赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス レビュー

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 ACミラン vs アヤックス レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

CL_2013-14_AC_Milan_vs_Ajax_pre.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-2-1):
アッビアーティ;デ・シーリョ、ボネーラ、サパタ、コンスタン;モントリーヴォ、N・デ・ヨング、ムンタリ;カカ(81' メクセス)、エル・シャーラウィ(24' ポーリ);バロテッリ

アヤックス(4-3-3):
シレセン;ファン・ライン、モイサンデル、デンスヴィル、ブリント;クラーセン、ポウルセン(46' ホーセン)、セレロ(80' ファン・デル・ホールン);シェーネ、ボージャン(72' シグソールソン)、フィッシャー

結果:ACミラン 0 - 0 アヤックス


両チーム、予想通りの先発メンバー。ムンタリが先日亡くなったネルソン・マンデラ氏の名前が入ったミランのユニフォームを持って入場。特別な人物なんですね、やっぱり。


5分、右サイドからのボージャンのクロスをゴール前で細かくつなぎ、フィッシャーがシュートにいったが、サパタがブロック、右からのコーナーへ。
シェーネが蹴ったそのコーナーキック、ニアポストに飛び込んだポウルセンがヘッドで合わせたボールは左ポストの内側に当たり、きわどい角度でフィールド内に戻ってきてアッビアーティがキャッチ。危ない…。セットプレー弱いなあ…。
19分、ファン・ラインの右サイドからのクロス、フィッシャーがダイビングヘッド、右ポストすれすれに飛んだシュートをアッビアーティが懸命に右手を伸ばしてセーブ、右コーナーへ。何だかバタついてるなあ。
22分、ポウルセンへのレイトタックルでモントリーヴォに一発レッド。リプレイを観ると納得せざるをえないタックルでした。モントリーヴォ、わりとこういうところあるんですよねえ…。
24分、ミランの交代、エル・シャーラウィに代えてポーリ。ドローで勝ち抜けが決まることを考えれば、仕方のない交代。
26分、シェーネのミドル、ディフェンスに当たり角度が変わってボールはゴール右隅へ向かうがアッビアーティが何とかセーブ、フィッシャーがオフサイドの位置に入っており、いずれにせよオフサイドだったものの、怖い。
0-0のまま前半終了。残り45分、戦い抜いてくれると信じています。

後半開始アヤックスはポウルセンに代えてホーセンを投入。シンプルに攻撃陣を増やしてきました。
51分、フィッシャーがワンツーから右足でシュート、枠の右に外れる。
52分、右サイドからのクロスに対してアッビアーティがやや中途半端な対応、デ・シーリョが何とかクリア、コーナーへ。今日のデ・シーリョは素晴らしいプレーをしています。
58分、セレロが落としてクラーセンがペナルティエリア際、ゴール正面からシュート、アッビアーティが正面でキャッチ。
61分、バロテッリがミランゴール前まで戻ってクリア。必死です
67分、アヤックスがゴール前で細かくつなぎ、最後はペナルティエリア内右に入っていたクラーセンがほぼフリーの状態からシュート、アッビアーティが防ぎコーナーへ。
72分、アヤックスの交代、ボージャンに代えてシグソールソン。守備的な選手と代えてくるかと思ったんですが、高さが欲しかったのかな?
74分、ホーセンが右からのボールを落とし、フィッシャーが飛び込んできて左足でシュート、ゴールのわずかに左へ外れる。危ない…。
79分、アヤックスゴール前への長いフリーキックをバロテッリが胸で落とし、コンスタンが左足でシュート、枠を大きく外したものの、シュートは必要。この試合、ミランのシュートについて書くのは初めてですね…。
80分、アヤックスの交代、セレロに代えてファン・デル・ホールン。ここでディフェンスの選手を入れてくるとはちょっと意外。
81分、ミランの交代、カカに代えてメクセス。
バロテッリ、身体を張って時間を稼ぐ。こういうところは頼りになる。強いし。ポーリ、デ・シーリョも頑張ってます。いいぞ。
90+2分、ブリントがこぼれ球をペナルティエリア外からシュート、しかしアッビアーティがしっかりキャッチ。
90+6分、クラーセンがオーバーヘッドで狙ったシュートがゴールの左に外れた直後、試合終了のホイッスル

スコアレスドローながら、ミランが決勝トーナメント進出を決める。モントリーヴォには猛省を促したいところだけど、抜けられたから、まあいいか。バロテッリもしっかり守備をしていたし、チーム一丸で戦い抜くことができて、本当に良かった。

アヤックスでは、やっぱりクラーセンが怖い存在だった。良い選手だなあ。あと、フィッシャーも良かったです。チーム全体が若いので、このまま、数年同じようなメンバーで戦えたら、恐ろしく強いチームになる可能性があると思うけど、なかなか難しいでしょうね。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

リッカはキャプテンになって気負いすぎなのか
たまにああいうプレーしてしまいますね
これでベスト16のファーストレグはリッカ抜きなのが…
相手も決まっていないので心配してもしょうがないですが

  • 2013/12/12(木) 07:49:02 |
  • URL |
  • #/pdu0RA.
  • [ 編集 ]

ナポリの結果はまだ知らないがユーべが負けた時にミランが低調気味ってのもあってセリエ全滅も覚悟してた
ミランが負けなかった事も嬉しいがセリエが全滅しなかった事に安堵した
ニアン、サポナーラのトレードやレンタル放出なんかの噂もあるがラミ、本田の加入とGL突破を弾みに巻き返しを期待したいな
ただ、気になる事が一点、ミランは未だ未だ走れてない
あるスタッツだとモントリーヴォが抜けたとは言え全体の走行距離ではアヤックスと20キロ程差があったそうだ・・・
選手平均で10〜11キロ、1人抜けた分を引いたとしても1人辺り約1キロ(GKは計算外)アヤックスの選手より走れてないって事

  • 2013/12/12(木) 09:28:07 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

10人になってからの方が目標がはっきりして良かった気がしないでもない
エルシャーラウィは可哀想でしたね

  • 2013/12/12(木) 09:34:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1450-19627817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。