FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

カカとアッビアーティ、スタジアムの出口を塞いだファンと直接話し合い

カカとアッビアーティ、スタジアムの出口を塞いだファンと直接話し合い

http://www.football-italia.net/42086/kaka-and-abbiati-meet-ultras

ドローに終わったジェノア戦後、怒ったミランのファン、300人がサン・シーロの出口を塞ぎ、リッキー・カカとクリスティアン・アッビアーティが彼らと直接面会した。

ウルトラスは、試合中にもすでにチームを批判するようなバナーを掲げていたが、1時間に渡り10人で戦ったチームに対し、1-1という結果に終わったことで、怒りに満ちた抗議が始まった。

終了のホイッスル後、状況は悪化し、ウルトラスと警察がスタジアムの出口を塞ぐ形になり、選手だけでなく、スタジアム内に残っていたジェノアのファンも出られなくなった。

怒ったサポーターたちは、このようなチャントを歌っていた。「恥を知れ」「棒を用意してお前たちを待ってるぞ」「このガキどもは何が犠牲になっているかが分かっちゃいない。奴らの銀行口座は金で一杯だが、そのために働いてるのは俺たちだ」

マリオ・バロテッリがウルトラスと面会するために門の外に歩いて行こうとして警察に止められたと報じられており、カカとアッビアーティが直接面会することを許された。

彼らは、より一層の努力をし、夜更かしを批判されている選手については、その態度を改めることを約束した。

この面会後、ウルトラスは解散し、チームバスは深夜にスタジアムを後にすることができた。


選手を責めてもそんなに意味があるとは思えないのですが、こういうことをする人たちはいなくなりませんね。本当に迷惑だと思うんですけども。バロテッリが止められたっていうのは賢明でした。彼はファンの怒りを買いそうだし、本当に危険そうなので。とにかく結果を出してファンを納得させるしかないので、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、セルティック戦、何とか頑張ってもらいましょう。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

俺はアリだと思うんだ
ミランが好きで名門のプライドをサポーターも持っていいと思うし、クラブ側も選手の売買、各リーグの賞金だけじゃない
スポンサーがつくのも、ユニフォームが売れるのも、放映料が入るのもファン、サポーターがあってのものだし選手はそういったものから給料が出てる事を自覚した方がいい
この不甲斐ない成績なのに今迄無かった方が不思議だった
ダービーで不甲斐ない戦いをするだけだも囲まれてたのにさ

  • 2013/11/25(月) 21:08:17 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1421-af0fefe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)