FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】セリエA 2013-14 カリアリ vs ACミラン レビュー & 海外メディアによる選手評を少し

海外の反応セリエA 2013-14 カリアリ vs ACミラン レビュー & 海外メディアによる選手評を少し

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Cagliari_vs_AC_Milan_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


カリアリ(4-2-3-1):
アヴラモヴ;ピサーノ、ロッセティーニ、アストリ、ムール;デッセーナ、コンティ、エクダル(76' エリクソン);コッス;サウ(69' カブレラ)、ピニージャ

ACミラン(4-3-1-2):
アメリア;デ・シーリョ、ラミ、ボネーラ、エマヌエルソン(77' アバーテ);モントリーヴォ、デ・ヨング(70' ムンタリ);本田圭佑、カカ、ロビーニョ(60' パッツィーニ);バロテッリ

結果:カリアリ 1 - 2 ACミラン

得点者:
カリアリ28' サウ
ACミラン87' バロテッリ 89' パッツィーニ


両チーム、ガゼッタ・デッロ・スポルトの予想通りの先発メンバー。スタジアムが安全基準の問題によりほとんど観客を入れられない状況での試合になりますが、ゴール裏にはそこそこ人が入っているようです。

2分、左サイドの深い位置でアメリアからのパスを受けたボネーラが簡単にボールを奪われ、一気にピンチに、中央に折り返しシュートに行こうとするが、ミランディフェンスが何とか防ぐ。危ない。ボネーラ、ピリッとしないなあ。
7分、ロビーニョのプレスから高い位置でボールを奪い、カカが拾ってバロテッリへ、ゴール前に入り込んできたロビーニョへ出してロビーニョが右足で狙うが枠の右へ外れる。右で本田が余っていたんですが、ロビーニョの判断も間違ってはいない。
10分、本田が右サイドのスペースへヒールパス、デ・シーリョがダイレクトでクロス、ディフェンスに当たったボールにバロテッリが飛び込むもGKが先に触ってコーナーへ。形は良いんだけど…。
12分、カリアリが右サイドからクロス、ラミがヘッドでクリアしてコーナーキックになるが、クリアしたコースがちょっと怖い。
エッシェンがダメになるかもしれないというニュースを聞いて最初に思ったのは、セードルフがプレーすればいいじゃんってことでした。つい最近まで現役でプレーしていたわけだし、今のミランの問題を解決できる存在だと思うんですが、おそらく登録の関係上無理だと思います。惜しいことをした…。
16分、カリアリゴール前でバロテッリがボールを受け鋭いターンからシュート、GKが弾き、ミランがリバウンドも拾ったもののカリアリの選手が倒れており、プレーを切る。今回も右で本田が余ってた…。あそこで確実にもらえる存在にならなきゃいけません。
18分、カカが縦に入ったパスをゴール前の絶妙なスペースへ、そのスペースへ走りこんだ本田がGKと完全に1対1になり右足で狙うがGKがセーブ。コーナーへ。そこは決めないとなあ…。その直前にバロテッリがシュートしたシーンでパスをもらえるようになるにはああいうのを確実に決めないといけないんですよねえ。
カリアリの攻撃は極めてシンプル。ボールを持った選手は基本的にミランの最終ラインの裏、できれば両サイド、特に左サイドのスペースを狙う長めのパス、そこでボールを受けた選手は中央へ折り返し、基本的にはその繰り返しだけど、何回もやっていればいつかはハマりそうで怖い。
28分ゴール前でアメリアがありえないほどのミスキック、そのボールを直接受けたピニージャがペナルティエリア内右のスペースへパス、サウがボネーラと競り合いながらもキープし、ボネーラと同じタイミグで倒れこんでしまったアメリアを横目に右足でゴールに流し込んでカリアリ先制。ダメだこりゃ。いくら試合から遠ざかっていたとはいえ、これはひどいな、アメリア。
39分、右サイドからデ・シーリョが見事なクロス、ディフェンスの山を越えたところに本田が飛び込んでヘッド、しかしGKがセーブ。高さがちょうどGKの目線と同じあたりで微妙にコースが緩い。試合勘なのかなあ…。
44分、右サイドからのクロスをクリアにいったボネーラがまさかの空振り、一気にピンチになりそうな場面だったものの何とかクリアしてコーナーキックへ。どうしちゃったんでしょうか、ボネーラさん。よーくみると、確かにディフェンスにボールが当たって若干コースが変わってはいるんですが、それにしても…。
前半終了。1-0でカリアリがリード。正直、あんな形で失点してたんじゃそりゃ勝てません。本田については、ヴェローナ戦に比べると、2列目の右という役割が明確になったかな、と。ただ、彼の良さを活かせているかというと微妙。もう少しボールに触れるといいのですが。

