赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2013-14 インテル vs カリアリ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応長友佑都へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2013-14 インテル vs カリアリ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140224_2.jpg
gazzetta_snapshot_20140224_3.jpg

長友の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

インテル
マッツァーリ監督:5.5

ハンダノヴィッチ:6
ロランド:6.5
サムエル:6
フアン:5.5
ヨナタン:5.5
グアリン:6
クズマノヴィッチ:5
アルヴァレス:5.5
長友佑都:6.5
ミリート:5
パラシオ:5.5
イカルディ:7 Best of the Team
コヴァチッチ:5.5
ボッタ:6


カリアリ
ロペス監督:6.5

アヴラモヴ:6.5
デッセーナ:6
ロッセティーニ:6.5
アストリ:5.5
アヴェラール:5.5
ヴェチーノ:6
エクダル:7
コッス:7
アドリアン:7
イバルボ:6.5
ピニージャ:6 Best of the Team
エリクソン:6
ネネ:6
ペリコ:5.5



長友の選手評の訳。

長友佑都:6.5
長友はふたつの顔を持っていた。前半はチームと同様に平凡な出来だったが、その後、シュートやクロスを量産した(そのうちの一つはゴールにつながり、別の一つではイカルディがクロスバーに当てた)。ボールを受けることのできる選手がいたからだ。



一部の選手評の訳

インテル
イカルディ:7 Best of the Team
言うべきことは少ない。彼が試合に入ってきて、試合を変えた。また、インテルをも変えた。ロランドにアシストし、ヘッドをポストに当て、あわやPKという場面も。簡潔に言えば、常に危険な存在だった。

ロランド:6.5
攻撃で、本能のままにゴール前へ。それがゴールにつながった。前線では常にそこにいて、狡猾な存在。ディフェンスでも、存在感を示し、ダメージを受けることなく、相手をかりとる。なぜなら、ピニージャを孤立させていたからだ。


カリアリ
エクダル:7 Best of the Team
ファイトと統率の男。チームの運転手だ。ボールを奪取し、フィールドを駆け抜け、ボールを失わない。最終局面では、レッドカードのリスクをおかしてまで、イカルディへのファールも。


長友は後半ずいぶん良くなったということで、『6.5』。試合に勝っていれば、もう少し高めだったかもしれませんが、評価としては悪くない。最近は本当にクロスも安定してきていて、調子を上げてきている感じが頼もしいです。

イカルディが『7』で両チーム通じてベスト。ミリートの調子が戻らない中、それでもミリートを先発させねばならないのがインテルとしてはつらいところ。ただ、次の試合あたりさすがにイカルディを先発させる可能性もあるのではないかと思います。ここのところのイカルディは本当に身体もキレていて、期待感の持てる存在なので、少なくとも現状では、彼を先発させる方が良い結果が得られそうな予感もありますし、ミリートも少し落ち着いて、試合を外からみる方がいいかもしれませんし。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

今週はなかなか長友関連の記事に触れる機会がなかったのでありがたや~。

長友のパフォーマンスは安定してきてるってことですかね。頼もしい!

  • 2014/02/25(火) 10:03:11 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1584-eb26e933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。