赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 マンチェスター・ユナイテッド vs レアル・ソシエダ レビュー

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 マンチェスター・ユナイテッド vs レアル・ソシエダ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

CL_2013-14_Manchester_United_vs_Real_Sociedad_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


マンチェスター・ユナイテッド(---):
デ・ヘア;ラファエル(59' スモーリング)、ジョーンズ、エヴァンス、エヴラ;ヴァレンシア、キャリック、ギグス、ルーニー、香川真司;チチャリート(80' ヤング)

レアル・ソシエダ(4-2-3-1):
ブラーボ;カルロス・マルティネス、ゴンサレス、イニゴ・マルティネス、デ・ラ・ベジャ;ベルガラ、プリエト(68' パルド);ベラ、スルトゥサ(75' カストロ)、グリエスマン;セフェロヴィッチ(75' アギレチェ)

結果:マンチェスター・ユナイテッド 1 - 0 レアル・ソシエダ

得点者:
マンチェスター・ユナイテッド2' OG(イニゴ・マルティネス)


開始から1分強、左サイドでエヴラがプレッシャーをかけてボールを奪い、ルーニーへ、ルーニーがそのままドリブルでペナルティエリア内へ侵入、個人技でディフェンスをかわし、右足でファーポストにシュート、ボールは右ポストを叩いてゴール前に跳ね返るも、慌てたソシエダディフェンスが見方ゴールに押し込んでしまい、オウンゴール。ユナイテッド早くも先制
7分、左サイドのスペースでボールを受けた香川がダイレクトで中央に折り返すも、チチャリートがディフェンスともつれなかがら倒れ、シュートには至らず。
14分、右サイドのラファエルからのクロスをルーニーが右足のボレーで狙うもGKがセーブ。
スタンドにはファーガソンの姿が。そしてその前にはボビー・チャールトンも。
18分、今度は右サイドからヴァレンシアのクロス、ルーニーがジャンピングボレーで合わせにいくが枠を大きく外す。
27分、ソシエダが比較的高い位置でボールを奪い、前線のセフェロヴィッチへ、セフェロヴィッチがペナルティエリア外からシュート、ゴール右上隅をつく良いシュートだったものの、デ・ヘアがしっかりセーブ、コーナーへ。
42分、ユナイテッドのゴール前、やや左寄りの位置からソシエダのフリーキック、グリエスマンが左足で強烈なシュート、壁の上を越え、ゴール左上隅の良いコースにいっていたもののバー直撃、ユナイテッドとしては危ない場面。
前半終了。1-0でユナイテッドがリード。ソシエダもチャンスは作っており、1点では安心できないので、できるだけ早い時間にもう1点ほしいところ。香川はコンディションが万全とはいえない感じにみえる。それでも何度か見せ場を作っているので、何とか明確な結果を出して欲しい。


後半開始。両チーム交代なし。
後半立ち上がり、左サイドからのグリエスマンのクロスに逆サイドから走りこんだベラが合わせにいくがわずかに届かず。
50分過ぎ、ソシエダの波状攻撃、数回に渡りユナイテッドゴール前にボールを送る、完全な決定機にはなかなか至らないものの、きわどい場面の連続。後半になると急激に失速するユナイテッドのクセは変わっていないのか。
53分、左ショートコーナーから香川がクロス、ファーポストに飛び込んだジョーンズがドンピシャのヘッドで合わせるもGKがセーブ。惜しい。
57分、サイドバックのデ・ラ・ベジャが左サイドからクロス、と思いきやゴール右上隅にシュート性のボール、これまたクロスバー直撃でユナイテッドは命拾い。
59分、ユナイテッドの交代、ラファエルに代えてスモーリング。
62分、香川が左サイドでボールを受ける、ボールに触らずに相手をかわす鮮やかなターン、中央のルーニーにパス、ルーニーのミドルはややミートせず、GKがキャッチ。
63分、ルーニーの絶妙のパスでヴァレンシアがペナルティエリア内右に抜け出してそのままシュート、左ポストを叩いたリバウンドを香川が再びシュートするもディフェンスがブロック。中盤が空いてきて両チームチャンスが増えてきた感じ。
65分、右サイドに抜け出したヴァレンシアが中央にマイナスの折り返し、香川がワントラップから狙うがイニゴ・マルティネスが懸命のタックルでブロック。惜しいなあ…。
68分、ソシエダの交代、プリエトに代えてパルド。
75分、ソシエダの交代、セフェロヴィッチ、スルトゥサに代えて、アギレチェ、カストロ。
80分、ユナイテッドの交代、チチャリートに代えてヤング。香川がセンターに行って、ルーニーがトップに上がるものと思われます。後半になって香川はずいぶん良くなったので、さらに結果がついてくるといいですねえ。
86分、クリアボールを香川がヘッドでつなぎ、ルーニーが一気にドリブルで相手ゴール前まで持っていく、右サイドから中央に折り返し、逆サイドにヤングが飛び込むもGKが先に触りクリア。
88分、ギグスからのスルーパスで右サイドに抜け出した香川からのクロス、ルーニーが合わせきれず、結果オフサイド。
90分、ルーニーと香川がペナルティエリア内左でのコンビネーション、最後は香川が左足で狙うがサイドネット。

ロスタイム5分を消化して試合終了。結局、最初のオウンゴールだけだったものの、ユナイテッドが1-0でしっかり勝利。後半はソシエダにもチャンスを作られたものの、特に後半の終盤、ユナイテッドのプレーが向上していき、その中で香川も中心的な役割を果たしていたのは、良かったな、と思います。少しずつでいいので、プレミアリーグでの出番も増えていくといいなあ。


この後、レッドカフェの反応の訳を少しだけアップする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1378-bfe5c0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。