赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルバラ・ベルルスコーニ、ACミランのチーム改造に着手? ガッリアーニもその対象に?

バルバラ・ベルルスコーニ、ACミランのチーム改造に着手? ガッリアーニもその対象に?

http://www.football-italia.net/41336/berlusconi-revamp-milan

ACミランが大幅なチーム改造を計画しており、マッシミリアーノ・アッレグリ監督とアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が解任の危機に立たされている一方で、パオロ・マルディーニが復帰するのではないかと、複数のメディアが報じている。

先日、フィオレンティーナに0-2で敗れ、11位に低迷していることから、その状況はさらに悪化した。

ミランは、チャンピオンズリーグ圏内まで勝点16差をつけられており、降格圏まではわずか勝点3差となっている。

チームはバルセロナ戦とキエーヴォ戦に向けての準備のため、「収容」キャンプに入っているが、現時点では、アッレグリはベンチに残っている。

Ansa news agencyを含む、複数の報道によると、バルバラ・ベルルスコーニがチーム改造の指揮をとっているようだ。

彼女は、残念な結果に終わった移籍市場での動きを受け、チームの徹底的な改造を要求する目、父親であるシルヴィオ・ベルルスコーニ会長と会談を行っていた。

このことにより、アッレグリ監督だけでなく、ガッリアーニGMの立場も危うくなっている。ベルルスコーニは、パオロ・マルディーニにディレクター就任を要請するとの噂があるからだ。

マルディーニは、ミラン首脳陣、特にガッリアーニとの確執について口にしており、引退後、ミランでの職を提示されることもなかったと不満を漏らしている。

また、より安い移籍金で将来の期待が持てる選手を発見するため、新たなスカウトを採用することにもなるはずだ。

Ansaによると、ベルルスコーニは、ミランは多額の支出をしているにもかかわらず、賢い投資になってはいないと主張しているようだ。


アッレグリだけでなく、ガッリアーニの首元も少し寒くなってきた模様。バルバラ・ベルルスコーニの介入の有無にかかわらず、ガッリアーニとシルヴィオ・ベルルスコーニの関係もかなり悪化しているという噂があったんですが、結果が出なくなってそれが顕在化してきたのでしょうか。シルヴィオ・ベルルスコーニは、アンブロジーニの放出に反対していたという話ですし、おそらくマルディーニをミランに復帰させたいという意思については、強く持っていることでしょう。個人的にマルディーニが復帰してくれたら嬉しいですけど、現状に対する解決策にはならないでしょうね、きっと。夏のマーケットでの補強が足りなかったのかなあ…。ヴェルガラはまだ戦力として計算できないし、シルヴェストレも微妙なところだし、やっぱりもう少しお金を使わないといけないんでしょうか。なお、ガッリアーニについては、パリ・サンジェルマンに行くのでは?なんていう噂もあるようです。

この件に関し、バルバラ・ベルルスコーニ自身は、ガッリアーニに退任を要求したことはないと発言していますが、同時に、マルディーニのディレクターとしての復帰と新たなスカウトの採用を要請したことは認めています。まだまだ、この件に関しては揉めそうです。

ピッポ・インザーギがプリマヴェーラからスライドしてトップチームの監督に就任するなんて話もありますが、彼はまだ監督業についてから2年目。将来トップチームをしっかり任せるつもりなら、こういうタイミングで就任させて欲しくはないなと思います。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

 

その通りですね。
ピッポはじっくりと見ていくべき。

  • 2013/11/06(水) 21:14:04 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1397-0a5ffc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。