赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルルスコーニがミランの売却を検討していると報じられるが、本人は否定

ベルルスコーニがミランの売却を検討していると報じられるが、本人は否定

http://www.football-italia.net/46055/report-berlusconi-sell-milan

ブルームバーグは、ACミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長が、クラブの買い手候補を探すためにある企業に依頼したと報じた。

アメリカの投資アナリストが今夜報じたところによると、ベルルスコーニは、新たな投資家にマーケティングに関する文書を送るため、Lazard Ltdに依頼したとのことだ。

この「行程については公のものではない」とされており、ブルームバーグはまた、ベルルスコーニの会社であるフィニンヴェストのスポークスマンがクラブ売却の予定はないと明言していることも報じている。

ミランは今シーズン10位と低迷しているが、フォーブス誌は、ミランの資産価値については、9億4500万ドルと見積もっている。

ベルルスコーニは、1986年にミランを破産の危機から救って以来、トップの地位に立っているが、最近、娘のバルバラ・ベルルスコーニが、アドリアーノ・ガッリアーニCEOとともにCEOを務める体制に変更している。

以前から、ドバイの投資家にクラブの株式の大部分を売却しようとしているとの噂は存在している。

ファンもまた、移籍市場に対する低予算のアプローチにフラストレーションを溜めており、新たな投資を要求している。


今のミランに何らかのカンフル剤が必要なのは確かだけど、お金だけの問題では無いと思うので、新たな投資家に売却すればいいという話ではないと思います。金だけ出して口を出さないような人なら最高ですけど、そんな都合のいいことはありませんし。

この報道に対して、ベルルスコーニ自身が、売却の意図はないと明言。コチラの記事。

http://www.football-italia.net/46103/berlusconi-i-wont-sell-milan

ACミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、「ファンに対して、私にはACミランを売却する意図がないことをはっきりさせて」おきたいと考えている。

ある企業がミランの買い手を探すという権限を与えられたと、ブルームバーグが報じたことから、今回の報道が始まっている。

今夜、本の出版イベントで、ベルルスコーニは記者に対してこのように語っている。
「ファンに対して、私にはACミランを売却する意図がないことをはっきりさせておきたい。」

彼の所有する企業であるフィニンヴェストもすでにブルームバーグの報道について事実無根であるとの声明を発表している。

元イタリア首相であるベルルスコーニは、1986年以来ミランのトップの地位に立っている。

アドリアーノ・ガッリアーニCEOもこのように語っている。
「こういう話がなぜ出てくるのか、私には分からない。」


まだしばらくはベルルスコーニとガッリアーニがトップにいるという体制が続きそうです。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

もうよくわかんない

  • 2014/03/07(金) 20:15:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1597-c5e7e373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。