赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 ナポリ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2013-14 ナポリ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140209_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

ナポリ
ベニテス監督:7

レイナ:6.5
マッジョ:6.5
フェルナンデス:6
アルビオル:6
グラム:6
ジョルジーニョ:6
インレル:7
メルテンス:7
ハムシク:6.5
インシーニェ:5.5
イグアイン:7.5 Best of the Team
カジェホン:6
ベーラミ:評点なし
ジェマイリ:評点なし


【ACミラン
セードルフ監督:4

アッビアーティ:5.5
デ・シーリョ:5
ラミ:5
メクセス:4.5
エマヌエルソン:5
エッシェン:5
デ・ヨング:5.5
アバーテ:5
ロビーニョ:4.5
ターラブト:7 Best of the Team
バロテッリ:4.5
カカ:5.5
モントリーヴォ:5.5
パッツィーニ:6



一部の選手評の訳

ナポリ
イグアイン:7.5 Best of the Team
リンリン、イグアインがミランにアラームを鳴らす。2ゴールが多くを物語っているが、それだけではない。対決の場面では、ミランのディフェンダーが、ゴルミティ(Gormiti)のアニメの中の哀れな悪魔のようにみえた。夏に行われる会議では、非常に希少な品として、このアルゼンチン人選手をキープすることになるだろう。ピピータがいれば、相手は終ったも同然だ。

インレル:7
デ・ヨングのブロックにより生まれたという点で、ゴールについては幸運だった。イグアインへのアシストボールタッチとスペースを見出すセンスをみせた。完璧な軌道で、ボールが飛んでいき、イグアインの頭に正確に合った。インレルはコントロールと統率を行った。


【ACミラン
ターラブト:7 Best of the Team
書くべきこととして、唯一ハッピーな事であり、また、サン・パオロでの「真っ暗闇な状況」にとって唯一の救いでもあった。短気なところがあるとも言われていたが、フィールドで、ターラブトはバランスをとることもできるようにみえた。ゴールにまっすぐに向かう図太さも持っている。セードルフが混乱しないことを期待している。中も外も、ターラブトは使いやすい選手だ。

ロビーニョ:4.5
正体不明のままフラフラとプレー。UFOのようで、先発の理由が理解できない。中央にいても居場所がみつからず、左に行っても居場所がみつからない。よって、セードルフが、ハーフタイムに彼に与えたロッカールームのベンチという居場所は正しく、そこに置いておいた方がいい。

セードルフ:4
残念でした、親愛なるプロフェッサー。維持するのか、それとも新たなスタートを切るべきなのか。トリノ戦では、相手陣でプレーする力強い考え方を評価することができた。今回、ミランナポリのなすがままだった。アルファベットから始めなければならないのだ。


ミランのベストはターラブトで『7』。昨日のプレーだと当然の結果。これで、左のアウトサイドにロビーニョを起用するのはかなり難しくなったかもしれません。かといって、中央でロビーニョを使うこともなくなるでしょうから、ロビーニョの出場機会はグッと減っていくのではないかと思います。セードルフ監督には『4』という厳しい評価。そもそもロビーニョを先発させた点でかなり減点されるでしょうから、仕方ないですね。

ナポリのベストはイグアインで『7.5』。これも当然。ただ、インレル、ジョルジーニョがもう少し評価が高くてもいいかな、という気はしました。ナポリ良いチームになってたなあ。ベニテス監督としては、きっと誇らしい気持ちでいることでしょう。正直、ベニテスがこういうチームを作ったことに少し驚いています。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

カカが5.5?リッカもだけど交替で入って何かを齎したかい?得点出来ず追加点を許したのは何分だったかな?カカのミランへの貢献は大きい物だったけど過去の話だしコースどりが巧くスピードと決定力があったカカはもういない。今はもうロビーニョと共に「衰えを認めないスターだった選手」の一人に見える。新しいミランにするのか過去にしがみつくのか…転換期だと思うんだけどな。

  • 2014/02/09(日) 23:26:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

選手どうこうってよりもまともな監督連れて来ないと立て直せる訳がない
こんなgdgdで全く連動性の無い糞サッカーをやってるチームに新しく選手入れても一時しのぎ程度にしかならない
糞サッカーやってるチームは大体監督が糞(セードルフは糞と言うよりは素人だが)
手遅れになる前に実績がある監督取って来るべき

  • 2014/02/10(月) 00:10:10 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

例えば糞をゴージャスなディナーに変えるとしようか
君なら1カ月の期限でそれを実行できるのかな?
セードルフにそれができるか否かは、
過程を見てない自分たちには分からないけれど
もう少し時間が必要なのは分かる

  • 2014/02/10(月) 00:18:57 |
  • URL |
  •    #-
  • [ 編集 ]

別に戦術や守備組織を直ぐに完成させろって言ってる訳じゃない
様子見したいと思わせる要素が0だからさっさと実績ある監督を連れてくるべきだと言ってるだけだ
セードルフが来てから何か変わったか?4231に変わったのとサイドがワイドに開いて選手の距離間が開いて選手が孤立するようになった位しかわからない
何か多少でもいいから良くなった所があれば教えて欲しい
アッレグリの時もそう、早く切ればいいものを放置した結果があれ
セードルフが駄目だったら今度はインザーギとかもやめてくれよ
ギャンブル何かしてるは余裕ない

