赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 フィオレンティーナ vs インテル レビュー

セリエA 2013-14 フィオレンティーナ vs インテル レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Fiorentina_vs_Inter_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


フィオレンティーナ(3-5-2):
ネト;ディアキテ、ゴンサロ・ロドリゲス(68' トモヴィッチ)、コンパー;クアドラード(79' マトリ)、アクイラーニ、ピサーロ、フェルナンデス、ヴァルガス;ホアキン(69' マリオ・ゴメス)、イリチッチ

インテル(3-5-2):
ハンダノヴィッチ;ロランド、サムエル、フアン;ヨナタン、グアリン(72' タイデル)、クズマノヴィッチ、エルナネス、長友佑都(87' ダンブロジオ);パラシオ、ミリート(55' イカルディ)

結果:フィオレンティーナ 1 - 2 インテル

得点者:
フィオレンティーナ46' クアドラード
インテル34' パラシオ 65' イカルディ


フィオレンティーナは、4試合で2ゴールと移籍以降それなりの結果を残しているマトリがベンチスタート。理由は不明。また、サヴィッチ、トモヴィッチという最終ラインの主力2名がケガのため、先発を外れる。サヴィッチについてはベンチにも入っていません。インテルは前節と全く同じメンバー。前節サッスオーロに対して2014年の初勝利をあげた流れを大事にしようということか、それとも他に選択肢がないのか。

4分、フィオレンティーナの不用意なGKへのバックパスをパラシオが追いかける、スライディングでゴールを狙いボールには触ったものの、枠内にボールを飛ばすことはできず、ゴールキック。
13分、インテルのカウンター、ペナルティエリア付近、ゴール右寄りへのパスを受けたパラシオがそのままコンパーを引きずりながら右足でシュート、GKの右手をかすめたボールは左ポスト直撃、リバウンドをグアリンが左足で狙うが大きく枠の上へ外れる。
16分、エルナネスが中央から右へパス、2列目あたりから飛び出してきたミリートがこのボールを受け、そのままペナルティエリア内へ侵入、右足でシュートを放つがGKがセーブ。
クアドラードと長友が激しく競り合う。今日はずっとこんな感じだろうなあ。
フィオレンティーナはいわゆる9番がいません。ワントップにイリチッチが入っているので、なかなかトップにはボールが収まりきらなじ感じ。その分、ホアキンがボールに絡むチャンスは極端に少なくなっているようにみえます。
28分、ペナルティエリア右寄りへのスルーパスにミリートが抜け出すが、ディフェンスに追いつかれる、ペナルティエリア内右奥の深い位置、フェイントで一瞬の隙を作り、角度のないところからゴール右上隅を狙うシュート、しかし惜しくもサイドネットへ。ストライカーらしい良いシュートだと思います。
31分、スルスルと上がってきたコンパーが左足でミドルシュート、ハンダノヴィッチは一旦弾いたものの、自らしっかりカバー。
34分フィオレンティーナゴール前でこぼれ球を拾ったグアリン、絶妙のタイミングでペナルティエリア内へループパス、これをパラシオが鮮やかな胸トラップからGKを越えるこれまた鮮やかなループシュートで決め、インテル先制。パラシオは昨年12月22日のミラノ・ダービー以来、2ヶ月近くゴールがなかったのですが、久しぶりのゴールとなりました。
43分、右サイドでヨナタンが粘って低く速いクロス、ミリートがニアでスルーして、左から入ってきた長友がシュートにいくが、クアドラードがブロック。ここほぼマンツーでついてる感じですね。
45+1分、インテルのペナルティエリア内左へのロングボール、ヴァルガスがキープして左足でニアポストにシュート、しかしハンダノヴィッチがセーブ、コーナーキックへ。
前半終了。1-0でインテルがリード。内容的にも作ったチャンスという点でもインテルの方が優位に試合を進めている印象でした。フィオレンティーナとしては、前述の通り、トップでボールが収まらないので、もう少し修正が必要かもしれません。ホアキンがボールに触ってた印象全くないし……。

