赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロテッリ、テレビ局のカメラクルーと一悶着

バロテッリ、テレビ局のカメラクルーと一悶着

http://www.football-italia.net/40560/video-balotelli-clashes-tv-crew

今日の午後、イタリア代表がナポリに到着したが、マリオ・バロテッリは、カメラクルーに手を出し、ニュースの見出しを飾った。

イタリア代表はフィレンツェからナポリに電車で移動し、火曜の夜にアルメニア代表とワールドカップ予選を戦う。

駅にはチームを待つ多くのファンと複数のカメラクルーがいた。

しかし、Sport Mediasetは、バロテッリが彼らのカメラの1台に手を出し、地面に押し倒そうとしたと報じている。

Mediasetのオーナーがミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長であることを考えると、特に考えにくい行動である。

今朝、バロテッリは、『バロテッリは病気だが、カモッラに対するシンボルとしてナポリに滞在することになるだろう』と書かれた、ガゼッタ・デッロ・スポルトの見出しの画像をツイッターに投稿し、このようなツイートを残していた。

「これがお前らの言い分か! 俺がナポリに行くのはサッカーが素晴らしいものだからだし、誰だって自分のやりたい場所でプレーすることができるはずだ。それに試合もあるしな!」

火曜のワールドカップ予選、アルメニア戦前に練習を行うサッカー場は、ナポリのマフィアであるカモッラから没収された土地に作られたものである。


バロテッリ、またしても一悶着。プランデッリ監督はかばってくれますが、限界はありますよ。こんな見出しを書かれてメディアに対してイラ立っているのは分かりますが、だからって手を出してもいいということには決してなりません。もう少し大人になってください、お願いですから。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1360-19c50a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。