FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ACミラン、ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニを両方マネージャーとして置くことに

ACミラン、ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニを両方マネージャーとして置くことに

http://www.football-italia.net/42327/milan-will-have-two-general-managers

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、ACミランが「二世代のマネージャー、すなわち、アドリアーノ・ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニのふたり、を置くことになる」と発表した。

現在の副会長であり、ジェネラル・マネージャーでもあるガッリアーニとの4時間に渡る会談の結果、この解決策がとられることになった。

ガッリアーニは、ベルルスコーニ会長の娘であり、経営陣のひとりでもあるバルバラ・ベルルスコーニと衝突し、辞任すると脅しをかけていたが、今日、ベルルスコーニは、ガッリアーニの残留を宣言していた。

ベルルスコーニは、報道陣に向けた声明でこのように語っている。
「今日、我々は、クラブの組織について完全に合意した。」

「これからは、二世代のマネージャーを置くことになる。ひとりは、アドリアーノ・ガッリアーニで、彼はスポーツ部門を担当することになる。もうひとりがバルバラ・ベルルスコーニで、彼女はその他の部門を担当する。」

「私自身については、クラブとチームに対して、これまで以上に関与することを約束する。」

しかしながら、バルバラ・ベルルスコーニがすでにパオロ・マルディーニに対して、新たにテクニカル・マネージャーの職につけるため、接触をはかっており、マルディーニがこの陣容に入り込む余地は残されている。

Sky Sport Italiaによると、ガッリアーニは、今晩、バルバラ・ベルルスコーニに電話をかけ、「ミランの利益のために協力していこう」と述べ、第一歩を踏み出した。


結局、ガッリアーニは残留。ベルルスコーニとガッリアーニが直接話をすれば、まあ、こうなるんですよね。ガッリアーニは、『ベルルスコーニの言葉は神聖なものだ』なんていう表現まで使ってしまっていますし。終わってみれば、茶番っぽい…。今は大事な時期なので、選手がこういうゴタゴタに巻き込まれないようにして欲しいです。その点で、事態が収束したのは良かったのかな…。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

只先延ばししただけでは・・・
ベルルスコーニ自体が収監される可能性がある現状で、求心力がなくなった時が怖いです。

  • 2013/12/01(日) 13:53:42 |
  • URL |
  •  ミラノーゼ #-
  • [ 編集 ]

やっぱりガッリアーニ辞任は影響が大きい訳ですから、こういう所で、クラブ全体がそのー、
「シルヴィオ・ベルルスコーニの説得でガッリアーニ留任!! バルバラも据え置き、パオロも入閣予定!」
「そしてミランは、二大CEO体勢になりました!!!」

な ん な ん す か こ れ

  • 2013/12/01(日) 15:08:22 |
  • URL |
  • 松木安太郎‎ #-
  • [ 編集 ]

うーんこれ・・・

  • 2013/12/01(日) 17:44:30 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ガリが居るかぎりマルディーニのフロント入りは夢やと思ってたんですが。頑固なパオロさん入閣ない気がするなぁ…

  • 2013/12/01(日) 17:58:32 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

古代ローマの三頭政を思い出したwww
ベルルスコーニが居る限りは平穏が保たれそう
束の間の平穏でも、今のチーム状況で大リストラに着手するよりは全然良いんじゃないですか?
セードルフかインザーギかわかりませんが、ここから監督やるのはキツイでしょうし

  • 2013/12/02(月) 00:19:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

これは茶番というより、イタリアの「ファミリー」の文化そのまんまなんで、微笑ましいわぁ。
ほんと、見事なくらい日本の戦国武将みたいな手打ちをするんだな。

  • 2013/12/02(月) 09:47:52 |
  • URL |
  • 名無しの日本人 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1433-656d3f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)