後半開始。両チーム交代なし。
54分、右サイドで本田が粘って縦にパス、カカが受けて中央へ折り返し、ロビーニョがニアポストで触りさらに中央へ流してバロテッリが右足で狙うが枠のはるか上へ。う~ん、力みが。
59分、モントリーヴォがミランゴール前でつないだボールを縦につなぎ、本田がドリブルから左サイドのロビーニョへ、ロビーニョのグラウンダーの折り返しを本田が左足で合わせるがヒットせず。どうにも合わないなあ。
60分、ミランの交代、ロビーニョに代えてパッツィーニ。
64分、右サイドからのデ・シーリョのクロスがファーポストの深い位置に抜け、ディフェンスの対応が中途半端になったところに本田が詰めてボールを奪う、中に持ち出しながら右足で自らシュート、しかしディフェンスがブロック。やっぱりあの場面だと撃ちたいのかなあ。
68分、カリアリの交代、サウに代えてカブレラ。
70分、ミランの交代、デ・ヨングに代えてムンタリ。
73分、右サイドでピニージャとカブレラがワンツー、どフリーになったデ・チェリエが右足でシュート、左のゴールポストに当たるも枠をそれる。エマヌエルソン、完全に追う気ゼロだったなあ。
76分、カリアリの交代、エクダルに代えてエリクソン。
78分、ミランの交代、エマヌエルソンに代えてアバーテ。正直、アバーテが使えるコンディションなのであれば先発にして欲しい。
83分、右サイドからの本田のフリーキック、カカがヘッドで合わせるが逆サイドへの折り返し、ディフェンスにひっかかりコーナーへ。直接狙っても良かったんじゃないかな、カカ。
87分、カブレラのハンドで得たカリアリのペナルティエリア際ギリギリでのフリーキック、バロテッリが壁の上を巻く完璧なフリーキックでゴール、ミラン同点。ロスタイムを入れてあと5分くらい、何とか勝点3を目指していって欲しい。しかし、バロテッリがセレブレーションによりイエローカード。治らないね。
89分ミランの右コーナーキック、本田が蹴ったボールをニアポストの異常に高い位置でパッツィーニが無理やり右足でボレー。これが見事に決まりミラン逆転!!! 素晴らしい。さすがパッツォ。そして本田のプレースキックはやっぱり今のミランにとって大きな武器になることも証明できた。いやー、本当に素晴らしい。
90+2分、左サイドからムンタリがクロス、パッツォがほぼフリーでヘッドにいくも枠をとらえられず。珍しく力んだか、パッツォ。

ロスタイム5分を消化し、ミランが2-1で勝利。パッツィーニはやっぱりストライカーだなあ、とあらためて実感。あれをあんな態勢で決められる選手はそうそういない。そして、本田もアシストという結果と十分な存在感を発揮。決定機がいくつかあっただけにそれを決めていれば…という思いはどこかに残るけど、チームが勝ったから、今はそれが何よりも良いことだと思います。良かった…、本当に。

恐ろしいことに、ミランはセリエAでは今シーズン初の連勝。エッシェンの移籍話も暗礁に乗り上げており、なかなか良いことはありませんが、今までの分これから良いことがあるといいなあ。

と思っていたら、エッシェンが追加検査にパスし、月曜に契約する予定とのニュースが。まだ確定ではありませんが、少しくらいはミランに追い風が吹いてきたんでしょうか。

Milano Todayによる本田の選手評の訳。
http://www.milanotoday.it/sport/cagliari-milan-pagelle-voti-26-gennaio-2014.html

本田圭佑:6.5(10点満点)
豊富な運動量でチームのためにプレー、ひとつでもゴールを決めていれば、もっと高い評価になっていた。


他の選手の分。

バロテッリ:7(10点満点)
チームをその両肩に背負い、ファイトし、自らゴールも。

デ・ヨング:6.5
強い意志を持ち、泥臭くプレー、このオランダ人選手がハートと魂を注入する。

デ・シーリョ:6.5
若いが魅力的。常に驚きをもたらそうとしていた数少ない選手のひとりだった。



MilanNews.itによる本田の選手評の訳。
http://www.milannews.it/le-pagelle/pazzobalo-salvano-il-milan-amelia-pasticcia-montolivo-e-kaka-con-le-gomme-a-terra-134781

本田圭佑:5.5(10点満点)
ふたつは足、ひとつは頭で、3度に渡る得点機があった。初ゴールはまたしてもおあずけに。


他の選手の分

バロテッリ:7(10点満点)
前半、前線でプレーし、中盤と入れ替わりながら入り込むスキをうかがう。フリーキックからまたしても素晴らしいゴール、チームで最も危険な男だ。

パッツィーニ:7
エリア内の男は、すぐに違いをみせつけた。エリア内では常に危険な存在だ。

デ・シーリョ:6.5
美しいクロスを入れ、全てがアタッカーをめがけた正確なものだった。ディフェンスではムールに対して堂々とプレー。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

乙です
点取りたかったけど、今日は攻守で効いてたと思う。
運動量もかなり戻ってきた感じ。ともかく勝ってよかった!

