赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 ACミラン vs ジェノア レビュー

セリエA 2013-14 ACミラン vs ジェノア レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

AC_Milan_vs_Genoa_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ;アバーテ、サパタ、ボネーラ、エマヌエルソン;ポーリ(73' ロビーニョ)、デ・ヨング、ムンタリ(46' ビルサ);カカ;マトリ、バロテッリ

ジェノア(3-4-3):
ペリン;アントニーニ、ポルタノーヴァ、マンフレディーニ;ヴルサリコ、ビオンディーニ(77' コフィー)、マトゥザレム、サンピリージ(46' マルケーゼ);フェトファツィディス(46' ベルトラッチ)、ジラルディーノ、アントネッリ

結果:ACミラン 1 - 1 ジェノア

得点者:
ACミラン4' カカ
ジェノア8' ジラルディーノ(PK)


3分、左サイドでの展開から、中央でムンタリが受け右足でミドル、中途半端な位置でバウンドし、ペリンが弾いてコーナーに。
4分、デ・ヨングがハーフウェーライン付近から、ペナルティエリア内へ一気にロングパス、抜け出したカカが鮮やかなトラップから右足でしっかり決めてミラン先制。ちょっと楽になるかな?
7分、ジラルディーノからのヒールパスを受けたヴルサリコをエマヌエルソンが後方からのチャージで倒し、ジェノアにPKこのPKをジラルディーノがしっかり決めてジェノア同点。はっきりファールだったなあ、エマヌエルソン。せっかく良い形で試合に入れたのに、また振り出しか。
23分、ペナルティエリア際でカカから浮き球のパスを受けたバロテッリ、胸トラップからそのままオーバーヘッドで狙うが、ペリンがしっかり正面でキャッチ。ナイスチャレンジ。
25分、カカからのループパスでマトリが抜けだす、ややボールが長く、左に流れたような形になって難しい体勢からだったとはいえ、ループ気味に狙ったマトリのシュートは枠を大きく外す。今のマトリを先発させるのには、ちょっと賛成しかねるところが…。
29分、カカのパスからバロテッリが右足でシュート、ペリンが触ってゴールラインを割ったようにみえたものの、判定はゴールキック。バロテッリはレフェリーとの関係が上手くいかないなあ…。
35分、左サイドからのパスを受けてターンしようとしたバロテッリをマンフレディーニが倒してミランにPK。決定機阻止ということで、マンフレディーニは退場に。しかし、このPKをバロテッリが蹴るも、ペリンがストップ。自信なさげなPKだったなあ。もっと思いっきり蹴りこんでいけばいいと思うんですけど、何だか狙いにいきすぎな感じにみえました。
41分、ミランの左コーナーキック、エマヌエルソンが蹴ったボールにマトリがほぼフリーで合わせるが、枠を大きく外す。う~ん、マトリ…。
44分、ボールを追って足を伸ばした直後、ムンタリが倒れこむ。右足太ももの付け根辺りを押さえているけど、大丈夫かな? 自分の足で歩いているので、どうしようもない程の重症ではなさそうだけど、プレー続行は無理っぽい。
前半終了。1-1のまま。数的優位もあることだし、クリスタンテを入れて中盤を活性化させるくらいの手は打って欲しい。ロビーニョを入れるようなルーティーンな交代じゃ、今の硬直した状況を打破できないような気がするんですよね…。

後半開始。ミランはムンタリに代えてビルサ、トリノはフェトファツィディス、サンピリージに代えてベルトラッチ、マルケーゼをそれぞれ投入。
正直なところ、アッレグリ監督がマトリにこだわるのだけは納得がいかない。ニアンも調子が良さそうだったし、ロビーニョだっている。バランスを考えれば、マトリとバロテッリの2トップってあまり機能しそうな気がしないし。
59分、左サイドからバロテッリがクロス、マトリがヘッドで合わせるがペリンがセーブ、そのプレーで得た左コーナーキック、ビルサの蹴ったボールにカカがニアポストで合わせるもまたしてもペリンがセーブ。さらに、もう一度左サイドから上げたボールにバロテッリがヘッドで合わせるも枠の上へ外す。
70分、左サイドでエマヌエルソンが粘って抜け出しクロス、バロテッリがヘッドで合わせるもペリンがしっかりキャッチ。当たってるなあ、ペリン。
73分、ミランの交代、ポーリに代えてロビーニョ。ルーティーン…。
77分、ジェノアの交代、ビオンディーニに代えてコフィー。
81分、ミランの左コーナーキック、カカがペナルティエリア内左で受け、右足でゴール右上隅を狙ってシュートするが枠を捉えることはできず。
ミランとしては、自分たちから試合を動かしにいかないといけない、こういう展開の中でひとつ交代枠を残しているのがよく分からない。アッレグリ監督は元々交代枠をあまり使わない人で、それが良い方向に働くこともあるけど、今は完全に裏目に出てるなあ。結局、ニアンもサポナーラも使わないんですよねえ…。
88分、エマヌエルソンからのクロスに2列目から飛び込んできたビルサがヘッドで合わせるが、枠の左へ外す。良い形なんだけど…。

ロスタイム、ミランは、コーナーキックなどからチャンスを作るも決めきれず、そのまま試合終了。1-1のドロー。ミラン、かなりの重症です。上にも書いたけど、こういう試合で交代枠をひとつ残してしまうアッレグリ監督は、停滞したチームの現状を打破するのは苦手な人なんじゃないか、という印象を強めてしまいました。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/11/24(日) 15:56:43 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1419-413b3ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。