赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ブラジルワールドカップ予選 イタリア代表 vs アルメニア代表 プレビュー

2014ブラジルワールドカップ予選 イタリア代表 vs アルメニア代表 プレビュー

以前対戦した時のプレビュー記事はこちら。レビュー記事はこちら

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20131015_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

WC_Q_Italy_vs_Armenia_pre.png

イタリア代表(4-1-4-1):
マルケッティ;アバーテ、ボヌッチ、アストリ、パスクアル;ピルロ;フロレンツィ、アクイラーニ、モントリーヴォ、インシーニェ:オズヴァルド

アルメニア代表(4-4-1-1):
ベレゾフスキ;ホフハニシアン、ムコヤン、アルズマニアン、ハイラペチアン;オズビリズ、アルトゥール・エディガリアン、ムクルチアン、ガザリアン;ムヒタリアン;モフシシャン


イタリア代表は、前々節にワールドカップ本戦出場を決め、前節はデンマーク代表とドロー。ここまでの戦績は6勝3分けでいまだ負けなし。故障者などもありメンバーをわりと入れ替えながらも、しっかり結果を残しています。それでも、ガゼッタ・デッロ・スポルト曰く、ワールドカップ本戦でのトップシードを勝ち取るためにはこの試合に勝たねばならず、デンマーク戦では温存したピルロも先発するという予想。コンディション不良によりデンマーク戦を回避したインシーニェも復帰する見込みで、わりと本気のメンバーになっています。バロテッリは体調不良のため、ベンチ入りはするものの、おそらく出場はせず。よって、先発のフォワードは前節同様オズヴァルドです。また、ブッフォンもこのアルメニア戦は回避、マルケッティが先発する模様。


アルメニア代表は、ここまで4勝5敗で勝点12。ブルガリアとデンマークが勝点13、チェコとアルメニアが勝点12で並び、得失点差により、2位ブルガリア、3位デンマーク、4位チェコ、5位アルメニアという順になっています。数字上はアルメニア、チェコにもグループ2位になりプレーオフに進出する可能性がありますが、デンマークの最終節の対戦相手はここまでわずか1勝のマルタ代表のため、デンマークが勝点3を獲得する可能性はかなり高く、事実上、その2チームがグループ2位になるのは難しい状況。ちなみに、マルタが1勝をあげたのがアルメニア戦です。

なお、ブルガリアとデンマークの得失点差は『7』開いており、直接対決の成績で並んでいるため、ブルガリアとしては最終戦のチェコ戦に勝てば、2位確定が濃厚となっています。

前回のガゼッタ・デッロ・スポルトによるプレビュー記事と同じく、アルメニア代表の中でのガゼッタの注目選手はヘンリク・ムヒタリアン。ボルシア・ドルトムントへの移籍により、一気にメジャー化した感じがします。ガゼッタの選手評では『アルメニアで最も才能溢れる存在。スタディオ・サン・パオロでは、1ヶ月前、チャンピオンズリーグのナポリvsボルシア・ドルトムントで敗れた。そのリベンジをしたいという意欲がある。』とのこと。前回のイタリア戦でもムヒタリアンは素晴らしい個人技からゴールをあげており、イタリアにとってはかなり危険な存在となります。

その他注目選手については、以前の記事に書いていますので、こちらをご覧ください。あまり大したことは書いていませんけども。


長かったブラジルワールドカップ欧州予選グループリーグもこの試合で最後。最大限楽しみたいと思います。これが終わるとプレーオフに入るので、それはそれで楽しみではあるんですが。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1364-eb79a670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。