News.itの評はちょっとズレてる気がするなぁ、点以外見てない感が強い。

  • 2014/01/27(月) 02:02:50 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

デ・リーショは素晴らしかった。
本田が右サイドと中央で攻撃に専念出来たのは彼の奮闘あってこそだと思う。

あとデヨング!先読み能力と奪取能力はズバ抜けていた。個の力はあるのに、なんというかもどかしい展開が続いたね。今日も色々と課題はあったけど、何はともあれ勝利は素晴らしい。良い流れ作って欲しいわ。

  • 2014/01/27(月) 02:18:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

記事速っ!
今日は見てて疲れる試合だった
ホント勝ててよかったよ・・・

本田も今度はキッチリ決めてくれ

  • 2014/01/27(月) 02:18:08 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

本田はバランス崩さずにあれだけ仕事出来れば今のミランには充分 シュート含めた試合勘もそろそろ戻ってくるんじゃないかな
相手が弱くて助かった感もあり
毎試合ある雑なプレーはなんとかならないんでしょうかね

  • 2014/01/27(月) 02:26:06 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

インテルがオワコン状態になってミランが上がってくるとか昨シーズンと同じ展開じゃないかw
なのに裏でミラン戦録画しながらオンタイムでインテル戦見ちゃったわ
今回は完全に裏目に出たww

  • 2014/01/27(月) 02:44:35 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

逆転で勝ったとはいえ、あの内容で全体的に評価高すぎないか?

  • 2014/01/27(月) 02:48:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

評価高いね アシストや点とればミス帳消しみたいな採点やめてほしい ただパッツは残り少ない時間交代で結果残したの凄かったけど

  • 2014/01/27(月) 03:08:26 |
  • URL |
  • a #-
  • [ 編集 ]

風が強い日の試合ってやだよね

  • 2014/01/27(月) 03:20:32 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

決定機も作れない前線の選手もいたんだからはずしても1アシストつきゃ十分
むしろ後はフィニッシュだけ

  • 2014/01/27(月) 04:21:28 |
  • URL |
  • ゆとりある名無し #-
  • [ 編集 ]

あれは止めたキーパーを褒めるべきだと思う
ゴールなんてケチャップみたいなもんで出ないときは出ないけど出るときはドバドバ出るもんらしいしそのうち出るだろう

  • 2014/01/27(月) 04:27:02 |
  • URL |
  • 名無し #-
  • [ 編集 ]

ミラン勝って良かった~連勝頼むよ。管理人さんが言ってたセットプレーからのゴール数が本田で増えたら良いですね

  • 2014/01/27(月) 04:49:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

正直内容に関しては言いたいことが山ほどあるけれど
前半戦はこういう試合で勝ちきれなかったり落としてしまったりがあまりに多かっただけに、
本当に勝てて良かったとだけ言っておきましょう
本田圭佑が先発した試合は今のところ全て勝利で終わってるのでこの流れに乗っていければいいですね

  • 2014/01/27(月) 06:15:50 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

MOMは疑いなくバロテッリ
正直、ここまで利他的になれる選手だと思ってなかった。一つを除いて、シュートした場面は全て適切だったし、ゴール以外にも決定的な仕事をしていた。
本田は点決めなきゃいけなかったし、決められるはず。左右と頭でゴールを逃して、裏ハットってとこかな

  • 2014/01/27(月) 07:29:48 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

この試合の本田に対する辛口の評価は最高ラップで走ってたランナーがゴール前で転けた選手に対する様なもので結果が出せなければ、その過程がどうであれ記録に残らないから評価されなくても仕方ない。プロならそれで当然だと思うけど記事では少しは過程も評価してくれてるからいいと思う。コレで得点してたら間違いなくMOMだったと思うしね。
正直、バロのスルーの時に決めて欲しかったw

  • 2014/01/27(月) 18:53:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

パッツォの試合後のコメント
「カカが触れてたらしいが本田から最高のパスが来た!」
試合を観た俺の意訳だと
パッツォ「俺に考える余裕を与えるな!難しいパス最高!w」
に思えて愛さずにはいられないw

  • 2014/01/27(月) 19:06:43 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

本田のCK、カカが頭で触ってたな。あれだと本田にアシストつくんかいな。

  • 2014/01/27(月) 21:35:24 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ヴェローナ戦では本田をトップ下というかチームは流動的にポジションを変えながら攻撃的にプレーしていました。
対してこの試合では本田とロビーニョをサイドに固定(2列目の流動性はほとんどなし)。
明らかにセードルフはこの試合、守備からセットしてきましたね。

その結果は無残で、GKのミスから安易に失点する最悪の展開になりましたが……。
ただそのミスにしてもバックラインへのサポート不足、中盤へのサポート不足でボールをキープできないという試合展開から生まれているわけですよね。
ポジションの流動性を保ってポゼッションしていたらああなったかは疑わしい。

今はあちらを立てればこちらが立たずという感じでまだまだ暗中模索している状態ですね。

  • 2014/01/27(月) 23:05:23 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1540-e331bb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)