをロビーニョが押し込んで2-3。追いすがるミラン。
90分、ミランの交代、ポーリに代えてエマヌエルソン。
90+1分左サイドからエマヌエルソンのクロス、ロビーニョがニアでヘッド、クルチに止められたもののリバウンドに詰めたロビーニョにディフェンスのクリアが当たり、右サイドへ流れる、このこぼれ球をアバーテが右足のボレーで叩き込んでミラン同点!! どんだけ綱渡りなんだろう…。
90+5分、左サイド、ロングレンジからディアマンティが得意の左足を振りぬく、飛びついたアッビアーティの手を越えたボールはクロスバー直撃…。危ない…。

5分のロスタイムを消化し、試合終了。3-3のドロー。追いかける側の強さもあるとはいえ、ニアンが入ってからの方が明らかに自分たちからしかけていくサッカーができているのに、なぜビルサの先発にこだわるんだろう? 謎。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ビルサはジェノアから何試合か出さなければいけない条件でもあったり!?

ビルサ出すならニアン出して成長を促して欲しいんすけどねぇ
ここまで酷いと若手の成長が数少ない楽しみのが強くなっちゃいますよ

てかCL出れないニアンがここまでリーグ戦の出場機会に恵まれないのは冬にトレードか売却でもあんのかと勘ぐってしまう…

  • 2013/09/26(木) 19:58:07 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1334-e15ff4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。