  • 2014/02/10(月) 00:54:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

米1さん

試合への貢献は得点だけじゃない。
カカとリッカが入って何が変わったかも理解できないのは、あなたの見方が間違ってるだけ。

  • 2014/02/10(月) 01:01:32 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

その貢献で勝てたのかい?分断が無くなって連動性が産まれたかい?打開するアイデアがあったかい?結果を出さず追加点を許して何に貢献したと言えるんだ?今のミランに一流選手は居ないと言われてるけど、カカやリッカは含まれてない思ってるのかい?過去の貢献だけを見るのは止めた方がイイよ。リーグ戦は過去で戦ってるんじゃなく現在で戦ってるんだからね。最近のカカが昨日のターラブト以上の活躍をしてた記憶があるかい?リッカも良い選手ではあるけど、ここ数試合はパフォーマンスを落としてるしキツい言い方をすれば数試合で何回ロストした?今のカカは通用しない事を繰り返すばかりで打開策と突破力がない、まるで突破力がない脳筋ウィンガーの様にね。

  • 2014/02/10(月) 02:38:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

リッキーやリッカが入る前も後も全然何も変わってない。
前半に3失点だった可能性もあったと思ったよ。

変わったのは、パッツィーニが入ってからだね。
相変わらず嗅覚はずば抜けてる。

  • 2014/02/10(月) 07:27:47 |
  • URL |
  • さた #-
  • [ 編集 ]

過去の貢献の話なんかしてないですよ。
単純にあの試合だけの話です。ガゼッタの5.5という落第点の採点からもわかるように、決して彼が良く機能していたというわけではありません。ただ、ロビーニョが酷すぎたので、カカが入ったことによって運動量やフォロー、連携の点で少なからず質は向上しました。リッカも同様です。パッツォの良さをうまく引き出せだと思いますし、ボールも比較的、的確に捌けてたと思います。
もちろん彼らが良かったというわけではありません。おっしゃる通り何の結果にも繋がってないですしね。
ただ、彼らが入ったことによって前半よりは攻撃陣は「マシ」になったと思います。

  • 2014/02/10(月) 11:01:20 |
  • URL |
  • #sSHoJftA
  • [ 編集 ]

負けてる時に途中から入る選手は違いを造り出し悪い流れを変える事がが求められる。でも流れを変えるには至らず失点までしてるから「マシ」では何も貢献してないのと同じ…そんな意味で書かれてるんじゃないでしょうか。

  • 2014/02/10(月) 13:37:12 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そういう意図で書かれているのなら、米1さんが彼らの採点がシャクに触るのも納得です。
ただ私個人の意見としては、試合の貢献は数字だけじゃないと思っています。確かに結果がともわなければその時点では何の意味もありません。ですが、チームが向上するためにはこういった細かな内容面での組み直しが今後には重要だと思うのです。これは監督の仕事であり、私がここでどうこう書いても詮無いことですが。。
2失点についてですが、その二人が全く関与していないとまでは言いませんが、あれは完全に前半から続く守備陣の連携、ライン意識、集中力の酷さが原因だと思います。前半からというよりも、ここ最近のミランがずっと引きずっているものですね。その流れを止められなかったと、カカとリッカを責めるのは少し酷ではないでしょうか。

  • 2014/02/10(月) 18:48:39 |
  • URL |
  • #sSHoJftA
  • [ 編集 ]

貢献したか、してないかの話であってカカやリッカを責めてる訳ではないんじゃない

  • 2014/02/10(月) 19:37:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

>>カカが5.5?リッカもだけど交替で入って何かを齎したかい?得点出来ず追加点を許したのは何分だったかな?
>>結果を出さず追加点を許して何に貢献したと言えるんだ?
>>失点までしてるから「マシ」では何も貢献してないのと同じ…

先ほども書いたように失点は二人の責任ではありませんし、攻撃陣の質が上がった 点で「内容面において」の貢献は「した」でしょう。
何度も書いている通り、結果に結びつかなくともこの貢献は認められるべきものだと思います。その点で、この試合に限っては、ガゼッタの採点は何らおかしいと思いません。

  • 2014/02/11(火) 01:38:10 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

個々の見解の違いだからそんなに熱く語っても無駄な論議。

  • 2014/02/11(火) 02:12:25 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そうですね
自分の意見を押し付けようとしてしまいました。不快に感じられた方、申し訳ありませんでした。

  • 2014/02/11(火) 03:27:34 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

有益だろうとそうでなかろうと、じぶんの意見を押し付けあって、熱くなる。
これはサッカーを観戦することの主な楽しみの一つなんだから、ぜんぜんOKでしょ。

バールで独断と偏見をぶつけ合うイタリア人のカルチョ感の楽しげなこと!

  • 2014/02/12(水) 09:28:34 |
  • URL |
  • #yJiHFHL6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1563-69fb2d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。