赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 カリアリ vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 カリアリ vs インテル 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130930_1.jpg
gazzetta_snapshot_20130930_2.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

カリアリ
ロペス監督:6

アガッツィ:7
ペリコ:5.5
ロッセティーニ:6
アストリ:6
アヴェラール:5.5
ドッセーナ:6
ナインゴラン:7 Best of the Team
コンティ:6
カブレラ:5.5
ピニージャ:5.5
イバルボ:6
イブライミ:6
サウ:6


インテル
マッツァーリ監督:6

ハンダノヴィッチ:6
ロランド:6
ラノッキア:6.5
フアン:6
長友佑都:7 Best of the Team
コヴァチッチ:6.5
カンビアッソ:6
グアリン:5.5
ペレイラ:5.5
ベルフォディル:5.5
アルヴァレス:5
イカルディ:6.5
パラシオ:6.5
ミリート:評点なし



長友の選手評の訳。

長友佑都:7 Best of the Team
またしても素晴らしいパフォーマンス。ゴールにつながったイカルディの頭へのミリ単位のクロスまでの動きは完璧だった。遠くからもシュートを狙ったが、いつかは…。



一部の選手評の訳

カリアリ
ナインゴラン:7 Best of the Team
ゴールへの勇敢なチャレンジに加え、それが結実するには幸運な部分もあったが、同点弾を決める。その存在感を感じる場面が多かった。

アガッツィ:7
その反応と運動能力に富んだ順応性によって、長友、グアリン、ベルフォディルのシュートに対して、素晴らしい対応をみせ、前半の主役となった。後半にもネコのような反応をみせたが、その後失点。


インテル
ラノッキア:6.5
正確で、タイミングが良く、常に安全。味方のプレーからこぼれたボールをクリアする彼は、一本のトゲのようだった。ハンダノヴィッチがクリアに失敗したボールに対するプレーは価値のあるものだった。

コヴァチッチ:6.5
相手陣では、スピードと決断力で攻撃陣を牽引し、フィールド全体でも活躍。最初は右サイドで、対面するナインゴランを押さえ込んでいた。


長友がチームベスト。アガッツィの好セーブに阻まれたシーンもあり、納得の結果。インテルとしては、コヴァチッチがかなり良いプレーをしたことも好材料。タイデルは良い選手だけど、試合を作るという点ではコヴァチッチの方が上だと思うので、色んな選択肢ができるのは良いことです。試合に勝てれば、最高でしたが…。その点で、カリアリのアガッツィの存在は大きかったと思います。元々評価の高いGKではありますが、それにしてもこの試合のアガッツィは素晴らしかった。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/10/01(火) 14:48:59 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

長友はやたらクロスの精度良かった
代表で言うと岡崎と内田がやってるようなサイドにながれていくコンビネーションもやたら良かった

  • 2013/10/01(火) 19:50:57 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1340-4f9691e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。