赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 インテル vs キエーヴォ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 インテル vs キエーヴォ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140114_1.jpg
gazzetta_snapshot_20140114_2.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

インテル
マッツァーリ監督:5

ハンダノヴィッチ:5.5
カンパニャーロ:5.5
ロランド:6
フアン:5
ヨナタン:6
クズマノヴィッチ:5.5
カンビアッソ:5.5
アルヴァレス:6
長友佑都:6.5 Best of the Team
コヴァチッチ:5
パラシオ:5
ミリート:5.5
タイデル:評点なし
ボッタ:評点なし


キエーヴォ
コリーニ監督:6.5

プッジョーニ:6
フレイ:6
ダイネッリ:6.5
セサル:6
サルド:5.5
ヴェンティヴォッリョ:6.5
ラドヴァノヴィッチ:5.5
ヘテマイ:6
ドラメ:6
テレオー:6
パロスキ:6.5 Best of the Team
エスティガリビア:6
エムバイェ:評点なし



長友の選手評の訳。

長友佑都:6.5 Best of the Team
1-1となるゴールと、認められなかったゴールは素晴らしいものだった。途切れ途切れの鋭さだったが、他の曇りがちな選手たちよりは優れていた。



一部の選手評の訳

インテル
アルヴァレス:6.5
非常に活発で、パラシオの後方で、コヴァチッチとタンデムを組んだ。イニシアチブを握り、合理的に相手をかわして、1-1となるアシストをあげる。その後は疲労がみえたが、少なくともチームに輝きを与える存在ではあった。

パラシオ:5
常に孤立し、得点機も逃す。ちょっと待て、そんなはずはないだろう。しかし、事実なのだ。それは前半に起こり、本来ならば2-1になっていたはずだった。それはいい。その後にもミスをする。プレーに関与する姿勢はいいが、ゴールにつながりそうなボールの時に彼はそこにはいないのだ。


キエーヴォ
パロスキ:6.5 Best of the Team
狙いすました素晴らしいゴールで、インテルとハンダノヴィッチを唖然とさせた。その後も動き回り鋭さをみせた。

ベンティヴォッリョ:6.5
最初はカンビアッソの前で、その後はコヴァチッチの前で、地獄のように当たっていった。ペースなどお構いなしでプレッシャーをかけ、アグレッシブで、動きの少ないラドヴァノヴィッチのためにも働いた。


また、試合は観られませんでした。ハイライトを観るかぎり、パロスキのゴールは確かに素晴らしかった。ハンダノヴィッチが一歩も動けないくらいだったので。長友のゴールも良かったです。プレーポジションが異常なくらいに高いな、とは思いましたが。これで試合に勝っていれば完璧だったんだけどなあ…。インテルも少し狂った歯車が完全には元に戻っていない感じですね。ミラノダービーでの勝利をきっかけに乗ってくるかなあ、と思っていたんですけども。評点もそれを示すかのように全体的に低調なものとなっております。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1518-fb2f85c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。