赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッビアーティ:「苦しかった!」

アッビアーティ:「苦しかった!」

http://www.football-italia.net/42722/abbiati-milan-suffered

クリスティアン・アッビアーティは、アヤックス戦で『苦しんだこと』を告白したが、決勝トーナメント一回戦ではアトレティコ・マドリーとの対戦を望んでいるようだ。

0-0のドローに終わったアヤックス戦後、アッビアーティは、Sky Sport Italiaに対してこのように語っている。
「僕たちが苦しんだかどうか? 少しね! 僕のチームメイトは良いプレーをした。アヤックスのように組織的なチームを相手にプレーするのは簡単じゃないからね。」

リッカルド・モントリーヴォが前半22分に退場になったが、グループリーグ突破を決めるのに必要な勝点を何とか確保した。

「序盤にクリスティアン・ポウルセンがポストに当てたのは幸運だったけど、それ以上に、チーム全体が素晴らしいパフォーマンスをみせられた。チャンピオンズリーグに残りたいという気持ちがいかに強いものかを示すことができたよ。」

ハーフタイム前、アッビアーティは、何度か筋肉を痛め、ピッチを去らねばならない可能性があった。

「刺すような痛みを感じ、深刻なダメージがあるかもしれないと心配もした。それでも、交代せざるをえなくなるまでは、残ろうと考えたんだ。」

ACミランは、決勝トーナメントに残った唯一のイタリアのクラブであり、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、バイエルン・ミュンヘン、チェルシー、ボルシア・ドルトムント、アトレティコ・マドリーのいずれか、という厳しい相手と対戦することになる。

「アトレティコ・マドリーがいいかな。かつてプレーしていたこともあるし、あのスタジアムに戻るのは良いね。理由はそれだけだ。このドローに楽なチームなんてないからね!」


アッビアーティのお言葉。痛めてたんですね、気づきませんでした。ピッチに残ってくれて、本当に良かったです。アメリアがケガをしており、ガブリエルはチャンピオンズリーグには登録されていないので、アッビアーティがダメだと、第4GKのコッポラが出場するしかなかったわけで。アッビアーティは今シーズンがラストだという雰囲気がありますが、どうなるんだろうなあ。いつかは世代交代が必要だけど、ガブリエルに任せるのはまだ早い気もするし、アメリアは下手をすると1月にでも出ていきそうな感じだし。いずれにせよ、アッビアーティが引退するのであれば、コーチとしてミランに残ってくれたらいいなあ、と思います。以前のインタビューでコーチになりたいという願望も語ってたし。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ガブリエルは若さからか飛び出したがる様に見えるんだよね
嘗ての能活みたいw

  • 2013/12/17(火) 14:52:13 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1452-389e8b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。