赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 インテル vs ローマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 インテル vs ローマ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131006_1.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

インテル
マッツァーリ監督:5.5

ハンダノヴィッチ:6.5
ロランド:5
ラノッキア:4.5
フアン:5.5
長友佑都:5
グアリン:6
カンビアッソ:5
タイデル:5
ペレイラ:4.5
アルヴァレス:6.5 Best of the Team
パラシオ:5
イカルディ:5.5
コヴァチッチ:5
ミリート:5.5


ローマ
リュディ・ガルシア監督:8

デ・サンクティス:6.5
トロシディス:6.5
ベナティア:7
カスタン:6.5
バルザレッティ:6
ピアニッチ:6.5
デ・ロッシ:6.5
ストロートマン:7.5
ジェルヴィーニョ:8
トッティ:8.5 Best of the Team
フロレンツィ:7.5
タッディ:6
マルキーニョ:評点なし
ドド:評点なし



長友の選手評の訳。

長友佑都:5 Best of the Team
この晩のローマによる鋭いカウンターアタックの前に、『ナガ』には付け入る余地がなかった。マッツァーリはその雰囲気を感じ、頻繁に入れ替わるローマの両サイドの攻撃陣が楽しみながらプレーしていることもあって、彼に背後をしっかり見守るように要求した。しかし、『ナガ』は前後半どちらも良くなかった



一部の選手評の訳

インテル
アルヴァレス:6.5 Best of the Team
彼は自らの試合をやり遂げた。走り、争い、相手のペナルティエリア内に侵入し、ヘディングでゴールも狙った。アルヴァレスについて確かなのは、1年前とは全く別の選手のようで、南アフリカワールドカップでのハムシクのようになる可能性があることだ。

ハンダノヴィッチ:6.5
失点が少なく、5失点せずにすんだのは、フロレンツィのボレーと、ジェルヴィーニョとの1対1を止めた彼の素晴らしいセーブのおかげだ。3失点については仕方がない。今晩はこの古い言い回しを使おう。惨めで『ディフェンスに恵まれない』ハンダ。


ローマ
トッティ:8.5 Best of the Team
年というのは誰にとっても過ぎゆくものだが、トッティにとっては違う。先制ゴールは完璧なシュートのお手本となるものだったが、それは言うまでもないだろう。トッティのすごさを示しているのは、0-3となるゴールにつながる動きの端緒だ。ボールを止め、ドリブルし、80メートルに及ぶ動きのきっかけを作る。詩だとすれば、トッティは、ジャコモ・レオパルディによる詩のように壮大だ。

ジェルヴィーニョ:8
アフリカでは、毎日、ガゼルが目を覚まし、ライオンから逃げ切るためにジェルヴィーニョと同じくらいの速さがあればいいのに、と思っている。ジェルヴィーニョが左サイドに来ると、ペレイラは逃げ出したかっただろう。哀れにも彼は消えていく。ジェルヴィーニョは戻ってきて、相手をボロボロにしていく。


ラノッキア、ペレイラが『4.5』という評価。やはりラノッキアのためにも、カンパニャーロにはいてもらわないと困りますね。インターナショナルウィークをはさむため、次は再来週19日、20日の試合になります。おそらくそこまでには帰ってくるでしょうから、万全のコンディションで戻ってくることを期待しましょう。

ローマは本当に強かった。ジェルヴィーニョ、フロレンツィのサポートを得て、また中盤にはストロートマンが入り、トッティが悠々とプレーしているのが特に印象的でした。リャイッチもいるし、ヨーロッパレベルの試合は無いし、スクデットも十分にあり得そうです。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

フアンが5.5・・・?

( ゚д゚)

  • 2013/10/06(日) 21:58:58 |
  • URL |
  • 名無し△! #-
  • [ 編集 ]

今のところ取りこぼしもしないしこのままいっちゃうのかな?

  • 2013/10/06(日) 22:05:33 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ローマが強さを見せたというよりはインテルがひどかったような。
まるで珍テルと呼ばれていたときのことを思い出すひどいサッカーでしたね。

  • 2013/10/07(月) 01:51:00 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

トッティって日韓WCでも中心だったのに、10年以上経ってもこのクオリティの高さ何なんだよ。。

  • 2013/10/07(月) 20:39:22 |
  • URL |
  • 名無しの日本人 #-
  • [ 編集 ]

3強がグダグダしつつもスクデット独占していたのがセリエ凋落の遠因だし、ヴィオラ、ローマ、ナポリ、ラツィオあたりが地力つけるのはリーグにとってはよいことだと思うね

  • 2013/10/08(火) 07:19:32 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1348-bfa5822b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。