後半開始。両チーム交代なし。
46分、フィオレンティーナがインテルゴール前でボールを回し、ゴールほぼ正面で受けたクアドラードがペナルティエリア外から右足でシュート、これがフアンに当たってわずかにコースが変わり、ハンダノヴィッチの伸ばした右手の下をすり抜けてゴールイン。フィオレンティーナ同点に追いつく。
49分、フィオレンティーナのカウンター、右サイドに抜け出したクアドラードがクロス、イリチッチとホアキンが飛び込むが触れず、そのままゴールキックに。
54分、フェルナンデスがペナルティエリア内左にスルーパス、ホアキンが抜け出して右足でシュートにいくがヒットせず、ハンダノヴィッチがキャッチ。もしかするとパスだったのかも。
56分、インテルの交代、ミリートに代えてイカルディ。ミリートはまだ調子に乗りきれませんね。
フィオレンティーナは後半、イリチッチのポジションが明らかに代わりました。前半はある程度前に張っていたんですが、後半はやや下り目で自由に動きまわっている感じ。この方が確かに効率が良さそう。
62分、フィオレンティーナの交代、G・ロドリゲスに代えてトモヴィッチ。
65分左サイドから長友が左足で完璧なクロス、走りこんできたイカルディが左足で合わせてインテル勝ち越し。ちょいオフサイドっぽい感じもしましたが、キレイなゴールでした。長友はコンスタントに今のクロスがあげられれば、本当にとんでもない選手なんだけどなあ。
68分、フィオレンティーナの交代、ホアキンに代えてマリオ・ゴメス。マリオ・ゴメスは、昨年9月15日のカリアリ戦以来、実に約5ヶ月ぶりのプレー。
69分、左サイドからのグアリンのフリーキック、イカルディがヘッドで合わせるがわずかに枠の左へ。
72分、インテルの交代、グアリンに代えてタイデル。
78分、長友が右足のアウトでこすり上げるような蹴り方で左のスペースへパス、パラシオが受けてゴールライン際からペナルティエリア内へ侵入、中央にグラウンダーで入れるがコンパーがクリアし、最後はネトがキャッチ。
79分、フィオレンティーナの交代、クアドラードに代えてマトリ。マトリとマリオ・ゴメスの2トップって何だか濃い。
82分、フィレンティーナの左コーナーキック、フェルナンデスの蹴ったボールはファーポストへ、イリチッチが飛び込んで狙いに行くが、エルナネスが身体を張ってシュートを許さず。一歩間違えればPKというプレーでしたが、よく守りきりました。
85分、インテルのカウンター、自陣の高い位置でボールを奪ったパラシオ、ドリブルで持ち上がって右のイカルディへ、このパスがやや長く、イカルディが中央に折り返そうとするが、ディフェンスに引っかかってコーナーキック。惜しい。こういう場面でゴール前まで走ってる長友は偉いと思う。
87分、インテルの交代、長友に代えてダンブロジオ。長友が途中で退くのは結構珍しい
クズマノヴィッチが右足のモモ裏あたりを痛めた模様。もう交代は使えないので、最後まで何とか頑張って。
90+2分、左サイドからヴァルガスがクロス、ドキッとするような良いクロスだったものの、飛び込んだ選手たちは触れず、こぼれ球を拾ったイリチッチがペナルティエリア外から狙うがブロックされコーナーキックへ。
90+4分、右サイドからのクロスをヘッドで流し、ペナルティエリア内右のマトリが強引にゴール方向に折り返し、マリオ・ゴメスが飛び込むがわずかに及ばず、そのままゴールキックに。

試合終了。2-1でインテルが勝利。マトリがレフェリーに何かアピールをしていますが、一体何なのでしょうか。ロスタイムはもっと長いはずだろう、とかそういうことかな。

インテルはサッスオーロ戦に続き連勝。長友も結果を残したし、良かった良かった。あとは、ミリートが本来の能力を発揮できるようになれば、さらに順位を上げていくのも十分に狙えるはず。明確な浮上の兆しがみえるのはうらやましいかぎりです


fcinternews.itによる長友の選手評の訳。
http://www.fcinternews.it/focus/pagelle-vittoria-di-gruppo-ma-samuel-a-granitico-142629

長友佑都:7(10点満点)
インテルが押し込んでいる時には攻め上がったが、(予想通りではあるけれど)クアドラードのダイナミズムに苦しんだ。カバーがない時には特にそうだった。しかし、モンテッラのディフェンス陣全体を苦しめ続けた。これに加え、イカルディへのアシストも決め、借りは返した。


他の選手もちょっとだけ。

【インテル】
サムエル:7.5
巨人だ。フィオレンティーナが入れるボールの全てを自分のものにし、マリオ・ゴメスの投入にも動じず。むしろ実際には刺激になったほどだった。安定感を持って、何も逃さないディフェンスを指揮する。

パラシオ:7
7試合ノーゴールという状況は彼を飢えさせ、そのことを自らみせつけた。前半、最初のチャンスは不運にも逃したが、その後、猛禽類のような素速さでゴールをあげる。ディフェンスでも自らを犠牲にし、フィオレンティーナのラインの間を動きまわることでパスを出しやすくする。



ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

クアドラードのダイナミズムに苦しんだ?
そうか?
サイドでは完全に長友が抑えこんでたように見えたけど?
最後自爆にまで追い込んだしね
しかし評価7で厭味ったらしい評価コメントしてる記者ってどんだけ性悪なんだろうねw

  • 2014/02/16(日) 07:39:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

実際にサイドを何度も崩されたりしたら苦しんだなんて生易しい表現はしないのがイタリアメディア
苦しんだってのはまあ結局問題なかったってことやろ

  • 2014/02/16(日) 09:10:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

スピードの切れ味はクアドラードの方が上だけど、バイタリティーでは完全に上回ってた

  • 2014/02/16(日) 10:22:24 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

エルナネスのカバーは大きかったね

  • 2014/02/16(日) 10:32:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

あれはオフサ・・・おっと誰か来たようだw

  • 2014/02/16(日) 15:45:27 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

注目のエルナネスへのガゼッタ評も知りたい!

  • 2014/02/16(日) 18:51:20 |
  • URL |
  • あ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1574-739c50b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。