FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2013-14 ACミラン vs ジェノア ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2013-14 ACミラン vs ジェノア ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20131124_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

【ACミラン
アッレグリ監督:5

アッビアーティ:評点なし
アバーテ:5.5
サパタ:5.5
ボネーラ:6
エマヌエルソン:5.5
ポーリ:5.5
デ・ヨング:6.5
ムンタリ:6
カカ:7 Best of the Team
マトリ:5
バロテッリ:4.5
ビルサ:5.5
ロビーニョ:5.5


ジェノア
ガスペリーニ監督:6

ペリン:7.5 Best of the Team
アントニーニ:6
ポルタノーヴァ:6
マンフレディーニ:4
フェトファツィディス:5.5
ヴルサリコ:6
マトゥザレム:6
ビオンディーニ:6
アントネッリ:6
サンピリージ:6
ジラルディーノ:6.5
ベルトラッチ:6
マルケーゼ:6
コフィー:評点なし



一部の選手評の訳

【ACミラン
カカ:7 Best of the Team
インスピレーションにあふれ、決断力があり、常に存在感もあった。かつてのミランの一部が、最も厳しい挑戦に挑む。

バロテッリ:4.5
かつて、マリオがミスをしない時代があった。しかし今そこにいるのは、必要な時にペナルティエリアに入っていかない怠惰な男だ。

デ・ヨング:6.5
堂々たるプレーで、決して消えることのない個性。カカをゴールに導いたのは彼で、その双肩に中盤を背負う。


ジェノア
ペリン:7.5 Best of the Team
レイナのように、かつてはPKを一度も失敗したことのなかったバロテッリを止めた。その後、全てのボールに立ちはだかり、難しいものから、簡単なものまでことごとく弾き返した。

アントニーニ:6
怒ったファンたちによる一件で、中傷されなかった唯一の(元)ミランの選手だった。しかし、彼にとっても気分のいいものではなかっただろう。


バロテッリのイラ立ちが如実に感じられる試合でした。カカのコンディションが良くなっているのは分かりましたし、チャンスもあったんですが、試合を動かしきれなかったことについては、監督の責任という部分も大きいかな、と。もう少し積極的に交代枠を使うなどして、自分から試合を動かしにいって欲しかったと思います。ニアン、サポナーラあたりを使わなかったのは、チャンピオンズリーグに出場できなくて、火曜のセルティック戦につながらないからなのかなあ。その辺りは本当に疑問でした。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ユーベで戦力外だっただけあってマトリはやはり力不足だと思う
マトリとサポナーラを交代してカカを1列上げてやれば
放り込み一辺倒じゃなくてもっと違った展開になったんじゃないかなあ
交代枠を残したまま何の手も打たずに試合を終えるのもそうだけど
自分が主導して高い金出して獲得したからなのか、
決定力不足のマトリを使い続けるアッレグリが低迷の最要因だと思う

  • 2013/11/25(月) 01:28:21 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

プランデッリがミランに来る未来が無い限り、バロは来夏にでも放出ありそうですね…
なんと言ってもバルバラが嫌ってそう
ライオラ物件ってのもあるでしょうけど

  • 2013/11/25(月) 13:39:50 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1420-3c21129f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)